ポール・トンプソン (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポール・トンプソン
Paul Thompson
PaulThompson2011.jpg
ポール・トンプソン(2011年)
基本情報
生誕 (1951-05-13) 1951年5月13日(68歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ニューカッスル・アポン・タイン
ジャンル グラムロックロックアート・ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラム、パーカッション、ギター
活動期間 1970年 -
レーベル アイランド・レコード
共同作業者 ロキシー・ミュージック
エンジェリック・アップスターツ
コンクリート・ブロンド
リンディスファーン
ザ・メタファーズ
アンディ・マッケイ
公式サイト pauldrum.com

ポール・トンプソンPaul Thompson1951年5月13日 - )は、イングランドのドラマーであり、ロック・バンド、ロキシー・ミュージック(1971年から1980年、2001年以降)のドラマーとして最もよく知られている[1]。彼はオイ!のバンドであるエンジェリック・アップスターツや、アメリカ合衆国オルタナティヴ・ロック・バンドであるコンクリート・ブロンドのドラマーでもあった。彼はアンディ・マッケイ & ザ・メタファーズ (Andy Mackay & The Metaphors)というプロジェクトのメンバーであり、2013年に改編されたリンディスファーンにも参加した。

略歴[編集]

幼少期と教育[編集]

トンプソンはノーサンバーランド州ニューカッスル・アポン・タインで生まれた[2]。彼は生後6ヶ月からイングランド北東部のジャローに住んでおり、ウェスト・サイモンサイドの幼稚園と小中学校に通った。

経歴[編集]

1965年、トンプソンは地元のユースクラブで演奏する「The Tyme」に参加した[3]。次のグループは「The Urge」という地元のバンドで、17歳のときに参加した。地元のクラブやパブで週7晩もの演奏を行い、疲れから見習い金属細工師としての仕事で眠りに落ち、その結果、解雇された[4]

その後は、ジョン・マイルズと並び「The Influence」のメンバーとなった。トンプソンは1971年になるとロキシー・ミュージックに加入し、6枚のアルバムでドラマーとしてクレジットされ、バンドメイトのブライアン・フェリーブライアン・イーノアンディ・マッケイフィル・マンザネラとソロでのレコードで演奏したりツアーを行ったりもした。1980年、親指の負傷によりロキシー・ミュージックから離脱。その年の後半、ブライアン・フェリーとの音楽的な違いにより、バンドを脱退した[5]。この頃、トンプソンはロック・バンドのコンクリート・ブロンドと共演している。

2001年、彼はツアーのためにロキシー・ミュージックのバンド・メンバーと再び合流した。また、2003年にアルバム『フランティック』をサポートするフェリーのツアーに参加し、2005年6月11日にはワイト島音楽祭2005にも出演した。トンプソンはアンディ・マッケイ & ザ・メタファーズ[4]とのライブ・ギグで演奏し、彼らの2009年のCD『London! Paris! New York! Rome!』にクレジットされた。彼は2013年に、ニューカッスル・アポン・タインのリンディスファーンに参加した[2]

影響とフォロー[編集]

ニュー・ウェイヴ・バンド、デュラン・デュランのドラマーであるロジャー・テイラーは、トンプソンのドラミングが彼の演奏に大きな影響を与えたと述べている[6]。トンプソンのファンは、ドラムの技術と力量から、彼を「グレート・ポール・トンプソン」と呼んだ[7]

脚注[編集]

  1. ^ [1] Archived 9 June 2012 at the Wayback Machine.
  2. ^ a b Morton, David (2015年12月10日). “From Roxy Music to Lindisfarne with ace North East drummer Paul Thompson”. 2015年12月16日閲覧。
  3. ^ The Official Roxy Music Tour 2001 Paul Thompson Biography”. Manzanera.com (1951年5月13日). 2015年3月3日閲覧。
  4. ^ a b Interview: Roxy Music's Paul Thompson”. Chronicle Live (2009年2月6日). 2015年3月3日閲覧。
  5. ^ Chronicle, Evening (2009年2月6日). “Interview: Roxy Music's Paul Thompson”. 2013年2月27日閲覧。
  6. ^ Interview: Duran Duran drummer Roger Taylor”. www.journallive.co.uk. 2013年2月24日閲覧。
  7. ^ Paul Thompson Biography”. Roxyrama.com. 2011年2月1日閲覧。