ポーランド・マルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
10マルカ紙幣(1917年)
1919年に印刷された希少な1マルカ紙幣の遺物。当時、新生ポーランドの国名は特定されておらず、Polish stateと呼ばれていた時代だった。
100マルカ紙幣(1919年)
10マルカ紙幣と20マルカ紙幣(1919年より使用)
表面
裏面
100ポーランド・マルカ紙幣(1919年)

ポーランド・マルカ(ポーランド語:marka polska,複数形:marki, marek,略称:mp)は、1917年1924年の間に、ポーランド摂政王国及びポーランド第二共和国で使用された通貨である。1ポーランド・マルカ紙幣は、100fenigów(単数形:fenig硬貨に細分化されていたが、それはドイツマルクの制度を真似たものである(ドイツマルクの項を参照)。

歴史[編集]

第一次世界大戦中の1915年にポーランドがロシア帝国に敗れると、中央同盟国はかつてのポーランド立憲王国の領土全体を占領し、2人の総督が指名された。1人はドイツのハンス・ハートヴィヒ・フォン・ベセラーをワルシャワに置き、もう1人はオーストリア=ハンガリー帝国のカール・クックをルブリンに置いた。国の政治運営は、ドイツ(大半がプロイセン)とオーストリア(大半がポーランド)から派遣された職員の手に委ねられていた。そして、ロシア・ルーブルパピエルマルク、ドイツ・オストルーブル、オーストリア=ハンガリー・クローネの4つの通貨が流通していた。1915年12月9日、ドイツの総督だったヴォルフガング・フォン・クライズは、オーストリア側との会議の末、Polish Loan Bank (Polska Krajowa Kasa Pożyczkowa)と呼ばれる新銀行を創設し、ドイツマルクと同等の価値を持つポーランド・マルカという新しい通貨制度の誕生を宣言した。新しい通貨制度の安定性は、ドイツ帝国銀行が10億ドイツマルクもの資金を用意する事で保証されていた。

1917年になると、新硬貨(1, 5, 10, 20 fenigów)と新紙幣(½, 1, 2, 5, 10, 20, 50, 100, 500, 1000 マルカ)が鋳造され、これまで使用されていた4つの通貨を新通貨に置き換え始めた。全ての紙幣には赤地に白鷲ポーランドの国章が描かれ、白色であった。1918年11月11日に第一次世界大戦の休戦協定が結ばれた時点では、8億8,000万ドイツマルクが既に市場で流通されていた。新しく誕生したポーランド第二共和国の政府はマルカを通貨として保持し、資金運用を続けるために貸付銀行の設立を許可する事を決定した。1918年中にドイツ製の紙幣は、市場への流通過程において新紙幣に取って代わられた。これらの新紙幣には、ポーランドの歴史上のテーマが特徴付けられていた。10, 500マルカ紙幣にはヤドヴィガ女王の肖像、5, 10, 100, 1000マルカ紙幣にはタデウシュ・コシチュシュコが描かれた。50マルカの銀貨も計画されていたが、ハイパーインフレのせいで実現されることはなかった。今日では、ただ1つの銀貨のみ、現存している事が分かっている。

しかし、当時のポーランドは123年にもわたるポーランド分割と5年続いた第一次世界大戦により、既に国土は荒廃し、その上新たに軍事的な戦闘に突入した事により、国内の経済は一層無力化していった。1920年には、ポーランド・ソビエト戦争の最中、コシチュシュコが描かれた½マルカ及びヤドヴィガ女王とコシチュシュコの両方が描かれた5000マルカの新紙幣が使用されるようになった。市場には新たに5億マルカが流通した。しかし数年のうちに金融危機が深刻化し、1922年には本格的かつ破壊的なインフレーションの時代が始まった。この時点で2,070億マルカもの通貨が流通していた。その為、10,000及び50,000マルカの新紙幣を印刷する必要に迫られた。1922年中には、インフレが一層弾みを付けて加速化していき、100,000, 250,000, 500,000, 1,000,000マルカ新紙幣が発行され、翌1923年になると、500万,1,000万マルカ新紙幣が出回るようになった。

1924年になると、大蔵大臣でもあったヴァディスワフ・グラブスキが任命され、金融復興政策を打ち出した。ポーランド銀行は、ポーランド中央銀行として再生する事を宣言した。ポーランド・マルカは新たな金本位制の通貨であるズウォティに、1,800,000ポーランド・マルカ=1ズウォティの為替レートで変換された。この時点で、1米ドルに対する為替レートは、5.18ズウォティ(9,324,000ポーランド・マルカ)になっていた。

米ドルとの為替レート[編集]

1米ドルに対するポーランド・マルカの為替レートは、以下の通りである:

  • 1919年 - 90
  • 1921年 - 6000
  • 1923年5月 - 52,000
  • 1923年7月 - 140,000
  • 1923年11月初頭 - 2,000,000
  • 1923年11月末 - 5,000,000
  • 1924年1月 - 9,300,000

上記のように、激しいハイパーインフレが起こり、ポーランド・マルカの価値が暴落していった事が分かる。

参考文献[編集]

  • タデウシュ・カルコフスキー, Tysiąc lat monety polskiej, Cracow 1981年
  • パウエル・ザレムバ, Historia dwudziestolecia 1918-1939 (1 - 2), パリ・1981年