ポール・ウィルソン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポール・ウィルソン
Paul Wilson
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州オーランド
生年月日 (1973-03-28) 1973年3月28日(46歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 MLBドラフト1巡目
初出場 1996年4月4日
最終出場 2005年5月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴

ポール・アンソニー・ウィルソンPaul Anthony Wilson, 1973年3月28日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州オーランド出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り - メッツ時代 (1994 - 2000)[編集]

1991年に、ドラフト57巡目 (全体1426位) でピッツバーグ・パイレーツから指名されたが、契約しなかった[1]。その後、1994年6月2日にドラフト1巡目 (全体1位) でニューヨーク・メッツから指名され、6月18日に契約を結んだ[2]。プロ1年目は、マイナーリーグのA+級セントルーシー・メッツとルーキー級のGCL・メッツ英語版の2チームでプレー。セントルーシーでは8試合に先発登板し、防御率5.06・0勝5敗・WHIP1.31という成績を記録。また、GCLでは3試合の先発登板で防御率3.00・0勝2敗・WHIP1.00という成績を残した。2チーム計では11試合に登板したが、勝ち星は付かなかった。

1995年は昇格し、AAA級のノーフォーク・タイズとAA級のビンガムトン・メッツの2階級でプレー。ノーフォークでは10試合の先発登板で防御率2.85・5勝3敗・WHIP1.19を、ビンガムトンでは16試合の先発登板で防御率2.17・6勝3敗・WHIP0.94を記録。2チーム計で11勝を挙げ、年間2ケタ勝利をマークした。

1996年4月4日セントルイス・カーディナルス戦で、メジャーデビューを果たした[3]。デビュー戦では先発投手として6回を投げ、6安打3失点という投球内容で勝敗は付かなかった[3]。同年は全て先発として26試合に登板し、防御率5.38・5勝12敗・WHIP1.53という成績を残した。また、メジャーではキャリア唯一の本塁打も放った。なお、マイナーではビンガムトンとセントルーシーで計3試合に先発登板し、防御率4.85・0勝2敗・WHIP1.62という成績を残した。この時、右の腱炎を発症し[4]内視鏡手術も受けた[5]

1997年は、セントルーシーとGCLの2チームで計5試合に登板 (うち4試合が先発登板) 。通算で防御率1.75・1勝0敗1セーブ・WHIP0.94という成績を残したが、メジャーでの登板機会はなかった。同年から3年間、故障に見舞われ続けた[4]

1998年は、ノーフォークで7試合、セントルーシーで5試合に登板 (全て先発) 。防御率5.05・4勝2敗・WHIP1.37という成績を残したが、2年連続でメジャーでは登板しなかった。

1999年は、メジャーでもマイナーでも登板せずじまいだった。

2000年は、ノーフォークとセントルーシーで計20試合に登板 (うち18試合が先発登板) し、防御率3.56・7勝5敗・WHIP1.25を記録。その後、後述のトレードでメッツから放出される為、ジェイソン・イズリングハウゼンビル・パルシファー英語版と共に「ジェネレーションK」と謳われて期待されていたが[6]、結局1996年以外はメジャーで登板しなかった。

デビルレイズ時代 (2000 - 2002)[編集]

2000年7月28日に、バッバ・トランメル英語版リック・ホワイト英語版とのトレードで、ジェイソン・タイナー英語版と共にタンパベイ・デビルレイズへ移籍した[2]。デビルレイズ移籍後は4年ぶりにメジャーで登板機会を得て、7試合に先発登板、4試合にリリーフ登板。防御率3.35・1勝4敗・WHIP1.06という成績を残した。

2001年は、キャリアハイの37試合に登板し、うち24試合で先発として登板した。防御率4.88・8勝9敗・WHIP1.43という成績だった。

2002年は、30試合全てに先発登板し、自身初の規定投球回到達となる193.2回を投げた。そして、防御率4.83・6勝12敗・WHIP1.48という成績を残した。12月21日FAとなった[2]

レッズ時代 (2003 - 2007)[編集]

2003年1月12日に、シンシナティ・レッズと契約を結んだ[2]。レッズ加入初年は28試合に先発登板し、うち17試合でQSを記録[7]。2年連続で規定投球回にも到達し、防御率4.64・8勝10敗・WHIP1.44という成績を残した。

2004年は、チェンジアップを武器に頭脳的なピッチングを見せ[8]、29試合の先発登板で防御率4.36・11勝6敗・WHIP1.39を記録、メジャーで初めて2ケタ勝利を挙げた。オフの10月29日にFAとなったが、11月30日にレッズと再契約した[2]

2005年は肩を故障して内視鏡手術を受けた為[5]、9試合の先発登板で防御率7.77・1勝5敗・WHIP1.84という成績に終わった。

手術の影響が大きくなかった為、2006年はミニキャンプを張ってシーズンに備えた[5]。しかし、最終的にはメジャーで登板することはなく、結果的に2005年がウィルソンにとって、メジャーラストシーズンとなった。なお、同年マイナーではルイビル・バッツ (AAA級) 、サラソタ・レッズ英語版 (A+級) 、デイトン・ドラゴンズ (A級) の3階級でプレー。3チーム計で4試合に先発登板し、防御率4.50・1勝3敗・WHIP1.50という成績を残した。

2007年は、スプリングトレーニングで5試合に登板したが、13.1回で22安打13失点という投球内容に終わり[9]3月21日にレッズからリリースされた[9][10]。レッズを出た後は、2008年独立リーグであるゴールデンベースボールリーグリノ・シルバーソックス英語版で5試合に登板し、防御率15.63・0勝2敗・WHIP2.84という成績を残した[11]

シルバーソックス以降は、メジャーやマイナーでの試合出場は記録されていない。

投球スタイル[編集]

ツーシームを主体にフォーシームチェンジアップカーブ、はスライダーなど持ち球をフルに動員して投げる[12]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 31(1996年)
  • 41(2000年 - 2002年)
  • 40(2003年 - 2005年)

脚注[編集]

  1. ^ 57th Round of the 1991 MLB June Amateur Draft - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e Paul Wilson - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月15日閲覧。
  3. ^ a b Paul Wilson 1996 Pitching Game Logs - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月15日閲覧。
  4. ^ a b Judy Kamilhor (2019年6月). “Mets: Generation K is a cautionary tale of assessing pitching prospects” (英語). FanSided. 2020年2月15日閲覧。
  5. ^ a b c 村上雅則、友成那智『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2006』廣済堂出版、2006年、360頁。ISBN 4-331-51146-4。
  6. ^ Zach Braziller (2015年10月11日). “Tale of Mets’ Generation K shows how great arms go wrong” (英語). New York Post. 2020年2月15日閲覧。
  7. ^ 村上雅則、友成那智『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2004』廣済堂出版、2004年、342頁。ISBN 4-331-51040-9。
  8. ^ 村上雅則、友成那智『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2005』廣済堂出版、2005年、340頁。ISBN 4-331-51093-X。
  9. ^ a b Reds release pitcher Paul Wilson” (英語). UPI (2007年3月21日). 2020年2月15日閲覧。
  10. ^ Reds Release Paul Wilson” (英語). FOX19 (2007年3月21日). 2020年2月15日閲覧。
  11. ^ 2008 Reno Silver Sox - The Baseball Cube (英語). 2020年2月15日閲覧。
  12. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2004』廣済堂出版、2004年、342頁。ISBN 978-4-331-51040-7。

関連項目[編集]