マイク・ボルセンブローク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • マイク・ボルセンブローク
  • マイク・ボルセンブルック
  • マイク・ボルセンブルク
マイク・ボルセンブローク
Mike Bolsenbroek
レーゲンスブルク・レギオネーレ #20
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 ヘルダーラント州アペルドールン
生年月日 (1987-03-11) 1987年3月11日(31歳)
身長
体重
6' 8" =約203.2 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト42巡目でフィラデルフィア・フィリーズから指名
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドイツの旗 ドイツ代表
オランダの旗 オランダ代表
WBC 2013年予選2017年
プレミア12 2015年
獲得メダル
オランダの旗 オランダ
ヨーロッパ野球選手権大会
2014 野球
2016 野球
ハーレムベースボールウィーク
2016 野球
フランス国際野球大会
2014 野球
2016 野球

マイク・ボルセンブロークMike Bolsenbroek1987年3月11日 - )は、オランダ王国ヘルダーラント州アペルドールン出身のプロ野球選手(投手)。現在は、ドイツの国内リーグである野球ブンデスリーガレーゲンスブルク・レギオネーレに所属している。

「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」では、「マイク・ボルセンブルック」と表記された[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1987年3月11日にオランダヘルダーラント州アペルドールンで生まれる[2]

その後、渡米しエル・モデナ高等学校に進学する[2]。高校卒業後はサンタ・アナ短期大学に進学している[2]

2006年のMLBドラフトシカゴ・ホワイトソックスにドラフト41巡目で指名された[2]が、契約には至らなかった。同年はHSVスティーラーズでプレーしている[2]

2007年のMLBドラフトで再度シカゴ・ホワイトソックスに26巡目指名された[2]が、またしても契約には至らなかった。

プロ入りとフィリーズ傘下時代[編集]

2008年のMLBドラフトフィラデルフィア・フィリーズにドラフト42巡目指名され[2]、契約を結びプロ入りを果たした。

同年は傘下ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・フィリーズでプレーした。5試合に登板し、0勝1負、防御率1.42、5奪三振を記録した[2]

2009年は前年同様に傘下ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・フィリーズでプレーした。同チームでは16試合に登板し、2勝2負3セーブ、防御率2.03、30奪三振を記録した[2]。その後、傘下ショートシーズンAのウィリアムズポート・クロスカッターズでプレーした。同チームでは2試合に登板し、0勝0負1セーブ、防御率1.93、6奪三振を記録した[2]

2010年は傘下Aのレイクウッド・ブルークロウズでプレーした。18試合(2試合で先発)登板し、0勝1負、防御率3.38、23奪三振を記録した[2]

ドイツ球界時代[編集]

フィリーズ退団後はドイツの国内リーグである野球ブンデスリーガレーゲンスブルク・レギオネーレでプレーしている。

2012年9月に第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)予選ドイツ代表に選出された[3]。ボルセンブローク自身はオランダ人だが、ドイツの市民権をもっているため選出された。9月21日のチェコ戦で先発登板し、勝ち投手となっている[4]

2014年9月2日に第1回フランス国際野球大会オランダ代表に選出された[5]。同大会でオランダ代表は初代優勝国となった[6]

大会終了後の12日に第33回ヨーロッパ野球選手権大会オランダ代表に選出された[7]。同大会ではオランダ代表が大会の記録である自国の20回の優勝を塗り替える3大会振り21度目の優勝を果たした[8]

2015年開幕前には「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の暫定メンバーになっていたものの正式メンバーには選出されなかった。しかし、リック・バンデンハークアンドリュー・ジョーンズが辞退したため、急遽チェコ代表ヤコブ・スラデックと共に追加メンバーとして選出された[9]事が、3月4日に発表された[1]。この試合には既に、自チームから投手コーチのマルティン・ブルナーがコーチングスタッフとして欧州代表に選出されている他に、第3回WBC予選のドイツ代表で共にプレーしたルーク・ゾマーが選出され、第33回ヨーロッパ野球選手権大会のオランダ代表で共にプレーしたディエゴマー・マークウェルロブ・コルデマンストム・ストイフバーゲンオーランド・イェンテマケビン・ベジスティックダシェンコ・リカルドジアニソン・ボックハウトクルト・スミスマイケル・ダースマカリアン・サムスユレンデル・デキャスターが選出されていた。ただ、登板することは無かった。

6月30日に第15回ワールドポート・トーナメントのオランダ代表に選出された[10]

オフの10月12日に第1回WBSCプレミア12オランダ代表候補選手36名に選出され[11]、10月20日に第1回WBSCプレミア12のオランダ代表選手28名に選出された[12]

2016年7月9日に第28回ハーレムベースボールウィークオランダ代表に選出された[13]

オフの8月25日に第2回フランス国際野球大会オランダ代表に選出された[14]。9月7日に第34回ヨーロッパ野球選手権大会のオランダ代表に選出された[15]。両大会で優勝を果たした[16]

10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」のオランダ代表に選出された[17]

2017年開幕前の2月7日に同年のアメリカ遠征のオランダ代表に選出された[18]2月9日第4回WBCオランダ代表に選出された[19]。オフの10月13日にイタリア代表との親善試合である「ヨーロピアン・ベースボール・シリーズ」のオランダ代表に選出された[20]

詳細情報[編集]

代表歴[編集]

ドイツ代表
オランダ代表

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」出場選手変更について 侍ジャパン公式サイト (2015年3月4日) 2015年3月5日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k Baseball Reference (Minors)
  3. ^ 2012 Qualifier Roster[リンク切れ] The official site of World Basebll Classic (英語) 2015年3月5日閲覧 [リンク切れ]
  4. ^ Germany 16, Czech Republic 1 The official site of World Baseball Classic (英語) (2012年9月21日) 2015年3月5日閲覧
  5. ^ Roger Bernadina in EK-selectie Nederland[リンク切れ] de Nederlandse honkbalsite (オランダ語) (2014年9月2日) 2015年3月5日閲覧
  6. ^ Nederland wint France International Baseball Tournament[リンク切れ] KNBSB (オランダ語) (2014年9月10日) 2015年3月20日閲覧
  7. ^ Nederlands honkbalteam opent EK tegen Kroatië[リンク切れ] The Royal Dutch Baseball and Softball Association official site (オランダ語) (2014年9月11日) 2015年3月5日閲覧
  8. ^ Netherlands 2014 European Baseball Champion 欧州野球連盟公式サイト (英語) (2014年9月21日) 2015年3月5日閲覧
  9. ^ Mike Bolsenbroek fliegt mit der Europaauswahl nach Japan レーゲンスブルク・レギオネーレ公式サイト (ドイツ語) (2015年2月25日) 2015年3月5日閲覧
  10. ^ Steve Janssen maakt selectie voor WPT bekend[リンク切れ] KNBSB (オランダ語) (2015年6月30日) 2015年8月1日閲覧
  11. ^ Bernadina en Jones in selectie voor Premier 12[リンク切れ] de Nederlandse honkbalsite (オランダ語) (2015年10月12日) 2015年10月20日閲覧
  12. ^ Definitieve selectie Kingdom of the Netherlands voor de Premier12[リンク切れ] KNBSB (オランダ語) (2015年10月20日) 2015年10月20日閲覧
  13. ^ Garia en de Caster meest opvallende namen in selectie Honkbalweek KNBSB (オランダ語) (2016年7月9日) 2016年7月17日閲覧
  14. ^ Rob Cordemans met Koninkrijksteam naar Sénart Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2016年8月25日) 2016年11月8日閲覧
  15. ^ Bernadina voor EK terug in nationale ploeg Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2016年8月25日) 2016年9月2日閲覧
  16. ^ Netherlands win European Championship 2016 The official site of Confederation of European Baseball (英語) (2016年9月18日) 2016年11月8日閲覧
  17. ^ [1] KNBSB Nieuws - Facebook (2016年10月18日) 2016年11月8日閲覧
  18. ^ Selectie Koninkrijksteam voor trainingskamp Arizona Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2017年2月7日) 2017年3月7日閲覧
  19. ^ Tien hoofdklassers in definitieve WBC-selectie Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2017年2月9日) 2017年3月3日閲覧
  20. ^ Opnieuw verschillende debutanten in Koninkrijksteam Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2017年10月13日) 2017年10月22日閲覧