ポール・リンゼイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ポール・リンゼイ(Paul Lindsay, 1943年-2011年9月1日)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの推理小説家。

略歴[編集]

1968年にマックマーレィ・カレッジを卒業の後、海兵隊員としてヴェトナム戦争に従軍。除隊後、FBIに入局。デトロイト支局に20年間勤務する。現役捜査官として在勤中に執筆した“Witness to the Truth”(邦題『目撃』)にて作家デビュー。以降、自身の経験に基づいて、FBI捜査官を主役とした著作を書き続けている。

作品概要[編集]

自身の捜査官としての経験を生かし、FBI捜査官たちを事件とともにさわやかに小説として描いている。その実力は処女作「目撃」でパトリシア・コーンウェルが絶賛したことから証明されている。その後「マイク・デブリン捜査官シリーズ」として(「目撃」もそのひとつ)「宿敵」「殺戮」を著す。「マイク・デブリン」はキャラクター像として「愛妻家」や「信念に忠実に生きる」などとして描かれ、評されている。四作目「覇者」は新たなキャラクター、タズ・ファロンが活躍。同作は今までになかった活劇味を加えたもとなっている。 また「鉄槌」では自らも犯罪に関与しているFBI捜査官が主人公、いささか問題味の濃い作品となっている。これからますます注目される作家である。

彼の熱心なファンのひとりに児玉清がいる。児玉氏は「覇者」にて解説をつとめている。 「鉄槌」がノン・シリーズのため残念に思うファンもいる。

小説内で主人公となっている人物[編集]

  • マイク・デヴリン(「目撃」「宿敵」「殺戮」)
  • タズ・ファロン(「覇者」)
  • キンケイド(「鉄槌」)
  • ニック・ヴァンコー(「応酬」)

著書[編集]

  • Witness to the Truth(1994)「目撃」
  • Code Name:GentKill(1995)「宿敵」
  • Freedom to Kill(1997)「殺戮」
  • The Fuhrer's Reserve(2000)「覇者(上・下)」
  • Traps(2002)「鉄槌」
  • The Big Scam(2005)「応酬」  

(日本語翻訳はすべて笹野洋子・講談社文庫