ポンプ隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポンプ隊(ポンプたい)とは、消防吏員の中で、主に火災現場で消火活動を行うのを任務とし、特別救助隊救急隊と連携しながら救助・救急活動も行う部隊のこと。東京消防庁ではポンプ隊とされるが、全国の消防は消防隊や消火隊、警防隊、放水隊と様々な名称である。

概要[編集]

ほぼ全ての消防署・消防出張所に配置されている、一般にいわれている消防車で消火活動に当たる隊であるが活動内容は、火災の消火活動の他にも、救助、油脂類が大量にこぼれたりした場合に引火を防ぐため不活性化処理する危害排除、救急活動(PA連携)、水防活動などと幅広い。 基本的に4~5名で構成されるのが望ましいとされるが、予算不足による人員不足に悩む小規模消防本部(全国の消防機関の6割超を占める)では3名乗車で出場することは日常茶飯事であり(地方ではやむなく2名乗車の場合もままある)十分な消防戦略をとるうえで困難を強いられることが多い。 このため、自治体にもよるが消防団との連携は不可欠といえよう。

PA連携[編集]

最近は救急出動に救急標準課程修了者(救急隊の資格)や救急救命士など救急技術の資格を持ったポンプ隊員が乗車している消防車を先行で出場させ、現場整理と先行処置に当たらせている消防機関も増えている。PA連携などと呼ばれる[1]。また中小規模消防本部(特に分署・出張所・分遣所)ではそもそも消防隊と救急隊の区分がなかったり、救急隊と消防隊を兼務しているケースが多い。

ポンプ隊がPA連携で出場する災害内容としては、多くが近隣に活動可能な救急隊がすべて出場しており、要請から現場到着まで大幅な遅延が見込まれる際に、先行して活動する場合がある。その他は、繁華街等で救急活動の妨害などが発生する可能性があり、交通整理などのために人員の増強を要する場合や搬送路狭隘のため、自傷行為や交通人身事故など、救急隊1隊だけでの活動が困難な上に活動する隊員の安全管理を徹底する場合に、覚知段階もしくは先着した救急隊などからの要請により指令室が判断する。[2]

このような事案に対する十分な活動のために、ポンプ車には感染防護衣や自動体外式除細動器を積載している。[3]

装備・資機材[編集]

  • 消防ポンプ車
  • 消防用ホース(内径は40ミリ、65ミリ)
  • 空気呼吸器(ゴーグル一体型マスク、これとホースでつながった空気ボンベのセット)
  • 破壊斧、万能斧
  • 三連梯子
  • 消火栓
  • スピンドルドライバー
  • サーチライト
  • パーライト
  • スリングロープ
  • カラビナ
  • 安全帯
  • ホースカー(水槽付きポンプ車では積載しない場合もある。)
  • ホースブリッジ(一般車にホースを乗り越えさせる為のカバー。踏まれると損傷し裂けてしまうため)
  • 予備の空気ボンベ
  • 管槍(かんそう。放水用ノズルのこと。近年は高圧放水時の保持が難しい事から、より確実に構えられる軽機関銃型の「放水銃」に変えられている例が多い)
  • フォグガンやプロジェクトガン等の噴霧式ノズル
  • 防火衣(防水加工がされた難燃素材製のハーフコートとオーバーズボン、長靴の3点セット)
  • ヘルメット(一般的な作業用安全帽と、厳しい安全基準―直火に曝されても溶けるだけで絶対に燃えない―に則った耐火素材製品)
  • ジェットシューター(背負い式の大型タンクがつながった、強力水鉄砲)
  • 消火薬剤のポリタンク、ラインプロポーショナー(負圧を利用し簡易的に泡放射するための器具)

その他、インパルス消火システム、エンジンカッターや油圧式救助器具といった救助資機材、排煙送風機、救急資機材を装備している隊もある。 火災の際は防火衣を着装し、ポンプ車・水槽付きポンプ車等で出動する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pump(ポンプ車) and Amburance(救急車)の意
  2. ^ 東京消防庁 PA連携について
  3. ^ 川崎市 平成19年7月1日からPA連携を行っています