マイク・フォンテノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイク・フォンテノー
Mike Fontenot
Mike Fontenot on June 10, 2012.jpg
フィリーズ時代(2012年6月10日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州セントタマニー郡スライデル
生年月日 (1980-06-09) 1980年6月9日(38歳)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手, 三塁手
プロ入り 2001年 ドラフト1巡目(全体19位)でボルチモア・オリオールズから指名
初出場 2005年4月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・ユージーン・フォンテノーMichael Eugene "Mike" Fontenot, 1980年6月9日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州セントタマニー郡スライデル出身のプロ野球選手内野手)。現在は、フリーエージェント(FA)。

シカゴ・カブス所属時は、ルイジアナ州立大学でもチームメイトであったライアン・テリオと共に、ルイジアナ州に多い沼地から、「バイユー・ボーイズ」とも呼ばれていた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

サルメン高等学校卒業後の1999年、MLBドラフト21巡目(全体625位)でタンパベイ・デビルレイズから指名されたが拒否し、ルイジアナ州立大学へ進学。

2000年はチームの主軸として活躍し、カレッジ・ワールドシリーズの優勝に貢献。「All-Tournament Team」の二塁手部門で選出された[1]。また、「Baseball America First-Team Freshman All-American」、「Collegiate Baseball National Co-Freshman of the Year」「The Sporting News National Freshman of the Year」「Southeastern Conference Freshman of the Year」など数々の新人賞を受賞した。

オリオールズ傘下時代[編集]

2001年、MLBドラフト1巡目(全体19位)でボルチモア・オリオールズから指名され、9月5日に契約。

2002年はA+級フレデリック・キーズで122試合に出場し、8本塁打53打点13盗塁、打率.264だった。

2003年はAA級ボウイ・ベイソックスで126試合に出場し、12本塁打66打点16盗塁、打率.325だった。

2004年はAAA級オタワ・リンクスで136試合に出場し、8本塁打49打点14盗塁、打率.279だった。

カブス時代[編集]

2005年2月2日サミー・ソーサとのトレードでデイブ・クロウザースと共にシカゴ・カブスへ移籍[2]。AAA級アイオワ・カブスで開幕を迎え、4月11日にメジャー初昇格を果たした[3]4月13日サンディエゴ・パドレス戦で代走としてメジャーデビュー。4月23日にAAA級アイオワへ降格した[4]が、5月13日に再昇格。5月20日に再び降格した[5]。この年はメジャーで7試合に出場した。AAA級では111試合に出場し、6本塁打39打点3盗塁、打率.272だった。11月19日に40人枠から外れ、マイナー契約となった[6]

2006年はメジャー昇格はなく、AAA級アイオワで111試合に出場し、8本塁打36打点5盗塁、打率.296だった。

2007年はAAA級アイオワで開幕を迎え、5月15日にメジャー昇格した[7]。同日のニューヨーク・メッツ戦でアラミス・ラミレスの代打として、8点リードの8回表に出場し、アンビオリックス・バーゴスからメジャー初安打初打点となる適時二塁打を放った[8]5月18日にAAA級アイオワへ降格した[9]6月9日に再昇格[10]6月10日アトランタ・ブレーブス戦では7回表にバディ・カーライルからメジャー初本塁打を記録した[11]。86試合に出場し、3本塁打29打点5盗塁、打率.278だった。

2008年は自身初の開幕ロースター入りを果たし[12]、119試合に出場。9本塁打40打点2盗塁、打率.305だった。

2009年2月25日にカブスと1年契約に合意[13]。135試合に出場し、9本塁打43打点4盗塁、打率.236だった。

2010年1月19日にカブスと1年契約に合意[14]。75試合に出場し、1本塁打20打点1盗塁、打率.284だった。

ジャイアンツ時代[編集]

2010年8月11日にエバン・クロフォードとのトレードでサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍[15]。28試合に出場し5打点、打率.282だった。12月2日にジャイアンツと1年契約に合意した。

2011年は開幕ロースター入りを果たしたが、5月25日フロリダ・マーリンズ戦で股関節を痛め、5月26日に故障者リスト入りした[16]7月8日に復帰。この年は85試合に出場し、4本塁打21打点5盗塁、打率.227だった。12月12日にジャイアンツと1年契約に合意した[17]

2012年3月30日に放出された[18]

フィリーズ時代[編集]

2012年4月13日フィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結んだ[19]5月12日にメジャー昇格。5月18日ボストン・レッドソックス戦で右手を負傷したが、5月21日に復帰。47試合に出場し、1本塁打5打点、打率.289だった。8月1日にDFAとなり、8月5日に放出された[20]

レイズ傘下時代[編集]

2012年11月29日タンパベイ・レイズとマイナー契約を結んだ[21]

2013年はAAA級ダーラム・ブルズで120試合に出場し、4本塁打42打点6盗塁、打率.264だった。11月5日にFAとなった。

レイズ傘下時代[編集]

2014年1月9日ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ[22]が、3月26日に放出された。4月1日にタンパベイ・レイズとマイナー契約を結んだ[23]。オフに、FAとなった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 CHC 7 5 2 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 0 0 .000 .600 .000 .600
2007 86 260 234 32 65 12 4 3 94 29 5 4 1 3 22 0 0 43 5 .278 .336 .402 .738
2008 119 284 243 42 74 22 1 9 125 40 2 0 3 1 34 2 3 51 1 .305 .395 .514 .909
2009 135 419 377 38 89 22 2 9 142 43 4 1 0 5 35 4 2 83 7 .236 .301 .377 .677
2010 75 185 169 14 48 11 3 1 68 20 1 2 1 2 10 0 3 28 3 .284 .332 .402 .734
SF 28 76 71 10 20 2 0 0 22 5 0 2 0 0 5 0 0 13 0 .282 .329 .310 .639
'10計 103 261 240 24 68 13 3 1 90 25 1 4 1 2 15 0 3 41 3 .283 .331 .375 .706
2011 85 252 220 22 50 15 3 4 83 21 5 1 2 4 25 3 1 48 3 .227 .304 .377 .681
2012 PHI 47 105 97 13 28 2 0 1 33 5 0 1 0 0 7 2 1 23 2 .289 .343 .340 .683
MLB:7年 582 1586 1413 175 374 86 13 27 567 163 17 11 7 15 140 11 11 289 21 .265 .332 .401 .734

背番号[編集]

  • 29(2005年)
  • 17(2007年 - 2010年途中)
  • 14(2010年途中 - 2011年)
  • 18(2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 2000 College World Series”. Baseball Reference. 2014年2月18日閲覧。
  2. ^ Cubs acquire Hairston, Fontenot and Crouthers from Baltimore for Sosa”. MLB.com Cubs Press Release (2005年2月2日). 2014年2月18日閲覧。
  3. ^ Cubs place Walker on disabled list”. MLB.com Cubs Press Release (2005年4月11日). 2014年2月18日閲覧。
  4. ^ Cubs select Grieve, option Fontenot”. MLB.com Cubs Press Release (2005年4月23日). 2014年2月18日閲覧。
  5. ^ Cubs activate Borowski; option Fontenot”. MLB.com Cubs Press Release (2005年5月20日). 2014年2月18日閲覧。
  6. ^ Cubs add eight to 40-man roster”. MLB.com Cubs Press Release (2005年11月18日). 2014年2月18日閲覧。
  7. ^ Cubs select contract of infielder Mike Fontenot from Triple-A Iowa”. MLB.com Cubs Press Release (2007年5月15日). 2014年2月18日閲覧。
  8. ^ Scores for May 15, 2007”. ESPN MLB (2007年5月15日). 2014年2月18日閲覧。
  9. ^ Cubs recall right-hander Carlos Marmol from Triple-A Iowa”. MLB.com Cubs Press Release (2007年5月18日). 2014年2月18日閲覧。
  10. ^ Cubs recall infielder Mike Fontenot from Iowa”. MLB.com Cubs Press Release (2007年6月10日). 2014年2月18日閲覧。
  11. ^ Scores for Jun 10, 2007”. ESPN MLB (2007年6月10日). 2014年2月18日閲覧。
  12. ^ Chicago Cubs set Opening Day roster”. MLB.com Cubs Press Release (2008年3月30日). 2014年2月18日閲覧。
  13. ^ Cubs agree to terms with 20 players on 2009 contracts”. MLB.com Cubs Press Release (2009年2月25日). 2014年2月18日閲覧。
  14. ^ Cubs agree to 2010 contracts with five arbitration-eligible players”. MLB.com Cubs Press Release (2010年1月19日). 2014年2月18日閲覧。
  15. ^ Cubs acquire outfielder Evan Crawford from San Francisco for infielder Mike Fontenot”. MLB.com Cubs Press Release (2010年8月11日). 2014年2月18日閲覧。
  16. ^ Mike Fontenot to DL”. KFFL (2011年5月26日). 2014年2月18日閲覧。
  17. ^ Chris Haft (2011年12月13日). “Giants sign Fontenot, non-tender Keppinger”. MLB.com. 2014年2月18日閲覧。
  18. ^ Ben Nicholson-Smith (2012年3月30日). “Giants To Release Mike Fontenot”. MLB Trade Rumors. 2014年2月18日閲覧。
  19. ^ Phillies sign Fontenot”. MLB.com Phillies Press Release (2012年4月13日). 2014年2月18日閲覧。
  20. ^ Ronit Shah (2012年4月5日). “Phillies Release Mike Fontenot”. MLB Daily Dish. 2014年2月18日閲覧。
  21. ^ Rays sign six to Minor League contracts”. MLB.com Rays Press Release (2012年11月29日). 2014年2月18日閲覧。
  22. ^ Bill Ladson (2014年1月9日). “Nats add Carroll, Fontenot to mix on Minors pacts”. MLB.com. 2014年2月18日閲覧。
  23. ^ Jeff Todd (2014年3月28日). “Rays To Sign Mike Fontenot”. MLB Trade Rumors. 2014年4月4日閲覧。