ポーラ名作劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポーラ名作劇場(ぽーらめいさくげきじょう)は、1963年1月~1979年3月にかけて、NETテレビ(後にテレビ朝日)ほかで毎週月曜日の22:00~22:54(JST。1972年9月までは22:56終了、1975年9月までは22:55終了)に放送された、ポーラ化粧品本舗(現・ポーラ)一社提供のドラマ枠である。1979年4月1982年9月までの後継枠『月曜劇場』も本稿で述べる。

ポーラテレビ小説同様、ポーラ化粧品のオープニングキャッチもあった。

なおスタートから1963年11月までは、NETと毎日放送(当時はネット局)と交代での制作だったが、12月以降はNET→テレビ朝日の単独制作となった。

放送作品[編集]

ポーラ名作劇場[編集]

  • 女の画像
  • 女医
  • 夜の河
  • 仮縫
  • 法王の牙
  • 白い炎
  • 明治一代男
  • 女のいくさ
  • 波の塔
  • 悪名高き女
  • 香華
  • ドライママ 
  • 妻の日の愛のかたみに 
  • 散りての花 
  • しろがねの女
  • 女の一生
  • 東は東 西は西 
  • みおつくし
  • いのちある日を
  • 憂愁平野
  • 火山列島
  • 雪の喪章
  • 沙羅少女
  • 春雷
  • 死者との結婚
  • しあわせの虚像
  • 操の女
  • 炎の果て
  • 女紋
  • 華岡青洲の妻
  • 皇女和の宮
  • 花のながれ
  • 坊っちゃんと私
  • 積木の笛
  • おもんの愛
  • 夕焼け空
  • ぎんぎんぎらぎら
  • ながい坂
  • 花れんこん
  • サヨナラ三角
  • 不貞といわれて
  • 女と女
  • 大変だァ
  • 深川の鈴
  • 花嫁の父
  • 五彩の女
  • 湖笛
  • たそがれに愛をこめて
  • 蝶と山女魚の物語
  • 忍ぶ糸
  • 女身
  • 花埋み
  • 愛情の系譜
  • じゅんさい物語
  • 続・氷点
  • 舞の家
  • わが恋の墓標
  • しがらき物語
  • まぼろしの橋
  • ふんどし医者
  • 築地川
  • むかしも今も - ラスト1回前の1972年10月2日より22:00 - 22:55に変更(1分縮小)。
  • 日曜日にはバラを
  • 出雲の阿国
  • 花莚
  • 北国の女の物語
  • 幸福という名の不幸
  • 見知らぬ橋
  • 竜馬が愛した女
  • 氾濫
  • 冬の花・悠子
  • さきに愛ありて
  • 虚構の家
  • 彩の女
  • 鏡の中の女 - 1975年の東京・大阪テレビネットワーク再編(ネットチェンジ)に伴い、毎日放送(MBS)で放送された最後の作品となった。
  • 秘密
  • 忍ぶ橋
  • 黄昏にさようなら
  • 夢二慕情 - 最終回の1975年10月6日から22:00 - 22:54(1分縮小)。
  • 契りきぬ
  • 幻のささやき
  • 絣の花
  • 海のある窓
  • 花と濤
  • 冬の虹
  • 幻花
  • 出発
  • 天の花と実
  • おはん
  • 雨のしのび逢い - 1992年TBS系列「ドラマ30」にて「ある日突然…」としてリメイク
  • 果て遠き丘
  • 緑の夢を見ませんか?
  • みずきの花匂うとき
  • いのち燃ゆる日々

月曜劇場[編集]

ネット局[編集]

※印は、遅れネット。

関連項目[編集]

NETテレビ→テレビ朝日 月曜22:00~22:54(1964年5月 - 1982年9月)
前番組 番組名 次番組


単発ドラマ
つなぎ番組
(22:00 - 22:30)
世界のなかの日本人
(22:30 - 23:00)
ポーラ名作劇場

月曜劇場
月曜ワイド劇場
※21:02~22:54
NET系 月曜22:55 - 22:56枠(1964年5月 - 1972年9月)
世界の中の日本人
(22:30 - 23:00)
ポーラ名作劇場
【1分縮小して継続】
ANNニュース
(22:55 - 23:00)
【1分拡大して継続】
NET系 月曜22:54 - 22:55枠(1972年10月 - 1975年9月)
ポーラ名作劇場
(22:00 - 22:56)
ポーラ名作劇場
【更に1分縮小して継続】
ANNスポーツニュース
(22:54 - 23:00)
【66分繰り上げ】