ポーゼンの和約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポーゼンの和約(ポーゼンのわやく、ドイツ語: Frieden von Posen)は、1806年12月11日ポーゼンで締結された、フランスと(プロイセン王国の同盟国である)ザクセンの間の講和条約。ザクセンは第四次対仏大同盟戦争で敗れた結果、この条約で2,500万フランの賠償金の支払いに同意、ライン同盟に参加した。また同時にザクセンは王国に昇格した。

参考文献[編集]