ポール・アザール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ポール・アザール

ポール・アザールPaul Hazard1878年4月30日 - 1944年4月13日)は、フランス比較文学研究者、思想史家

略歴[編集]

フランス北部のノール県Noordpeeneに生まれる。父と祖父は小学校教師。ポールが通った高校は現在彼の名前を冠してリセ・ポール・アザールを名乗っている。

1900年に高等師範学校に入学。1903年に文学のアグレジェを取得。1910年、論文『フランス革命とイタリア文学 1780年-1815年』により博士号を得た。1913年からリヨン大学で教える。第一次大戦勃発による授業中断を挟み、1919年からソルボンヌ大学教授。

1925年からコレージュ・ド・フランスで比較文学を講じた。主著『ヨーロッパ精神の危機』は1935年の出版。17世紀の古典主義の世界観と18世紀の啓蒙思想の世界観との相克をフランスのみならずヨーロッパ全土にわたって描く壮大な見取り図を提供した。

1920年代からたびたびアメリカの大学で教える。1932年から1940年までコロンビア大学客員講師。しかし第二次世界大戦勃発に伴い、1941年1月に帰国した。

帰国後ソルボンヌ大学総長に推されたが、ナチスの反対で実現しなかった。

ナチス占領下で病に苦しみ、パリ解放の直前である1944年4月12日パリで死去。1940年にはアカデミー・フランセーズにも選出されたが、戦時下で会合が中断していたため、一度も出席することはなかった。

母語であるフラマン語を愛し、フラマン語教育・普及運動に参加した。

著書[編集]

  • 1910年 La Révolution française et les lettres italiennes, 1789-1815, thèse présentée à la Faculté des lettres de Lyon, Paris: Hachette.
  • 1910年 Journal de Ginguené, 1807-1808, Paris: Hachette.
  • 1913年 Discours sur la langue française, Paris: Hachette. Académie française, Prix d'éloquence.
  • 1913年 Giacomo Leopardi, Paris: Bloud.
  • 1916年 La ville envahie, Paris: Perrin. Sous le pseudonyme de Paul de Saint-Maurice.
  • 1923年 Histoire de la littérature française illustrée, par Joseph Bédier et Paul Hazard, 2 vols, Paris:Larousse. 杉捷夫他訳『フランス文学史』全3巻, 創元社, 1942-1943年
  • 1923年 L'Italie vivante, Paris, Perrin et Cie.
  • 1925年 Lamartine, Paris:Plon-Nourrit et Cie.
  • 1927年 La Vie de Stendhal, Paris: Gallimard.
  • 1930年 Avec Victor Hugo en exil, Ligugé:Paris: "les Belles Lettres".
  • 1931年 Don Quichotte de Cervantès: étude et analyse, Paris: Mellottée. 円子千代訳『ドン・キホーテ頌』法政大学出版局, 1988年
  • 1932年 Les Livres, les enfants et les hommes, Saint-Dizier:Paris, Flammarion. 矢崎源九郎, 横山正矢訳『本・子ども・大人』紀伊國屋書店, 1957年
  • 1935年 L'influence française en Italie au dix-huitième siècle, par Henri Bédarida et Paul Hazard, Ligugé:Paris:les Belles Lettres
  • 1935年 La Crise de la conscience européenne (1680-1715): Notes et références, Mesnil:Paris, Bolvin. 野沢協訳『ヨーロッパ精神の危機 1680-1715』法政大学出版局, 1973年
  • 1938年 Le Visage de l'enfance, Preface de Paul Hazard, Paris:Aux Horizons de France.
  • 1938年 Textes choisis pour la culture générale et l'enseignement du français: Ecrivains français jusqu'à la fin du XVIIIe siècle, par Paul Hazard et Lucien Texier, Paris:Aubier.
  • 1938年 Textes choisis pour la culture générale. Les grands courants de la pensée contemporaine, écrivains étrangers, par Paul Hazard et Lucien Texier, Paris:Aubier.
  • 1940年 Quatre études. Baudelaire. Romantiques. Sur un cycle poétique. L'Homme de sentiment, NY:Oxford Univ. Press.
  • 1943年 Trente-deux sonnets de Michel-Ange, mis en français par Paul Hazard, Paris:Bolvin.
  • 1946年 La Pensée européenne au XVIIIe siècle, de Montesquieu à Lessing, Paris: Bolvin. 小笠原弘親他訳『十八世紀ヨーロッパ思想--モンテスキューからレッシングへ』行人社, 1987年


前任:
ジョルジュ・ゴニョ
アカデミー・フランセーズ
席次11

第16代:1940年 - 1944年
後任:
モーリス・ギャルソン