マイク・ダンリービー・シニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイク・ダンリービー・シニア
Mike Dunleavy, Sr.
テューレーン大学 HC
役職 ヘッドコーチ
ポジション(現役時) PG
背番号(現役時) 10, 31
身長(現役時) 191cm (6 ft 3 in)
体重(現役時) 82kg (181 lb)
基本情報
本名 Michael Joseph Dunleavy, Sr.
ラテン文字 Mike Dunleavy, Sr.
誕生日 (1954-03-21) 1954年3月21日(64歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市
ブルックリン区
出身 サウスカロライナ大学
ドラフト 1976年 99位 
選手経歴
1976-1977
1978-1982
1982-1983
1983-1990
フィラデルフィア・76ers
ヒューストン・ロケッツ
サンアントニオ・スパーズ
ミルウォーキー・バックス
指導者経歴
1990-1992
1992-1996
1997-2001
2003-2010
2016-
ロサンゼルス・レイカーズ
ミルウォーキー・バックス
ポートランド・トレイルブレイザーズ
ロサンゼルス・クリッパーズ
テューレーン大学
受賞歴

マイク・ダンリービー・シニアMichael Joseph Dunleavy, Sr.1954年3月21日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区出身のバスケットボール選手、指導者。NBAロサンゼルス・レイカーズミルウォーキー・バックスポートランド・トレイルブレイザーズロサンゼルス・クリッパーズのヘッドコーチを務めた。現在はテューレーン大学のヘッドコーチを務めている。NBAプレーヤーのマイク・ダンリービー・ジュニアの父。

経歴[編集]

現役時代[編集]

1976年のドラフト99位でフィラデルフィア・セブンティシクサーズに指名され入団し、後に殿堂入りしたジュリアス・アービングらとともに1シーズンをプレーしNBAファイナルまで進んでいるが、ビル・ウォルトン擁するポートランド・トレイルブレイザーズに敗れている。 トレードでヒューストン・ロケッツに移り、ここでもファイナルまで進んでいるが、ラリー・バード時代のボストン・セルティックスに敗れている。その後サンアントニオ・スパーズで1シーズンプレーの後、ミルウォーキー・バックスへ移籍し、ドン・ネルソンの下で活躍。1985年に一旦引退したが、1988年に復帰し、1990年まで現役選手を続けた。通算成績は、438試合に出場し、得点3,496 (8.0 ppg)、リバウンド 689 (1.6 rpg)、アシスト1,723 (3.9 apg)。

監督時代[編集]

1990年にパット・ライリーからヘッドコーチを引き継ぎロサンゼルス・レイカーズのヘッドコーチに就任した。その後、ミルウォーキー・バックスポートランド・トレイルブレイザーズロサンゼルス・クリッパーズでヘッドコーチを務めた。ミルウォーキー・バックス時代は、GMも兼任しており、ポートランド・トレイルブレイザーズでは、1998-99シーズンに最優秀監督賞を受賞している。後に2003年から2010年の間、ロサンゼルス・クリッパーズのヘッドコーチを務めている。その後、ロサンゼルス・レイカーズのGMも務めている。

実績[編集]

NBAヘッドコーチ実績表略号説明
レギュラーシーズン G 試合数 W 勝利数 L 敗戦数 W–L % レギュラーシーズン勝率
ポストシーズン PG 試合数 PW 勝利数 PL 敗戦数 PW–L % プレイオフ勝率
チーム シーズン G W L W–L% シーズン結果 PG PW PL PW–L% 最終結果
レイカーズ 1990–91 82 58 24 .632 2nd in Pacific 19 12 7 .632 ファイナル敗退
レイカーズ 1991–92 82 43 39 .524 6th in Pacific 4 1 3 .250 1st.ラウンド敗退
バックス 1992–93 82 28 54 .321 7th in Central
バックス 1993–94 82 20 62 .244 6th in Central
バックス 1994–95 82 34 48 .415 6th in Central
バックス 1995–96 82 25 57 .305 7th in Central
トレイルブレイザーズ 1997–98 82 46 36 .561 4th in Pacific 4 1 3 .250 1st.ラウンド敗退
トレイルブレイザーズ 1998–99 50 35 15 .700 1st in Pacific 13 7 6 .538 カンファレンスファイナル敗退
トレイルブレイザーズ 1999–00 82 59 23 .720 2nd in Pacific 16 10 6 .625 カンファレンスファイナル敗退
トレイルブレイザーズ 2000–01 82 50 32 .610 4th in Pacific 3 0 3 .000 1st.ラウンド敗退
クリッパーズ 2003–04 82 28 54 .341 7th in Pacific
クリッパーズ 2004–05 82 37 45 .451 3rd in Pacific
クリッパーズ 2005–06 82 47 35 .573 2nd in Pacific 12 7 5 .583 カンファレンスセミファイナル敗退
クリッパーズ 2006–07 82 40 42 .488 4th in Pacific
クリッパーズ 2007–08 82 23 59 .280 5th in Pacific
クリッパーズ 2008–09 82 19 63 .231 4th in Pacific
クリッパーズ 2009–10 49 21 28 .429 (resigned)
Career 1329 613 716 .461 71 38 33 .535

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BasketBallReference