ポンバシwktkメイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポンバシwktkメイツ
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
ジャンル J-POP
活動期間 2009年9月 - 2017年1月
(※活動休止中)
旧メンバー 元メイツを参照。

ポンバシwktkメイツ(ポンバシワクテカメイツ)は、大阪府大阪市浪速区日本橋を中心に活動する日本の女性アイドルグループである。
本項では、愛知県名古屋市を中心に活動する妹分ユニットカミマエヅwktkメイツ(カミマエヅワクテカメイツ)についても記載する。

概要[編集]

1980年代後期にて爆発的ブームを起こしたおニャン子クラブをモチーフにし、2009年9月に結成された。
大阪・日本橋の日本橋19ビル3階にある「日本橋wktkTHEATRE」で開催されているアイドルイベント「聖wktk女学院」の「生徒」という設定。
聖wktk女学院を拠点として活動し、他のイベントには各々のソロ名義でwktkメイツ数名が同時に出演することが多い。
また、妹分ユニットの「カミマエヅwktkメイツ」が名古屋市大須の「Carnival☆Stars」を拠点に活動していた。
2015年10月28日にカミマエヅwktkメイツ全員卒業により活動休止。
2017年1月30日の定期公演を以ってポンバシwktkメイツの全員が卒業となり活動休止となった。

メンバー一覧[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

「出席番号制」は、おニャン子クラブの「会員番号」を取り入れている。

現メイツ[編集]

2017年現在在籍者が全員卒業の為不在。

研修生[編集]

現在新規メンバーは常に募集している状態で、審査合格後は研修生としての参加となる。
研修期間中の聖wktk女学院ではオープニング後の研修生コーナーの出演となる。
研修期間の長さは実力やメイツ曲の習熟度により変わる。一定期間を経て、審査の後メイツ昇格となる。

元メイツ[編集]

学業や女優・声優業に進むために卒業し、卒業式が開かれたメイツもいるが、活動実績のないまま脱退したメイツもいた。

番号 名前 番号 名前 番号 名前 番号 名前 番号 名前
1 宮崎亜美 11 高城留華 21 岩瀬香奈 31 佐倉ことね 41 相星いのり
2 岡山紗弓 12 神谷にこ 22 石川ともよ 32 渡辺梨紗 42 前田このみ
3 那瀬ひとみ 13 lily 23 分部咲 33 福井柑奈 43 芹沢愛花
4 きいさつき 14 大屋戸桂夏 24 紺野潤 34 水嶋ひかり 44 荒矢真唯子
5 原瀬今日香 15 胡蝶香蘭 25 米倉花音 35 梅田ちさと 45 東郁美
6 水沢るみ 16 福野みはる 26 桐山もえ 36 春木ひより 46 沖田千景
7 たてよこしおん 17 栗山加奈子 27 蒼井リカ 37 前田美咲 47 大槻ともこ
8 咲桃虹愛 18 廣岡ちあき 28 前田彩花 38 横山アリカ 48 宮崎彩加
9 SAYACA 19 (ゆうゆ) 29 ほしえさき 39 下森星歌    
10 近野なあこ 20 苺野ゆずほ 30 (永久欠番) 40 山本真菜    

カミマエヅwktkメイツ[編集]

元メンバー[編集]

  • えみりぃ
  • みら
  • 瀬乃かなみ
  • 柚希すもあ

ディスコグラフィー[編集]

CD[編集]

  • 地下アイドルなんて呼ばせない!!(2010年4月26日発売、自主制作盤)
ポンバシwktkメイツにおけるファーストシングル。収録曲は「地下アイドルなんて呼ばせない!!」、「出席番号の歌」、「地下アイドルなんて呼ばせない!!(Instrumental)」。特典として、wktkメイツのトレーディングカードが封入されている)。
  • KWMD〜ktkr wktk ミラクル大作戦!!(2011年3月20日発売、自主制作盤)
ポンバシwktkメイツにおけるセカンドシングル。収録曲は「KWMD〜ktkr wktk ミラクル大作戦!!」、「ダイヤルナンバー“3104”」、「桜色ヒーロー」。前作に続きメイツのトレーディングカードが封入されている(全60種類)。
  • BAKA POP!!(2013年6月5日全国流通発売、発売元:バウンディ:流通盤、SP!KeRecords:会場盤)
ポンバシwktkメイツにおけるサードトシングル。
  • 収録曲
  • ①BAKA POP!!/作詞:NINNI、作曲:SatoshiNishikawa
  • ②キラ☆キラ青春Prism/作詞:あないこうじ、作曲:金川武史
  • ③No!Me!!Sso!!!/作詞&作曲:あないこうじ
  • ④地下アイドルなんて呼ばせない!!2013/作詞&作曲:あないこうじ
  • ⑤〜⑧カラオケ
  • (特典として、wktkメイツのシャッフル生写真とゆびずもう券、おバカメイツ決定戦順位予想投票券が封入されている)。
  • スカッとPUNCH!!(2014年9月24日全国流通発売、発売元:SPACE SHOWER MUSIC
ポンバシwktkメイツにおける4thシングル。
  • Type1収録曲
  • ①スカッとPUNCH!!/作詞:あないこうじ、作曲:古城康行
  • ②パンドラ(仮)/作詞:心愛、作曲:金川武史
  • ③日の当たる坂道/作詞&作曲:あないこうじ
  • ④忘れじのポンバシSUMMER/作詞&作曲:あないこうじ
  • ⑤〜⑧カラオケ
  • Type9収録曲
  • ①スカッとPUNCH!!/作詞:あないこうじ、作曲:古城康行
  • ②ポンバシレボリューション19/作詞&作曲:金川武史
  • ③コイシテ☆song by近野なあこ/作詞:近野なあこ、作曲:中土智博
  • ④KWMD〜ktkr wktkミラクル大作戦2014〜/作詞&作曲:あないこうじ
  • ⑤〜⑧カラオケ
  • (特典として、wktkメイツのくじ付きシャッフル生写真とハイパンチ券が封入されている)。
  • 次世代アイドル革命BLUE LIPS(2012年9月26日全国流通発売、発売元:テイチクエンタテインメント
ポンバシwktkメイツのオリジナル曲「勇気色センセーション」(作詞:磯谷佳江 / 作曲:渡辺和紀 / 編曲:水島康貴)収録。
ポンバシwktkメイツのオリジナル曲「地下アイドルなんて呼ばせない!!T-PaletteVersion収録。
  • TOY BOX(2010年10月24日発売、発売元:SP!KeRecords)
ポンバシwktkメイツ 出席番号10番:近野なあこのデュオユニット『Pink☆Key』参加のコンピレーションCD。

DVD[編集]

オリジナルソング[編集]

  • 地下アイドルなんて呼ばせない!! / ポンバシwktkメイツ
  • 出席番号の歌 / ポンバシwktkメイツ
  • K・W・M・D。(キタコレワクテカミラクル大作戦。) / ポンバシwktkメイツ
  • 忘れじのポンバシSUMMER / ポンバシwktkメイツ
  • ダイヤルナンバー3104 / ポンバシwktkメイツ
  • 勇気色センセーション / ポンバシwktkメイツ
  • BAKA POP!! / ポンバシwktkメイツ
  • キラ☆キラ青春Prism / ポンバシwktkメイツ
  • No!Me!!Sso!!!/ ポンバシwktkメイツ
  • スカッとPUNCH‼︎/ ポンバシwktkメイツ
  • パンドラ(仮)/ ポンバシwktkメイツ
  • 日の当たる坂道/ ポンバシwktkメイツ
  • ポンバシレボリューション19/ ポンバシwktkメイツ
  • Angel's Moving / 原瀬今日香
  • voice☆capsule / 原瀬今日香
  • sh∞tiNg☆stAr / 近野なあこ(Pink☆Key)
  • コイシテ☆ /近野なあこ
  • SweetShiny / 近野なあこ
  • BreakGod / 近野なあこ
  • 小悪魔のアッパーカット / 福井柑奈
  • 健康ランド / 福井柑奈
  • School Complex / 佐倉ことね

学園祭[編集]

概ね3-4ヶ月に一度の周期で行われる。メイツ全員が複数の曲を披露し、芸人とのコーナーも行われる。メイツ以外のゲストも出演する。

開催日 # タイトル 会場 動員数
2010年1月31日 1stライブ ポンバシwktk学園祭vol.1 〜地下アイドルなんて呼ばせない! 日本橋Platz 105人
2010年5月3日 2ndライブ ポンバシwktk学園祭vol.2 〜ゴールデンwktk劇場 137人
2010年7月18日 3rdライブ ポンバシwktkメイツの夏祭り 〜恋のポンバシSUMMER 92人
2010年11月21日 4thライブ ポンバシwktk学園祭vol.3 〜開校1周年SP 日本橋UPs 102人
2011年3月20日 5thライブ ポンバシwktk学園祭vol.4 〜ktkrwktkミラクルフェスティバル 111人
2011年7月24日 6thライブ ポンバシwktkメイツの夏祭りvol.2 〜松元和弘ご生誕祭Vol.31 106人

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

新聞[編集]

  • 「奈良出身のアイドル」として、「神谷にこ」のインタビューが掲載された。(奈良日日新聞、2009年12月17日号)

雑誌[編集]

  • W100ライブアイドル(シンコーミュージック刊、2010年11月30日発売、ISBN 978-4-401-77029-8)
  • アキバマガジン vol.0(三栄書房刊、2011年12月10日、JAN 4910135760129
  • Tokyo graffiti 2012年 01月号(グラフィティマガジンズ刊、2011年12月21日、ASIN B006L76AVE
  • 全国あいどるmap 2012-2013 (エンターブレイン刊、2012年 6月30日発売、ISBN 4047281905)

聖wktk女学院[編集]

聖wktk女学院(旧ポンバシwktk学園)は、ポンバシwktkメイツ(以下メイツ)が拠点として出演しているアイドルイベントである。大阪・日本橋の日本橋19ビル3階にある「日本橋wktkTHEATRE」で毎週月曜日に開催されている。夕やけニャンニャンをモチーフとしており、アイドルによる歌のみではなく「お笑い」や「バラエティ性」を中心に据えている。

イベント内容[編集]

基本的に2時間程度のイベントで、オープニング→メイツによる歌とコーナー→エンディング→エンディングアクトという流れが基本である。週によっては「コーナー出演はするが、歌を披露しないメイツ」がいる場合もある(逆のパターンもある)。エンディングでは客参加のジャンケン大会が行われ、勝者には出演者全員と集合チェキがプレゼントされる。イベント終了後には、チェキ撮影や各メイツのグッズ販売を目的とした物販が行われる。

メイツによる歌[編集]

エンディングアクトでは、メイツ全員がステージに集合し、パフォーマンスを行う。数名がボーカルを担当し、残りのメイツはバックダンサーに回る。エンディングアクトには「地下アイドルなんて呼ばせない!」「K・W・M・D」が選ばれることが多い。コーナーとコーナーの間の各メイツの歌は、それぞれが事前に選んだ曲を歌う。基本的に知名度の高いアニメソングやアイドルソングが選ばれるが、オリジナルソングを歌うメイツもいる。

バラエティコーナー[編集]

TV番組さながらのバラエティコーナーがイベント内で行われている。体を張った体力ゲームや大喜利、喜劇、クイズ等ほぼ被らない内容で毎週行われている。

wktkメイツ以外の主な出演者[編集]

ネタを行う芸人は、「wktkメイツ」に対して「wktk芸人」とも称される。新規の出演者が加わることは少ない。

  • 松田純之介 - ポンバシwktk学園3代目MC。普段はシンガー、作詞家として活動中。おっちょこちょいな性格で愛嬌のある人の良さが人気。芸人並みに体を張る事も多々。
  • 向山和孝とザ・コンプレックス199イナズマX(元ベッターマン1号) -以前は ヤッターマン風の衣装で「ベタなこと」をネタにしていた。玄人好みなボケを得意とする。コンビ「マシンガンズ(太田プロマシンガンズとは無関係)」としても活動している。「R-1ぐらんぷり2009、2010」2回戦進出。現在、アシスタントMC。
  • へなぎ(木本憲志) - ポンバシwktk学園ぎるど分校でのアシスタントMC。元オタクの立場でメイツやゲストに的確なアドバイスを教え、エールを送る文化人。
  • フルーツぴ〜ち大将軍 - 甲高い声と奇抜な衣装(兎耳、サングラス、白塗り、チャイナ服、網タイツ)が特徴。メイツ以外で唯一、物販でグッズ(時計、チェキ写真等)が発売された。「R-1ぐらんぷり2010」2回戦進出。現在は東京で活動中。
  • ほくろっぴ - ピン芸人。客席にお菓子を配るなど、破天荒なネタを行う。グッティ・テルとのコンビ「グティイズム」で奇異なネタを披露し続けている。ものまねが得意。
  • 山田ジャック - ポンバシwktk学園の企画・発案者・初代MC。メイツに対して無茶振りを行ったり、「あだ名」(例:藤咲るかを「酒焼け声」)で呼ぶことから、「番長」と呼ばれた。2010年7月でMCを降板。
  • まつもさん - MC。みに☆きってんのバックダンサーとして出演したことがある。ネタバトル出演時にはピン芸人初の3週連続防衛を達成した。2代目MC(2010年7月-2012年5月)
  • グッティ・テル -ピン芸人。wktk学園初期(日本橋JUNGLE時代)にも出演していた意外と古参な芸人。一発ギャグ中心のネタでスベりまくる。「彼女ができたせいで面白くなくなった」と他の芸人から酷評されている。
  • わかやまん - 元アシスタントMC。髪の毛の薄さをネタにされている。那瀬ひとみときいさつきが卒業する回では、2人を題材にしたコントを披露した。現在は芸能活動休止中。
  • 吉田華 - 女子高生ピン芸人。「R-1ぐらんぷり2010」で2回戦に進出し、ネタバトルにおいて女性で唯一チャンピオンを経験している。
  • マナブ18号(井上学) - wktk芸人の中では一番芸歴の長いピン芸人。お笑いYouTuberでもある。コーナーでは司会を担当することもある。まつもさんと共にみに☆きってんのバックダンサーを担当したことがある。
  • 火の玉アタック - ピン芸人。特撮作品を扱った漫談・コントを行う。芸名の由来は超神ビビューンの必殺技から。
  • 縛りやトーマス - 時事問題などを扱ったパフォーマンスを行う。動画撮影や、物販などのスタッフも行っている。誠のサイキック青年団のハガキ職人でもあった。

開催日時・場所[編集]

期間 場所 開催曜日
2009年09月14日~2009年10月23日 日本橋JUNGLE 月火木金
2009年10月26日~2009年11月13日 日本橋JUNGLE 月金
2009年11月16日~2009年12月28日 日本橋Platz
2010年01月06日~2010年03月31日 日本橋Platz
2010年04月05日~2010年08月30日 日本橋Platz
2010年09月06日~2014年02月25日 日本橋UPs
2014年03月03日~2016年10月31日 日本橋wktkTHEATRE
2016年11月07日~2017年01月31日 日本橋Pollux Theater


エピソード[編集]

  • 開催日時・場所の変更が多いイベントである。2009年9月14日にスタートした際の会場は日本橋JUNGLEで、水曜日を除く平日にレギュラーMCの山田ジャックwktkメイツに加えて、曜日ごとのアシスタントMC(月曜日/わかやまん、火曜日/LinRinSound、木曜日/月見峠、金曜日/相咲ポッポ)でイベントを行っていた。しかし2009年10月最終週より月曜日と金曜日の開催に縮小された。
  • 2009年11月16日より会場を日本橋Platzに移し毎週月曜日の開催となり、2010年1月6日より毎週水曜日の開催となったが、4月5日より毎週月曜日開催に戻った。
  • 日本橋Platz移転により、2010年8月30日に日本橋Platz最終イベントをし、翌週の2010年9月6日に移転先である日本橋UPsの第一回目イベントを担当した。
  • 2014年3月、日本橋19ビルの3階に自前の劇場「日本橋wktkTHEATRE」が完成。
  • イベント自体の内容にも変更が多かった。日本橋JUNGLEで開催されていた頃は、「前半1時間をコーナー、後半30分を歌」と分けており、物販が無かった。日本橋Platzに移動した当初は、通常のwktk学園の後に、芸人のみが出演するお笑いライブも行っていた。2010年より現在の体制に固定された。
  • 日本橋JUNGLE時代はメイツ全体の人数が少いため病欠・他のイベントへの出演などが重なるとメイツ3-4名程度でイベントを行うことも多く、メイツが原瀬今日香ただ1人のみという回があった(この日は原瀬を交えたトークコーナーを中心に行い、曲も原瀬一人で数曲歌った)。
  • 近野なあこは、wktk学園に出演する前にテレビでメイツ入りが発表された(スーパーニュースアンカーでの取材放送時、母親とともに見学に来ていた近野なあこの姿が放送された)。

日本橋wktkTHEATRE[編集]

日本橋wktkTHEATRE
情報
正式名称 日本橋wktkTHEATRE
開館 2014年3月1日
収容人員 250人
客席数 150
用途 ライブハウス
所在地 556-0005
大阪府大阪市浪速区日本橋5-9-16 日本橋19ビル3F
外部リンク ホームページ

日本橋wktkTHEATRE(ニッポンバシワクテカシアター)は、2014年3月1日大阪市浪速区日本橋にある『日本橋19ビル』3階にオープンした「ポンバシwktkメイツ専用劇場」である。ポンバシwktkメイツのライブ以外にも、多数のアイドルイベントやDJイベントが開催されている。

日本橋wktkメイツが使用する劇場[編集]

2013年12月30日、同年10月15日に経営破綻した電子部品専門店の所有していたビルの再利用計画として、wktkメイツの常設劇場を中核施設とした事務所とレコーディングスタジオを併設した施設のオープン発表された[1]。2015年2月にビルの新名称と概要が発表され、1階にサンドイッチ専門店が出店し、2階には直営の小劇場『AinsNeusHall』が入居することが発表された[2]。その後、11月にはサンドイッチ専門店は閉店し、2015年1月からメイド喫茶となった。 現在は様々なアーティストに利用されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]