ポール・モラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ポール・モラン、1925年以前

ポール・モラン(Paul Morand, 1888年3月13日 - 1976年7月24日)は、フランス作家外交官である。短編集『夜ひらく』(1922 年)、『夜とざす』(1923年)で一躍ベストセラー作家となった[1]

経歴[編集]

パリ政治学院を卒業後、外交官として各国を回った。その傍ら、詩や小説を書き出し、マルセル・プルーストとも親交を持った。1920年代モダニズム小説として知られる「夜ひらく」(1922年)で一躍有名になった。優雅な紳士で国際情勢にも詳しいモランは、社交界の寵児となった。モランの作品は日本でも堀口大学により精力的に翻訳され、日本モダニズム文学に影響を与えた[2]

1925年にバンコクのフランス公使館へ赴任し、その途上、ポール・クローデルを訪ねて日本にも立ち寄った[1]。このときの旅行記に『土地以外何物もない』(Rien que la terre)があり、大阪は産業地獄であると評すなど、日本の印象についても触れている[3][4]

第二次世界大戦中に親独のヴィシー政権の外交官であったため、戦後にナチス・ドイツの協力者として糾弾され、スイス亡命した(この際、同じくスイスに滞在していたココ・シャネルへのインタビューを行った)。長らくフランス文壇への復帰は叶わず、フランスへの帰国が許されたのちは、旅行記の執筆などをしたが、戦前に見られた作家としての勢いは失った[2]。1968年にはアカデミー・フランセーズ会員となった。

作品[編集]

  • 夜ひらく(Ouvert la nuit, 1922年)
    • 堀口大學訳 新潮社、1924年。角川文庫、1954年
  • 夜とざす(Fermé la nuit, 1923年)
    • 堀口大學訳 新潮社、1925年。「夜ひらく・夜とざす」 旧新潮文庫、1929年
    • 堀口大學全集 補巻1「飜訳作品」、両作とも、小澤書店、1981年。のち復刻版・日本図書センター
  • レヰスとイレエン (堀口大學訳 第一書房、1925年)
  • 恋の欧羅巴 (堀口大學訳 第一書房、1925年)
  • 三人女 小説 (堀口大學訳 第一書房、1928年)
  • 世界選手 (飯島正訳 白水社、1930年)
  • 白鳥の死 (岡田真吉訳 鱒書房、1940年)
  • 印度ルート (真木昌雄訳 南北社、1942年)
  • 情熱の波 (堀口大學訳 岡倉書房、1946年)
  • 1/4秒に生きる男 (堀口大學訳 講談社 1958年)
  • シャネルの魅惑(L'Allure de Chanel
    • 獅子座の女シャネル (秦早穂子訳、文化出版局 1977年3月)
    • シャネル 人生を語る (山田登世子訳、中公文庫 2007年9月)
  • 黒い魔術(吉澤英樹訳・解説、未知谷、2018年5月)

脚注[編集]

  1. ^ a b モダンの表象としての「外交官=作家」像の虚実――米『ヴァニティ・フェア』誌に掲載されたフランス人作家ポール・モランの記事をめぐって吉澤英樹、成城文藝(237・238), 79-62, 2016-12、成城大学文芸学部
  2. ^ a b 翻訳家堀口大学を巡る一考察―ポール・モーランという言説大村梓、山梨国際研究 山梨県立大学国際政策学部紀要 No.11(2016)
  3. ^ 『巴里を語る』柳沢健中央公論社、1929年
  4. ^ ポール・モランのコスモポリチスムの変遷(対東洋)中島裕之フランス語フランス文学研究67巻 (1995)