ポール・レヴィ (数学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポール・レヴィ
Paul Pierre Levy 1886-1971.jpg
ポール・ピエール・レヴィ
生誕 (1886-09-15) 1886年9月15日
パリ, フランス
死没 1971年12月15日(1971-12-15)(85歳)
パリ, フランス
国籍 フランス
研究分野 数学
研究機関 エコール・ポリテクニーク
パリ国立高等鉱業学校
出身校 パリ大学
博士課程
指導教員
ジャック・アダマール
ヴィト・ヴォルテラ
博士課程
指導学生
Wolfgang Doeblin
Michel Loève
ブノワ・マンデルブロ
Georges Matheron
主な業績 Lévy process
Lévy flight
レヴィ計量
Lévy's constant
レヴィ分布
Lévy C curve
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ポール・ピエール・レヴィ (1886年9月15日1971年12月15日)[1]フランス数学者である。専門は確率論で、マルチンゲール、Lévy flight、Lévy process、Lévy measure、Lévy's constant、レヴィ分布、Lévy skew alpha-stable distribution、Lévy area、Lévy arcsine law、フラクタル Lévy C curveなど多くの業績を残している。

レヴィはパリエコール・ポリテクニークの試験官であったルシアン・レヴィ(Lucien Lévy)のもとに生まれ、彼自身もエコール・ポリテクニークに進学した。1905年、学部生であった19歳で最初の論文を発表した。ジャック・アダマールのもとに学んでいる。卒業後は軍組織に就職し、その後3年間パリ国立高等鉱業学校に移り、1913年には教授となる[1]

第一次世界大戦中は仏軍で数理解析の仕事に携わる。1920年、エコール・ポリテクニークの数理教授となる。レヴィのもとで、ブノワ・マンデルブロやGeorges Matheronらが学んだ。レヴィは1959年引退するまで一生をエコール・ポリテクニークで過ごした。第二次世界大戦1940年にはヴィシー政権によるユダヤ人並びに外来者に対する法によって解雇されている[1]

レヴィは数々の賞を手にしており、科学アカデミー (フランス)の会員であり、ロンドン数学会の名誉会員であった[1]

業績[編集]

  • 1922年Lecons d'analyse Fonctionnelle
  • 1925年Calcul des probabilités
  • 1937年Théorie de l'addition des variables aléatoires
  • 1948年Processus stochastiques et mouvement brownien
  • 1954年Le mouvement brownien

関連項目[編集]

参考文献[編集]