マイクロソフト標準キャラクタセット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オイラー図(JIS X 0208、JIS X 0212、JIS X 0213等の漢字集合)

マイクロソフト標準キャラクタセット(マイクロソフトひょうじゅんキャラクタセット)は、Windowsにおいて特別なフォントを自前で用意することなく表示できる日本語の文字集合のことである。Windows 3.1にて搭載された。『Windows-31J』に登録された全文字を実装している。

Windows 98Windows NT 4.0(SP4以降) に搭載されたフォントでは『マイクロソフト標準キャラクタセット』に加え、『JIS X 0212』(補助漢字 5801 文字)と『JIS X 0221追加非漢字集合』(1913 文字)を実装している[1]

Windows Vistaでは、上記すべてに加えて『JIS X 0213:2004』が実装された。JIS X 0213:2004の規格票で例示字形が変更されたものに関しては、同様に変更された[2]Windows Server 2008でも同様の変更が行われた。[3]

文字符号化方式について[編集]

『マイクロソフト標準キャラクタセット』を表現するための符号化方式としては、Shift_JIS、拡張EUC-JP、拡張ISO-2022-JPが利用できる。これらを使って符号化したもの(符号化文字集合)については、それぞれ、CP932CP51932CP50220というコードページ番号がついている。

通用日本文字集合[編集]

一覧[編集]

通用日本文字集合の内、基本日本文字集合以外の一覧。

―№℡ⅠⅡⅢⅣⅤⅥⅦⅧⅨⅩⅰⅱⅲⅳⅴⅵⅶⅷⅸⅹ∑∟∥∮⊿①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳〝〟㈱㈲㈹㊤㊥㊦㊧㊨㌃㌍㌔㌘㌢㌣㌦㌧㌫㌶㌻㍉㍊㍍㍑㍗㍻㍼㍽㍾㎎㎏㎜㎝㎞㎡㏄㏍丨仡仼伀伃伹佖侊侒侔侚俉俍俿倞倢偀偂偆偰傔僘僴兊兤冝冾凬刕劜劦劯勀勛匀匇匤卲厓厲叝咊咜咩哿喆坙坥垬埇埈增墲夋奓奛奝奣妤妺孖寀寘寬尞岦岺峵崧嵂嵓嵭嶸嶹巐弡弴彅彧德忞恝悅悊惕惞惲愑愠愰愷憘戓抦揵摠撝擎敎昀昉昕昞昤昮昱昻晗晙晥晳暙暠暲暿曺曻朎杦枻柀栁桄桒棈棏楨榘槢樰橆橫橳橾櫢櫤毖氿汜汯沆泚洄浯涇涖涬淏淲淸淼渧渹渼湜溿澈澵濵瀅瀇瀨炅炫炻焄焏煆煇煜燁燾犱犾猤獷玽珉珒珖珣珵琇琦琩琪琮瑢璉璟甁甯畯皂皛皜皞皦睆砡硎硤硺礰禔禛竑竧竫箞絈絜綠綷緖繒纊罇羡茁荢荿菇菶葈蒴蓜蕓蕙蕫薰蠇裵褜訒訷詹誧誾諟諶譓譿賰賴贒赶軏遧郞鄕鄧釗釚釞釤釥釭釮鈆鈊鈐鈹鈺鈼鉀鉎鉑鉙鉧鉷鉸銈銧鋐鋓鋕鋗鋙鋠鋧鋹鋻鋿錂錝錞錡錥鍈鍗鍰鎤鏆鏞鏸鐱鑅鑈閒隝隯霳霻靃靍靏靑靕顗顥餧馞驎髙髜魲魵鮏鮱鮻鰀鵫鵰鸙黑朗隆﨎﨏塚﨑晴﨓﨔凞猪益礼神祥福靖精羽﨟蘒﨡諸﨣﨤逸都﨧﨨﨩飯飼館鶴!"#$%&'()*+,-./0123456789:;<=>?@ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ[\]^_`abcdefghijklmnopqrstuvwxyz{|}~。「」、・ヲァィゥェォャュョッーアイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤユヨラリルレロワン゙゚¢£¬ ̄¦¥

JIS X 0213、JIS X 0212に含まれない漢字[編集]

JIS X 0221:2007附属書JA「日本文字部分レパートリ」の内、通用日本文字集合(COMMON JAPANESE)にだけ含まれる漢字を下表に示す[4]。(JIS X 0213JIS X 0212に含まれない漢字、包摂を考慮しない)

漢字 Unicode Shift-JIS
(NEC選定IBM拡張文字)
Shift-JIS
(IBM拡張文字)
関連する漢字 文字ソース
U+4EFC ED4E FA6A GE-2151, T3-226E
U+50F4 ED60 FA7C GE-223E, H-97C4, T3-4574, K2-235F
U+51EC ED66 FA83 G5-334A, T3-245B
U+5759 ED79 FA96 GE-2553, T3-645F
U+5CF5 ED92 FAAE G5-3B35, H-8C48, T3-3062, K2-2E71
U+6085 EDA1 FABD GE-2A29, HB1-AEAE, T1-5550, K0-666D, V1-5542
U+6120 EDA5 FAC1 G0-6333, HD-6120, T3-3B62
U+654E EDB1 FACD GE-2C36, T3-3636, K0-4E67
U+663B EDB4 FAD0 GE-2C64, T3-2D22, K0-6469
U+6AE2 EDD6 FAF2 G5-457A, T3-5A48
U+6DF2 EDE5 FB44 G3-5459, HB2-D641, T2-3664, K2-4128
U+6DF8 EDE4 FB43 GE-3045, T3-367C, K0-7468
U+7682 EE54 FB70 G0-546D, HB1-A86D, T1-4B30, K6-102D
U+8807 EE85 FBA1 GE-3C61, T3-5B29
U+8D76 EE94 FBB0 G0-384F, HB2-D3E3, T2-3327, K1-573E
U+9592 EECC FBE8 GE-4361, HB1-B6A2, T1-6267, K0-7959, V2-907C
U+9751 EED6 FBF2 GE-4468, H-8BC4, T3-2A7E, K0-746C
U+9AD9 EEE0 FBFC GE-464C, T4-362D
U+FA0E ED73 FA90 G9-FE42, UTC-00843
U+FA12 EDBC FAD8 UTC-00918
U+FA17 EE59 FB75 UTC-00921
U+FA18 EE61 FB7D G9-FE47, UTC-00922
U+FA1C EE69 FB86 UTC-00926
U+FA1D EE6C FB89 UTC-00927
U+FA1E EE75 FB92 UTC-00928
U+FA23 EE95 FBB1 G9-FE4B, JA-2728(Unified Japanese IT Vendors Contemporary Ideographs,1993), UTC-00850
U+FA25 EE98 FBB4 UTC-00931
U+FA27 EEB7 FBD3 G9-FE4D, UTC-00852
U+FA28 EEBE FBDA G9-FE4E, TF-584C, UTC-00853
U+FA29 EECE FBEA G9-FE4F, UTC-00854
U+FA2A EEDA FBF6 UTC-00933
U+FA2B EEDB FBF7 UTC-00934
U+FA2C EEDD FBF9 UTC-00935
U+FA2D EEEA FC49 UTC-00936

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [NT]NT4 SP4 での MS 明朝、MS ゴシック フォントの変更について”. Microsoft サポート. 2007年3月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年9月23日閲覧。
  2. ^ 鷹木 創 (2005年7月29日). “Windows VistaにJIS X 0213:2004対応の新日本語フォント「メイリオ」”. INTERNET Watch. 2006年9月23日閲覧。
  3. ^ Windows Vista/Windows Server 2008で従来のJIS90互換フォントを利用する - @IT
  4. ^ スラド COMMON JAPANESE にだけ含まれる漢字