マイク・ロジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイケル・ マイク・ロジャース Portal:陸上競技
Pedros Cup 2015 Łódź, Mike Rodgers 02.jpg
ペドロカップ2015
選手情報
ラテン文字 Michael "Mike" Rodgers
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 60m, 100m
大学 アメリカ合衆国の旗 オクラホマ・バプティスト大学
生年月日 (1985-04-24) 1985年4月24日(34歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 ミズーリ州セントルイス
身長 176cm
体重 76kg
コーチ担当者 ダリル・ウッドソン
成績
オリンピック 4x100mR 決勝失格 (2016年)
世界選手権 100m 5位 (2015年)
4x100mR 2位 (2013年, 2017年)
国内大会決勝 全米選手権
100m 優勝 (2009年, 2014年)
最高世界ランク 100m 4位 9秒91 (2014年)
自己ベスト
60m 6秒48 (2011年)
100m 9秒85 (2011年)
200m 20秒24 (2009年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

マイク・ロジャース[1]Michael "Mike" Rodgers1985年4月24日 ‐ )は、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス出身の陸上競技選手。専門は短距離走で、100mの自己ベストはアメリカ歴代6位タイの9秒85。2013年モスクワ世界選手権2017年ロンドン世界選手権の男子4×100mリレーの銀メダリストである。マイク・ロジャーズとも呼ばれる[2]

経歴[編集]

2008年[編集]

2月24日の全米室内選手権男子60mを6秒54で制し、初の全国タイトルを獲得した[3]

3月7日のバレンシア世界室内選手権男子60mで世界大会初出場を果たすと、準決勝を6秒54の自己ベスト(当時)の自己ベストで突破。しかし、決勝では6秒57とタイムを落として4位に終わり、3位とは0秒03差でメダルを逃した[4]

2009年[編集]

6月7日にユージーンで行われたプレフォンテインクラシック男子100mで9秒94(+1.7)をマークし、初めて10秒の壁を突破すると[5]、同月26日の全米選手権男子100m決勝を9秒91(+3.1)で制して初優勝を成し遂げた[6]

8月のベルリン世界選手権には男子100mと4×100mリレーに出場。100mは準決勝まで進出するも組5着に終わり、決勝に進出できる組4着とは0秒03差で決勝進出を逃した[7]。4×100mリレーでは2走(テレンス・トランメル、ロジャース、ショーン・クロフォードダービス・パットン)を務めたが、3走と4走の間でオーバーゾーンがあり予選失格となった[8]

2010年[編集]

3月のドーハ世界室内選手権男子60mに出場すると、前回大会に続いて決勝に進出。決勝では6秒53をマークして2位に入り、自身初となる世界大会のメダルを獲得した[9]

2011年[編集]

6月24日の全米選手権男子100mで3位に入り、8月に行われる大邱世界選手権アメリカ代表の資格を得た[10]

7月19日のドーピング検査で陽性反応を示す。本人は禁止薬物の意図的な摂取を否定していたが、最終的には暫定的な資格停止処分を受け入れ、8月の世界選手権は欠場となった[11]。翌年にロジャースは2011年7月19日から2012年4月19日まで9ヶ月間の資格停止処分を受け入れた[12][13]

2012年[編集]

6月24日の全米選手権(ロンドンオリンピックトライアル)男子100m決勝で9秒94(+1.8)をマークするも、3位のライアン・ベイリーとは0秒01差の4位に終わり、ロンドンオリンピックの100m代表の座を逃した[14]。4位に入ったため4×100mリレー代表に選出されたが、左脚疲労骨折のため開幕式の3日前に代表から外れた[15]

2013年[編集]

8月のモスクワ世界選手権には男子100mと4×100mリレーに出場。100mでは予選で9秒98(-0.1)、準決勝で9秒93(+0.1)と連続で9秒台をマーク。自身初となる世界選手権決勝に進出するも、決勝ではタイムを落として10秒04(-0.3)の6位に終わった[16]。4×100mリレーは予選と決勝で2走(チャールズ・シルモン、ロジャース、ラキーム・サラーム英語版ジャスティン・ガトリン)を務めると、決勝ではジャマイカ(37秒36)にこそ敗れたものの、37秒66をマークしての銀メダル獲得に貢献した[17]

2015年[編集]

5月にナッソーで開催された世界リレーの男子4×100mに出場。予選と決勝で1走(ロジャース、ジャスティン・ガトリン、タイソン・ゲイ、ライアン・ベイリー)を務め、決勝では37秒38の大会記録をマーク[18]ウサイン・ボルト擁するジャマイカ(37秒68)を破り、2007年の世界選手権以来8年ぶりとなる世界大会同種目の金メダル獲得に貢献した。

8月の北京世界選手権には男子100mと4×100mリレーに出場。100mは準決勝を自己ベスト(9秒85)に迫る9秒86(+0.9)の全体2位で突破したが、決勝では9秒94(-0.5)とタイムを落とし、3位と0秒02差の5位でメダルを逃した[19]。4×100mリレーはアンカー(トレイボン・ブロメル、ジャスティン・ガトリン、タイソン・ゲイ、ロジャース)を務めると、決勝ではジャマイカ(37秒36)に次ぐ2位で当初はゴールしたが、ゲイとのバトンパスの際にオーバーゾーンがあったとして失格となった[20]

2016年[編集]

2月に今年から新設された世界室内ツアー(全4戦)男子60mに参戦すると、1戦目のカールスルーエ大会と2戦目のボストン大会で優勝するなど、4戦全てに出場して合計32ポイントを獲得。60mの初代ツアーチャンピオンに輝き、ツアーチャンピオンに与えられる3月のポートランド世界室内選手権の出場権(ワイルドカード)も獲得した[21]

3月のポートランド世界室内選手権男子60mに世界室内ツアーチャンピオンとして出場すると、予選を6秒57の組1着、準決勝を6秒51の組2着で突破。5年ぶりに決勝の舞台に立ったが、6秒54とタイムを落とし6位に終わった[22]

7月の全米選手権(リオデジャネイロオリンピックトライアル)に出場すると、男子100mは決勝で10秒00(+1.6)の4位に終わり、3位のマービン・ブレーシー英語版とは0秒02差で100m代表の座を逃した。200mは20秒94(-1.1)で準決勝敗退となり、個人種目でのアメリカ代表の座は逃したが、4×100mリレーのアメリカ代表に選出された[23][24]

8月のリオデジャネイロオリンピック男子4×100mリレーオリンピック初出場を果たすと、予選と決勝で1走を務め、ロジャース、ジャスティン・ガトリン、タイソン・ゲイ、トレイボン・ブロメルのオーダーで臨んだ決勝は37秒62をマークしての3位に貢献。初出場のオリンピックでメダルを獲得したかに思われたが、ロジャースとガトリンのバトンの受け渡しの際に、テークオーバーゾーン(バトンの受け渡しができる範囲)の手前でガトリンがバトンに触れたとして失格となった。失格の事実を知ったのは、ガトリン、ゲイと共にアメリカ国旗を身にまとい場内を一周している時だった(ブロメルは怪我のため不在)[25]

2017年[編集]

4月の世界リレー男子4×100mで2走を務め、38秒43で優勝(2連覇)に貢献した[26]

6月の全米選手権男子100mでは10秒17(-0.7)の6位に終わり、この種目でのロンドン世界選手権アメリカ代表の座は逃したが、男子4×100mリレーで代表入りを果たした[27][28]

8月のロンドン世界選手権男子4×100mリレーでは予選と決勝で1走を務め、ロジャース、ジャスティン・ガトリン、ジェイレン・ベーコン、クリスチャン・コールマンのオーダーで臨んだ決勝は37秒52をマークしての2位に貢献。優勝したイギリスに0秒05及ばなかったものの、この種目では2大会ぶりのメダルを獲得した[29]

人物・エピソード[編集]

  • 現在のコーチであるダリル・ウッドソンとの出会いは2007年の全米選手権。売店でホットドックを注文している時に話しかけられた。思うような結果を残せず陸上を止めようと考えていたロジャースだったが、ウッドソンに説得されて陸上を続けることにした[3]
  • レースには毎回トレードマークであるヘアバンドを身に着けて臨んでいる[30]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 9秒85 (+1.3) 2011年6月4日 アメリカ合衆国の旗 ユージーン アメリカ歴代6位タイ
200m 20秒24 (0.0) 2009年5月24日 ブラジルの旗 ベレン
室内
55m 6秒21 2011年1月22日 アメリカ合衆国の旗 ラボック
60m 6秒48 2011年2月27日 アメリカ合衆国の旗 アルバカーキ
200m 20秒83 2009年2月13日 アメリカ合衆国の旗 フェイエットビル

主要大会成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2008 ワールドアスレチック
ファイナル
 (en
ドイツの旗 シュトゥットガルト 100m 6位 10秒27 (+0.4)
世界室内選手権 スペインの旗 バレンシア 60m 4位 6秒57
2009 世界選手権 ドイツの旗 ベルリン 100m 準決勝 10秒04 (+0.2)
4x100mR 予選 DQ (2走) オーバーゾーン
ワールドアスレチック
ファイナル
 (en
ギリシャの旗 テッサロニキ 100m 4位 10秒09 (-0.2)
2010 世界室内選手権 カタールの旗 ドーハ 60m 2位 6秒53
2013 世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 100m 6位 10秒04 (-0.3)
4x100mR 2位 37秒66 (2走)
2014 コンチネンタルカップ (en モロッコの旗 マラケシュ 100m 2位 10秒04 (-0.1) アメリカ大陸代表
4x100mR 優勝 37秒97 (2走) アメリカ大陸代表
2015 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x100mR 優勝 37秒38 (1走) 大会記録
世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 100m 5位 9秒94 (-0.5)
4x100mR 決勝 DQ (4走) オーバーゾーン
2016 世界室内選手権 アメリカ合衆国の旗 ポートランド 60m 6位 6秒54
オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 4x100mR 決勝 DQ (1走) オーバーゾーン
2017 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x100mR 優勝 38秒43 (2走)
世界選手権 イギリスの旗 ロンドン 4x100mR 2位 37秒52 (1走)

世界ツアー[編集]

ダイヤモンドリーグと世界室内ツアーの総合成績を記載。獲得ポイント欄の( )内は出場したポイント対象レースの数を意味する。

大会 種目 総合順位 獲得ポイント
2013 ダイヤモンドリーグ 100m 5位 3 (2レース)
2014 ダイヤモンドリーグ 100m 2位 13 (5レース)
2015 ダイヤモンドリーグ 100m 3位 5 (4レース)
2016 世界室内ツアー 60m 優勝 32 (4レース)
ダイヤモンドリーグ 100m 4位 13 (3レース)
2018 世界室内ツアー 60m 2位 22 (4レース)

優勝したダイヤモンドリーグと世界室内ツアーの大会を記載(個人種目のみ)。金色の背景はポイント対象レースを意味する。

ツアー 大会 場所 種目 記録 備考
2013 ダイヤモンドリーグ アスレティッシマ スイスの旗 ローザンヌ 100m 9秒96 (+2.0) 大会終了後に3位から順位繰り上がり[注 1]
2014 ダイヤモンドリーグ ミーティングアレヴァ フランスの旗 パリ 100m 10秒00 (-0.8)
2016 世界室内ツアー ミーティング・カールスルーエ ドイツの旗 カールスルーエ 60m 6秒52
ニューバランス・グランプリ アメリカ合衆国の旗 ボストン 60m 6秒53
2018 世界室内ツアー マドリード・ミーティング スペインの旗 マドリード 60m 6秒63

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1位のタイソン・ゲイ、2位のアサファ・パウエルのドーピング処分により。

出典[編集]

  1. ^ 陸上=元全米100メートル王者、禁止薬物使用で9カ月出場停止”. ロイター (2012年3月2日). 2015年7月6日閲覧。
  2. ^ ボルトが男子100メートル準決勝へ、第14回世界陸上”. フランス通信社 (2013年8月11日). 2015年7月6日閲覧。
  3. ^ a b Rodgers, Oliver teleconference excerpts”. 全米陸上競技連盟 (2008年3月4日). 2016年2月20日閲覧。
  4. ^ 第12回世界室内選手権男子60m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2015年4月11日閲覧。
  5. ^ Phillips sails 8.74m in Eugene for best Long Jump in world since 1991 – IAAF World Athletics Tour”. 国際陸上競技連盟. 2015年4月11日閲覧。
  6. ^ 2009年全米選手権男子100m決勝リザルト”. アメリカ陸上競技連盟. 2015年4月11日閲覧。
  7. ^ 第12回世界選手権男子100m準決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2015年4月11日閲覧。
  8. ^ 日本 4x100メートルリレー決勝進出 米国は失格に、世界陸上ベルリン大会”. フランス通信社 (2009年8月22日). 2015年4月11日閲覧。
  9. ^ 第13回世界室内選手権男子60m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2015年4月11日閲覧。
  10. ^ 2011年全米選手権男子100m決勝リザルト”. アメリカ陸上競技連盟. 2015年4月11日閲覧。
  11. ^ 薬物陽性反応のロジャーズ 世界陸上欠場”. スポーツニッポン (2011年8月20日). 2015年4月11日閲覧。
  12. ^ 元全米100メートル王者…ロジャーズがドーピング違反処分受け入れ”. スポーツニッポン (2012年3月20日). 2015年4月11日閲覧。
  13. ^ US sprinter Mike Rodgers accepts nine-month ban”. BBC (2012年3月2日). 2015年4月11日閲覧。
  14. ^ 2012年全米選手権男子100m決勝リザルト”. アメリカ陸上競技連盟. 2015年4月11日閲覧。
  15. ^ Mike Rodgers says he relates to Tyson Gay's ordeal”. USAトゥデイ (2013年7月16日). 2016年2月21日閲覧。
  16. ^ 第14回世界選手権男子100m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2015年4月11日閲覧。
  17. ^ 第14回世界選手権男子4×100mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月5日閲覧。
  18. ^ 第2回世界リレー男子4×100m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月21日閲覧。
  19. ^ 第15回世界選手権男子100m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年2月21日閲覧。
  20. ^ ジャマイカが男子4×100mリレー制す、ボルトが3冠達成―第15回世界陸上”. フランス通信社 (2015年8月30日). 2015年8月30日閲覧。
  21. ^ IAAF World Indoor Tour winners book their place on the plane for Portland”. 国際陸上競技連盟 (2016年2月22日). 2016年3月5日閲覧。
  22. ^ 2016年世界室内選手権男子60m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月19日閲覧。
  23. ^ 2016年全米選手権フルリザルト”. 全米陸上競技連盟 (2016年). 2016年7月12日閲覧。
  24. ^ Five individual gold medalists, 84 first-time Olympians mark 2016 U.S. Olympic Track & Field Team”. 全米陸上競技連盟 (2016年7月11日). 2016年7月12日閲覧。
  25. ^ Report: men's 4x100m final – Rio 2016 Olympic Games”. 国際陸上競技連盟 (2016年8月19日). 2016年8月23日閲覧。
  26. ^ 2017年世界リレー男子4×100m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2017年4月22日). 2017年4月23日閲覧。
  27. ^ 2017年全米選手権リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年7月25日). 2017年7月25日閲覧。
  28. ^ Team USATF ready for repeat success in return to London”. 全米陸上競技連盟 (2017年7月24日). 2017年7月25日閲覧。
  29. ^ 2017年世界選手権男子4×100mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2017年8月13日). 2017年8月13日閲覧。
  30. ^ Report: men's 100m – IAAF Continental Cup, Marrakech 2014”. 国際陸上競技連盟 (2014年9月13日). 2016年9月2日閲覧。