ポール・ウェンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポール・A・ウェンダー(Paul Anthony Wender、1947年- )は、アメリカ合衆国化学者有機化学)である。スタンフォード大学教授。

ウェンダーは1969年にウィルクス大学英語版学士を取得し、その後1973年にイェール大学に進学してFrederick E. Zieglerの下で博士号(Ph.D.)を取得した。1974年、コロンビア大学博士研究員として研究を行った。1974年、ハーバード大学のアシスタント・プロフェッサー(助教授)として着任し、その後アソシエイト・プロフェッサー(准教授)、1981年に教授となった[1]。2017年現在は、スタンフォード大学の化学のFrancis W. Bergstrom教授、アメリカ科学振興協会フェロー、アメリカ芸術科学アカデミー会員[2][3][4][5]

ウェンダーの研究は、有機化学有機金属化学、有機合成、触媒ケミカルバイオロジー、イメージング、ドラッグデリバリー、分子治療法に焦点を当てている。構造的に複雑な生物学的に興味深い分子の合成にを行い、ホルボールタキソールレシニフェラトキシンプロストラチンといったがん治療に関する化合物の全合成を達成した。ウェンダーは「Function oriented synthesis (機能指向型合成)」という用語を作っている。

1980年からイーライリリーの相談役を務めている。CellGateの相談役も務める。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Harry S. Mosher. “VI. Professors, Brief Biographical Summaries 1976–2000”. スタンフォード大学. 2017年8月31日閲覧。
  2. ^ Paul Wender”. aaas.org. 2017年5月12日閲覧。
  3. ^ Paul Wender”. stanford.edu. 2017年5月12日閲覧。
  4. ^ Paul Wender”. stanford.edu. 2017年5月12日閲覧。
  5. ^ Paul Wender”. stanford.edu. 2017年5月12日閲覧。

関連項目[編集]

  • ウェンダーのタキソール全合成英語版