マイク・モーガン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイク・モーガン
Mike Morgan
1981 Nashville Mike Morgan.jpg
AA級ナッシュビル・サウンズでの現役時代
(1981年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州トゥーレアリ郡トゥーレアリ英語版
生年月日 (1959-10-08) 1959年10月8日(59歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1978年 MLBドラフト1巡目
初出場 1978年6月11日
最終出場 2002年9月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・トーマス・モーガンMichael Thomas Morgan, 1959年10月8日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州トゥーレアリ郡トゥーレアリ英語版出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

1970年代(1978年)から2000年代(2002年)まで22年間現役でプレーした4ディケード選手でもある。

経歴[編集]

1978年6月のMLBドラフト1巡目(全体4位)でオークランド・アスレチックスから指名され、プロ入り。ドラフト直後の6月11日にマイナーを経験せずにメジャーデビューを果たす[1]も、0勝3敗に終わった。翌1979年も2勝10敗と力不足は明らかで、マイナー落ちした。

その後、シアトル・マリナーズでプレーの1986年に初の二桁勝利となる11勝を挙げるも、アメリカンリーグワーストとなる17敗を喫し、翌1987年も同じく17敗した。

ロサンゼルス・ドジャースでプレーの1990年にはナショナルリーグ最多の4完封を含む11勝、続く1991年は11年目にして初の勝ち越しとなる14勝10敗を記録し、オールスターにも選出された。シカゴ・カブスへ移籍した1992年には自己最多の16勝(リーグ3位)、防御率2.55と好投した。テキサス・レンジャーズでプレーの1999年には6年ぶりの二桁となる13勝を挙げている。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍し、4ディケード投手となった2000年は自己最多60試合に登板した。2001年は初めてワールドシリーズの檜舞台に立ち、4.2回を無失点に抑えた[2]。翌2002年に引退した。

投球スタイル[編集]

沈む速球とスライダーでゴロを打たせる投球を得意としていた[2]

詳細情報[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 15(1978年 - 1979年)
  • 39(1982年 - 同年途中)
  • 63(1982年 - 同年途中)
  • 30(1983年、1998年 - 同年途中)
  • 35(1985年 - 1986年、1992年 - 1995年途中)
  • 16(1987年)
  • 12(1988年)
  • 36(1989年 - 1991年、1995年途中 - 1996年途中、1997年途中 - 同年終了、1999年、2001年 - 2002年)
  • 31(1996年途中 - 1997年途中)
  • 38(1998年途中 - 同年終了)
  • 32(2000年)

脚注[編集]

  1. ^ Baltimore Orioles at Oakland Athletics Box Score, June 11, 1978” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年8月24日閲覧。
  2. ^ a b 出野哲也『改訂新版 メジャー・リーグ人名事典』言視舎、2013年、619頁。ISBN 978-4-905369-67-7。

関連項目[編集]