ポール・ヴィエイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Paul Marie Eugène Vieille
人物情報
生誕 1854年9月2日
死没 1934年1月14日(1934-01-14)(79歳)
国籍 フランス人
学問
研究分野 化学
主な業績 無煙火薬
主な受賞歴 ルコント賞 (1889)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ポール・ヴィエイユフランス語Paul Marie Eugène Vieille1854年9月2日 - 1934年1月14日)は、1884年に近代的なニトロセルロースベースの無煙火薬を開発したフランス人化学者である。

エコール・ポリテクニーク卒。"Laboratoire Central des Poudres et Salpetres" (パウダーと硝石中央研究所)所長。フランス科学アカデミーの会員[1]

新型の火薬は、同じ重量の黒色火薬の3倍の威力で、燃焼残留物も残さない画期的な発明であった事から、瞬く間に各国の軍の、あらゆる兵器に採用された。この発明が認められ、1889年にルコント賞が授与された。

出典[編集]

  1. ^ Médard, Louis (1994). “L'œuvre scientifique de Paul Vieille (1854-1934) (The scientific work of Paul Vieille (1854-1934) )” (french). Revue d'histoire des sciences 47 (3–4): 381–404. http://www.persee.fr/web/revues/home/prescript/article/rhs_0151-4105_1994_num_47_3_1211.