ポール・ボノム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポール・ボノム
Paul Bonhomme
}
生誕 (1964-09-22) 1964年9月22日(54歳)
国籍 イギリスの旗 イギリス
レース経歴
初出場 2003
最高順位 1位(2009年 - 2010年
機体 ジブコ エッジ540
公式サイト
teambonhomme.com

ポール・ボノムPaul Bonhomme1964年9月22日 - )は、イギリス曲技飛行及び旅客機パイロットレッドブル・エアレース・ワールドシリーズに初開催された2003年から参戦し、3度目の総合優勝を果たした2015年をもって引退した。

経歴[編集]

2010年のレッドブル・エアレースのボノム

父は旅客機のパイロット、母は客室乗務員、兄も商業パイロットである。

1980年バークシャーホワイト・ウォルタム飛行場ハンガーの掃除や機体を磨いたり、燃料の補給などの作業から始めた。

18歳の時、自家用操縦免許を取得し、インストラクターとなる。1985年エア・チャーターのパイロットとなる。1987年ウェールズのチャーター・エアライン"Air Cymru" に入社、ボーイング737を操縦した。現在はブリティッシュ・エアウェイズボーイング747のキャプテンを務めている。

1986年アルティメット・ピッツで曲技飛行のキャリアをスタートさせる。その後は、ヤコヴレフYak-50エクストラEA-300などを使用し、1991年のリチャード・グード・エアロバティックスにはスホーイSu-26を使用した。650回以上の展示飛行を行っており、ダックスフォード飛行場では最年長パイロットの一人である。

使用する機体は、スーパーマリン スピットファイア (MkV / MkIX / MkIXT / MkXIV) 、ホーカー ハリケーンP-40 キティホークF4F ワイルドキャットF6F ヘルキャットF8F ベアキャットP-47 サンダーボルトP-63 キングコブラP-51 マスタングA-1 スカイレイダーなどである。

1994年からは、元エアレースパイロットでテレビコメンテーターのスティーブ・ジョーンズとチーム "The Matadors" を組み、世界各国でフォーメーション飛行を披露している。国際航空連盟主催のシリーズで金メダルを3回、銀メダルを1回獲得した。2003年から始まったレッドブル・エアレース・ワールドシリーズには第1回から参戦している。66レース中、優勝19回を含む表彰台46回の記録は他を圧倒しており、2009年、2010年、2015年の3度年間チャンピオンに輝いている。2015年のシーズン終了後にエアレースからの引退を表明した。2016年からは創設者であるベシェニェイ・ペーテルと共に殿堂入りしている[1]

私生活では、所有するヘリコプターロビンソン R22での飛行も趣味で楽しんでいる。既婚者で、息子が1人と娘が3人おり、イングランドのサウス・ケンブリッジシャーに暮らしている。

受賞[編集]

レッドブル・エアレース戦績[編集]

イギリスの旗 ポール・ボノム
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ戦績
開催年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ポイント 勝利数 最終
順位
2003 オーストリアの旗
3位
0
ハンガリーの旗
DNS
0 0 NC
2004 イギリスの旗
6位
1
ハンガリーの旗
7位
0
アメリカ合衆国の旗
6位
1
2 0 8位
2005 アラブ首長国連邦の旗
6位
1
オランダの旗
7位
0
オーストリアの旗
3位
4
アイルランドの旗
3位
4
イギリスの旗
5位
2
ハンガリーの旗
3位
4
アメリカ合衆国の旗
5位
2
17 0 5位
2006 アラブ首長国連邦の旗
7位
0
スペインの旗
8位
0
ドイツの旗
6位
1
ロシアの旗
中止
トルコの旗
2位
5
ハンガリーの旗
2位
5
イギリスの旗
1位
6
アメリカ合衆国の旗
3位
4
オーストラリアの旗
2位
5
26 1 4位
2007 アラブ首長国連邦の旗
3位
4
ブラジルの旗
1位
6
アメリカ合衆国の旗
2位
5
トルコの旗
2位
5
スペインの旗
中止
スイスの旗
1位
6
イギリスの旗
2位
5
ハンガリーの旗
3位
4
ポルトガルの旗
3位
4
アメリカ合衆国の旗
1位
6
メキシコの旗
中止
オーストラリアの旗
5位
2
47 3 2位
2008 アラブ首長国連邦の旗
1位
9
アメリカ合衆国の旗
1位
9
アメリカ合衆国の旗
2位
8
スウェーデンの旗
中止
オランダの旗
1位
9
イギリスの旗
7位
3
ハンガリーの旗
3位
7
ポルトガルの旗
10位
0
スペインの旗
中止
オーストラリアの旗
1位
9
54 4 2位
2009 アラブ首長国連邦の旗
2位
10
アメリカ合衆国の旗
2位
10
カナダの旗
1位
12
ハンガリーの旗
2位
10
ポルトガルの旗
1位
12
スペインの旗
1位
12
67 3 1位
2010 アラブ首長国連邦の旗
1位
12
オーストラリアの旗
3位
9
ブラジルの旗
3位
9
カナダの旗
2位
10
アメリカ合衆国の旗
1位
12
ドイツの旗
2位
10
ハンガリーの旗
中止
ポルトガルの旗
中止
64 2 1位
2011年から2013年はレース休止
2014 アラブ首長国連邦の旗
1位
12
クロアチアの旗
2位
9
マレーシアの旗
5位
4
ポーランドの旗
5位
4
イギリスの旗
1位
12
アメリカ合衆国の旗
5位
4
アメリカ合衆国の旗
7位
2
オーストリアの旗
5位
4
51 2 3位
2015 アラブ首長国連邦の旗
1位[2]
12
日本の旗
1位[3]
12
クロアチアの旗
8位[4]
(DNF)
1
ハンガリーの旗
2位[5]
9
イギリスの旗
1位[6]
12
オーストリアの旗
2位[7]
9
アメリカ合衆国の旗
1位[8]
12
アメリカ合衆国の旗
2位[9]
9
76 4 1位

出典[編集]

  1. ^ パイロット LEGENDS | Red Bull Air Race
  2. ^ アブダビはポール・ボノムが優勝”. Red Bull Air Race (2015年2月14日). 2015年9月7日閲覧。
  3. ^ ボノムが開幕戦アブダビに続き2連勝!”. Red Bull Air Race (2015年5月17日). 2015年9月7日閲覧。
  4. ^ 第3戦ロヴィニ:決勝レース終了後パイロットリアクション”. Red Bull Air Race (2015年5月30日). 2015年9月9日閲覧。
  5. ^ ブダペストはハンネス・アルヒが優勝!”. Red Bull Air Race (2015年7月5日). 2015年9月11日閲覧。
  6. ^ 第5戦アスコットはボノムが優勝!室屋義秀は3位!”. Red Bull Air Race (201508-16). 2015年9月11日閲覧。
  7. ^ Hall victorious in Spielberg showdown”. Red Bull Air Race (2015年9月6日). 2015年9月15日閲覧。
  8. ^ Bonhomme takes decisive win in Fort Worth”. Red Bull Air Race (2015年9月27日). 2015年9月29日閲覧。
  9. ^ 第8戦ラスベガス:決勝レース後リアクション”. Red Bull Air Race (2015年10月18日). 2015年10月20日閲覧。

関連項目[編集]

タイトル
先代:
ハンネス・アルヒ
(2008)
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ チャンピオン
20092010
次代:
ナイジェル・ラム
(2014)
先代:
ナイジェル・ラム
(2014)
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ チャンピオン
2015
次代:
マティアス・ドルダラー
(2016)