ポルノグラフィティのインディーズ作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポルノグラフィティ > ポルノグラフィティのインディーズ作品

このページでは日本のバンドポルノグラフィティがインディーズ時代からメジャーデビュー前にかけて製作したポルノグラフィティのインディーズ作品について記述する。 また、カセットテープCDに収録されている曲についても簡潔に触れる。

解説[編集]

  • 制作は1995年から1999年頃に行われていて、作品としてはカセットテープ4本、CD1枚の計5作品しか存在していないが、公開や音源化されていない楽曲も数多く存在する。
  • デビュー前のメンバーのアーティストネームは、現在と同じく新藤晴一岡野昭仁はそのままで、白玉雅己のみ表記が異なり「玉」であった(デビュー後は「シラタマ」を経て、「Tama」になる)。
  • アポロ(広島弁Ver.)」がインディーズ作品として出回っていたことがある。
  • プライベート・マンディー」が「ジレンマ」のタイトル違いとして出回っていることがある。
  • 以前ラジオで弾き語りカバーされた、スガシカオの曲「Happy Birthday」が、ポルノグラフィティのインディーズの曲だと勘違いされがちである。

カセットテープ[編集]

カセットテープは全てメンバー4人の自主制作作品で、直接手渡する、販売するなどでライヴ会場で配布していた。

porno graffitti[編集]

  • 1996年2月頃配布
  1. POW… (作詞:- 作曲:-)
    フェードインから始まる。「…POW」と対になる曲。
  2. Jazz up (作詞:新藤晴一 作曲:
  3. Don't Bite My Legs (作詞:新藤晴一 作曲:玉)
    「第7回ニューBSヤングバトル LIVE IN NHKホール」(1996年11月23日)で演奏された際、昭仁は男性審査員に「遅かれ早かれ出てくる」という評価をされた。
  4. 左に下る坂道 (作詞:岡野昭仁 作曲:玉)
  5. Cry On The River (作詞/作曲:新藤晴一)
  6. M・O・O・D (作詞:新藤晴一 作曲:玉)
  7. ジレンマ(作詞/作曲:Porno Graffitti
  8. …POW (作詞:- 作曲:-)
    フェードアウトで終わる。「POW…」と対になる曲。

Winter's man / GATE[編集]

  • 1996年7月20日ワンマンライブ「Beerと裸」(心斎橋ミューズホール)にて配布
  1. Winter's man (作詞:岡野昭仁 作曲:玉)
    前奏の笛はライブでは晴一が演奏していた。
  2. GATE (作詞:岡野昭仁 作曲:玉)

[編集]

  • 1996年12月25日CDアルバム発売記念ライブイベント(江坂ブーミンホール)にて配布
  1. (作詞:新藤晴一 作曲:玉)
    ポルノグラフィティには珍しいクリスマスソング。

Dessin[編集]

  1. Dessin (作詞:新藤晴一 作曲:玉)
    ボーカルの昭仁のインディーズ当時の恋人との別れをそのまま描写したもの。
    大サビの部分は昭仁が作詞した(「セロリが嫌い」というフレーズが入っていて、その部分の詞は晴一曰く「人でなし」)。[1]

CD[編集]

コンピレーション・アルバム
1996年10月27日 ポルノグラフィティvsリンカーン CD 共同制作
スプリットシングル
1999年12月10日 ポルノグラフィティvsリンカーン 12cmCD(再発盤) 自主制作

その他のインディーズ作品[編集]

大阪時代[編集]

デビュー準備期間[編集]

1998年以降に制作されたもの。1997年には現在の所属事務所であるアミューズとレコード会社であるソニーミュージックと契約しているため、インディーズ時代というよりは、厳密には”デビュー準備期間"に制作されたものである(太字は準備時期に制作されたもの。『』内はデビュー後にリメイクされたもの)。

  • 愛の激情
  • メランコリック・グライダー
  • それだけじゃない
  • 「Crazy about you」→「Tokio Graffitti」→『リビドー』
  • マイナスの感情
  • 「Winter's man」→「Sunny Days

詳細未確認の楽曲[編集]

楽曲の存在が確認できないもの。

  • 遠い日の歌
  • ジントーク
  • からさわぎ
  • 落とし物
  • 海の向こうの街
  • ねじを回すとき
  • あの子のサンダル

リメイク・リリース作品[編集]

前述の通り、インディーズ時代に制作された楽曲の中には、メジャーデビュー後にリメイクしてリリースした作品が存在する。曲調や歌詞が変わっているものが大半である(『』内はデビュー後にリリースされた作品)。多くはアルバムに収録されたが、中にはシングルの表題曲やデビューシングルの候補であったものも存在する。

脚注[編集]

  1. ^ メジャーデビュー後のリメイク曲「デッサン#1」の歌詞は晴一が書き直した。

関連項目[編集]