マイケル・オルンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マイケル・オルンガ Football pictogram.svg
名前
本名 マイケル・オルンガ・オガダ
愛称 ミカ
ラテン文字 Michael Olunga
基本情報
国籍  ケニア
生年月日 (1994-03-26) 1994年3月26日(27歳)
出身地 ナイロビ
身長 193cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム カタールの旗 アル・ドゥハイルSC
ポジション FW (CF)
背番号 26
利き足 左足
ユース
2012-2016 ケニアの旗 リバティ・スポーツ・アカデミー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013 ケニアの旗 タスカー(loan) 15 (3)
2014 ケニアの旗 ティーカ・ユナイテッド(loan) 26 (9)
2015 ケニアの旗 ゴール・マヒア(loan) 27 (19)
2016 スウェーデンの旗 ユールゴーデン 27 (12)
2017-2018 中華人民共和国の旗 貴州智誠 9 (2)
2017-2018 スペインの旗 ジローナ(loan) 14 (3)
2018-2020 日本の旗 柏レイソル 72 (58)
2021- カタールの旗 アル・ドゥハイル
代表歴2
2015-  ケニア 40 (18)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年12月19日現在。
2. 2019年11月14日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マイケル・オルンガMichael Olunga)こと、マイケル・オルンガ・オガダMichael Olunga Ogada1994年3月26日 - )は、ケニアナイロビ出身のサッカー選手カタール・スターズリーグアル・ドゥハイルSC所属。ケニア代表。ポジションはフォワード

日本での登録名はオルンガ2020年のJ1リーグ得点王及び最優秀選手賞受賞者。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ケニア[編集]

アッパー・ヒル・スクール在学中にナイロビ・カウンティ・リーグに参戦するリバティ・スポーツ・アカデミーで選手となった。2012シーズンに32得点を決めて無敗でナイロビ州リーグへの昇格を決めた[1][2]。1試合で7得点を決めて8-0の勝利の立役者となった事もあって[3]、フランスでのトライアルに参加すると報じられたが、2012年12月19日にケニアン・プレミアリーグのタスカーFCに1年契約のレンタル移籍で加入した[4]

2013シーズンを3得点で終え、2014シーズンはティーカ・ユナイテッドFCにレンタル移籍[5]。2015シーズンはゴール・マヒアFCにレンタル移籍した[6]。このシーズンは19得点を獲りリーグ得点王に輝いた他、クラブも無敗で15回目のリーグ制覇を成し遂げ、最終節まで得点を重ねて大きく貢献した[7]

ユールゴーデン[編集]

トライアルを経て2016年2月17日に4年契約でアルスヴェンスカンユールゴーデンIFに移籍[8][9]。8月8日に行われたIFKヨーテボリ戦でスウェーデンでの初得点を記録した他、2得点目も獲得し3-1の勝利に貢献した[10]。この試合でMoMに選出され[11]、監督からも絶賛された[12]。次節のIFエルフスボリ戦でも得点し2-2の引分に持ち込むと[13][14]、27日のゲフレIF戦でも86分に決勝点を決めた。最後の12節で12得点を決めて得点王ランキング5位につけた[15]。同年のアルスヴェンスカン年間最優秀ニューカマーにノミネートされたが、受賞はアレクサンデル・イサクだった。

2016年11月10日にケニアのサイトであるSokaは、ユールゴーデンがレアル・ベティススポルティング・ロケレンクラブ・ブルッヘマルメFFからのオファーを断ったと報じた[16]。2017年1月12日にはトルコからガラタサライSKヴィッセル神戸に加入するルーカス・ポドルスキの後釜として考えていると報じられた[17]

貴州智誠[編集]

2017年1月24日に中国サッカー・スーパーリーグ貴州智誠へ移籍。しかし9月1日にリーガ・エスパニョーラジローナFCに1年のレンタル移籍が決定した[18]

ジローナ[編集]

ジローナでは2018年1月13日に行われたUDラス・パルマス戦にて後半途中出場ながら初ゴールを含めたハットトリックと初アシストを記録したが、ゴール・アシスト共にこの試合のみとなった。ジローナ在籍中には、後に名古屋グランパスでプレーすることになるレバンテUDミチェル・ランゲラクと対戦経験がある[19]

柏レイソル[編集]

2018年8月10日Jリーグ柏レイソルへの完全移籍加入が発表された[20]。背番号は26。なお、この移籍によりケニア人初のJリーガーとなった[21]。8月19日のJ1第23節・磐田戦にて途中出場でJリーグデビュー。8月25日の第24節・長崎戦で移籍後初ゴールを記録した。同シーズンは3得点をマークしたが、チームは17位に終わりJ2リーグ降格となった。

2019年も柏に残留。7月終了時点では8得点であったが、8月10日のJ2第27節・山口戦にてJリーグでは初のハットトリックを達成[22] するなど、8月のリーグ戦で6得点2アシストの成績を残し、月間MVPを受賞した[23]。その後もゴールを量産し、中でも11月24日の最終節京都戦では、前半だけで同シーズン2度目のハットトリックを達成すると、後半もゴールを量産し最終的に1試合8得点を記録。Jリーグの1試合最多得点記録保持者となった[24][注釈 1]。代表活動による離脱などでリーグ戦30試合の出場にとどまった中、最終的に1位・レオナルドとは1点差の得点ランキング2位となる27得点を記録。柏のJ2優勝および1年でのJ1復帰に貢献した[26]

オフには移籍の可能性がケニア紙によって報道されたが[26]、2020年も柏に残留した。7月18日の第5節・湘南戦から8月19日の第11節・神戸戦にかけてはJ1史上9人目となる7試合連続ゴールを記録し[27]、その中の7月26日の第7節・仙台戦では、J1では初のハットトリックを達成した[28]。8月中の試合で6試合6得点(うち前述の連続ゴール中に3得点)をマークした事が評価され、同月度の月間MVPを受賞した[29]。最終的にチームはリーグ7位だったものの32試合の出場で2位に10点差をつける28得点を記録しJ1リーグ得点王となり、JリーグMVPにも輝いた[30]。アフリカ人がMVPを獲得したのはJリーグ史上初の事例となった[31]

2020年12月27日には国際サッカー連盟 (FIFA) が公式サイト上での特集「A year to remember for five little-known hotshots」(世界的にあまり知られていない5人のストライカー)の一人[注釈 2]にピックアップした[32]

アル・ドゥハイル[編集]

シーズン終了後、カタールメディアからカタールアル・ドゥハイルSCへの移籍が取り沙汰され[33]、2021年1月4日のルヴァンカップ決勝への出場も危ぶまれたが、試合には出場する事が出来た。

2021年1月12日23時53分、アル・ドゥハイルよりアル・サッド戦に向けたスターティングメンバーに名を連ねるという形で異例の加入発表がなされ[34]、約1時間後の翌13日0時46分に柏側からも正式発表がされた[35]

2021年1月25日、国内カップのアル・アハリ戦で移籍後3試合目で初ゴールを記録した。また、同試合でハットトリックを達成した。

AFCチャンピオンズリーグ2021ではグループステージにて2位となり、2位同士の成績により敗退となるも、グループステージの6戦で9得点を挙げ西地区終了時点でのトップスコアラーとなった[36]

代表[編集]

ケニア代表としては2015年3月28日に行われたセーシェル代表との親善試合で初出場を飾った[37]。同年6月7日に行われた南スーダン代表戦で代表初得点を記録。

人物[編集]

ケニア技術大学英語版地球情報学を学び、2013年に工学士を取得した。このため、ケニアのファンからは「エンジニア」の愛称で呼ばれている[38]

プレースタイルのモデルはロビン・ファン・ペルシと述べている[39]

柏レイソルでのチャント(応援歌)は『ジャンボ・ブワナ英語版』であり、本人は自分の応援歌をとても気に入っている。FIFA公式サイトのインタビューにて自身のチャントについて「あの曲は普段ケニアに来た外国人に対するウェルカムソングとしてケニア人が歌っているもの。きっとファンがスワヒリ語の有名な曲を探して見つけたと思うんだけど、あの曲を聴いたとき本当に気に入ったんだ、何故なら自分の文化を表す曲だから。スワヒリ語で歌ってもらうとチームに対してもっと貢献しようと思えて、あのチャントは本当に好きだ」[40] と語っている。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ケニア リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
スウェーデン リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2016 ユールゴーデン 17 アルスヴェンスカン 27 12 0 0 - 27 12
中国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2017 貴州恒豊 中国超級 9 2 - 0 0 9 2
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
2017-18 ジローナ 14 プリメーラ 14 3 2 0 - 16 3
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2018 26 J1 10 3 0 0 0 0 10 3
2019 J2 30 27 3 2 0 0 33 29
2020 14 J1 32 28 3 1 - 35 29
カタール リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2020-21 アル・ドゥハイル 26 スターズ
通算 スウェーデン アルスヴェンスカン 27 12 0 0 - 27 12
中国 中国超級 9 2 - 0 0 9 2
スペイン プリメーラ 14 3 2 0 - 16 3
日本 J1 42 31 3 1 0 0 45 32
日本 J2 30 27 3 2 0 0 33 29
総通算 122 75 8 3 0 0 208 78

記録[編集]

代表歴[編集]

代表での得点一覧[41]

No 日附 場所 対戦相手 得点 結果 大会
1. 2015年6月7日 ルワンダの旗 キガリ・アマホロ・スタジアム  南スーダン 2-0 2-0 親善試合
2. 2015年5月30日 ザンビアの旗 ルサカナショナル・ヒーローズ・スタジアム  ザンビア 0-1 2-1 アフリカネイションズカップ2017予選・グループE
3. 2015年10月7日 モーリシャスの旗 ベル・ヴュー・アレル・スタッド・アンジャレ  モーリシャス 2-5 2-5 2018 FIFAワールドカップ・アフリカ1次予選
4. 2015年11月13日 ケニアの旗 ナイロビ・ナイロビ・シティ・スタジアム  カーボベルデ 1–0 1–0
5. 2015年11月22日 エチオピアの旗 アディスアベバアディスアベバ・スタジアム  ウガンダ 2–0 2–0 CECAFAカップ2015
6. 2015年11月25日 エチオピアの旗 アワッサ・アワッサ・ケネマ・スタジアム  ブルンジ 1–1 1–1
7. 2016年10月4日 コンゴ民主共和国の旗 キンシャサスタッド・デ・マルティール  コンゴ民主共和国 0-1 0-1 親善試合
8. 2017年3月23日 ケニアの旗 マチャコス・ケニャッタ・スタジアム  ウガンダ 1–0 1–1
9. 2017年3月26日 ケニアの旗 マチャコス・ケニャッタ・スタジアム  コンゴ民主共和国 1–0 2–1
10. 2–1
11. 2017年6月10日 シエラレオネの旗 フリータウンフリータウン・ナショナル・スタジアム  シエラレオネ 2-1 2-1 アフリカネイションズカップ2019予選・グループF
12. 2017年10月5日 イラクの旗 バスラバスラ・スポーツシティ  イラク 1–2 1–2 親善試合
13. 2018年3月27日 モロッコの旗 マラケシュスタッド・ド・マラケシュ  中央アフリカ共和国 2–3 2–3
14. 2018年10月14日 ケニアの旗 ナイロビ・モイ国際スポーツセンター  エチオピア 1–0 3–0 アフリカネイションズカップ2019予選・グループF
15. 2019年6月15日 スペインの旗 マドリード・セントロ・デポルティーボ・サンタアナ  コンゴ民主共和国 1–0 1–1 親善試合
16. 2019年6月27日 エジプトの旗 カイロ・6月30日スタジアム  タンザニア 1–1 3–2 アフリカネイションズカップ2019
17. 3–2
18. 2019年11月14日 エジプトの旗 アレクサンドリアボルグ・エル・アラブ・スタジアム  エジプト 1–1 1–1 アフリカネイションズカップ2021予選・グループG

タイトル[編集]

クラブ[編集]

タスカー
  • ケニアン・スーパーカップ: 2013
  • KPLトップ8カップ: 2013
ゴール・マヒア
  • ケニアン・プレミアリーグ: 2015
  • ケニアン・スーパーカップ: 2015
  • KPLトップ8カップ: 2015
柏レイソル

個人[編集]

  • ケニアン・プレミアリーグ年間最優秀選手賞:1回(2015)
  • J1リーグMVP :1回(2020
  • J1リーグ・ベストイレブン:1回(2020)
  • J1リーグ・得点王:1回(2020)
  • J1リーグ・月間MVP:1回(2020.8)
  • J2リーグ・月間MVP:1回(2019.8)

脚注・出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これまでの1試合得点記録はJ2では4得点(宇佐美貴史乾貴士ら13人)、J1では5得点(エジウソン中山雅史野口幸司呂比須ワグナー)、J1・J2入れ替え戦にてバレーが6得点[25]
  2. ^ その他の4人はキューバ出身のマルセル・エルナンデス英語版CSカルタヒネス/40試合31ゴール)、デンマーク出身のカスパー・ユンカーFKボデ/グリムト/25試合27ゴール)、アルゼンチン出身のラミロ・ロッカ(CSDムニシパル/27試合26ゴール)、エストニア出身のラウノ・サピネン英語版FCフローラ・タリン/28試合26ゴール)。

出典[編集]

  1. ^ Patrick Korir (2012年11月2日). “Schools' MVP heading to France”. Futaa.com. 2015年11月1日閲覧。
  2. ^ Wilson Mathu (2012年11月29日). “Promoted Liberty embrace the challenge”. Futaa.com. 2015年11月1日閲覧。
  3. ^ Olunga rakes in millions from Djurgardens deal”. 2018年1月9日閲覧。
  4. ^ Patrick Korir (2012年12月19日). “Liberty loans Schools' MVP to Tusker”. Futaa.com. 2015年11月1日閲覧。
  5. ^ Mercy Njueh (2014年1月31日). “Thika United sign Michael Olunga”. Futaa.com. 2015年11月1日閲覧。
  6. ^ Mercy Njueh (2015年1月7日). “Wafula, Olunga set for Gor move”. Futaa.com. 2015年11月1日閲覧。
  7. ^ Seth Willis (2015年11月1日). “Gor Mahia 2-0 Muhoroni Youth: Unbeaten K'Ogalo”. Goal.com. 2015年11月1日閲覧。
  8. ^ Klart: "Ingenjören" till Djurgården - fyraårskontrakt påskrivet” (Swedish). Fotbollskanalen Europa (2016年2月17日). 2016年2月17日閲覧。
  9. ^ http://www.bbc.co.uk/sport/football/35598506
  10. ^ Finally…Olunga ends goal drought in Sweden” (English). Goal Kenya (2016年8月8日). 2016年8月8日閲覧。
  11. ^ Olunga on a brace as Djurgardens thumps Gotenborg”. 2018年1月9日閲覧。
  12. ^ Dempsey full of praise for Olunga”. 2018年1月9日閲覧。
  13. ^ http://www.soka.co.ke/stars-abroad/item/olunga-on-the-mark-again-as-elfsborg-hold-djurgardens
  14. ^ Olunga on target again as Swedish side held” (English). Goal.com Kenya edition (2016年8月14日). 2016年8月14日閲覧。
  15. ^ Klart: Skytteligan 2016” (Swedish). fotbollssvenskan.se (2016年11月11日). 2016年11月11日閲覧。
  16. ^ Klart: Skytteligan 2016” (English). soka.co.ke (2016年11月10日). 2016年11月11日閲覧。
  17. ^ Olunga in Galatasaray radar” (English). soka.co.ke (2016年11月10日). 2017年1月12日閲覧。
  18. ^ Olunga completa l’atac del Girona” [Olunga completes the attack of Girona] (カタルーニャ語). Girona FC (2017年9月1日). 2017年9月2日閲覧。
  19. ^ Jリーグで活躍する外国籍選手たちが、自宅から彼らの”今”を発信するトーク番組「J.LEAGUE CHAT」
  20. ^ オルンガ選手 移籍加入のお知らせ, , 柏レイソル, (2018年8月10日), https://www.reysol.co.jp/news/topteam/001244.html 2018年8月11日閲覧。 
  21. ^ 初のケニア人Jリーガー誕生 柏、大型FWオルンガ加入を発表「役割は得点を獲ること」”. Sponichi Annex (2018年8月10日). 2018年8月11日閲覧。
  22. ^ “2019明治安田生命J2リーグ 第27節 オルンガ 選手(柏)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年8月10日), https://www.jleague.jp/release/post-59812/ 2020年1月23日閲覧。 
  23. ^ J2受賞者 柏レイソル FW26オルンガ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年9月14日). 2019年9月15日閲覧。
  24. ^ “柏がJ最多の1試合13得点 オルンガはJ新の8ゴール 左足3、右足2、頭2、背中1得点”. スポーツ報知. (2019年11月24日). https://hochi.news/articles/20191124-OHT1T50163.html 2019年11月24日閲覧。 
  25. ^ オルンガが魅せた驚愕のゴールショー! 過去の記録を大幅に更新する歴史的なゴールラッシュに!【Jリーグ】”. J.LEAGUE.jp (2019年11月27日). 2020年1月23日閲覧。
  26. ^ a b 「オルンガは退団へ?」 “歴史的”柏エースの移籍を母国紙指摘「別の国へのヒントを…」”. FootballZONE (2019年12月25日). 2020年1月23日閲覧。
  27. ^ 柏・オルンガ 7試合連続ゴール、J1記録に王手 ネルシーニョ監督期待「続けてほしい」”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2020年8月19日). 2020年9月12日閲覧。
  28. ^ “2020明治安田生命J1リーグ 第7節 オルンガ 選手(柏)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年7月26日), https://www.jleague.jp/release/post-63892/ 2020年9月12日閲覧。 
  29. ^ J1受賞者 柏レイソル FW14オルンガ:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年9月11日). 2020年9月12日閲覧。
  30. ^ 得点王オルンガ、7位柏からMVP選出 歴史的Vの川崎F勢押しのけて選ばれた理由とは スポニチ 2020年12月22日
  31. ^ アフリカ人選手のMVPはJ史上初! サッカーダイジェスト 2020年12月22日
  32. ^ A year to remember for five little-known hotshots”. FIFA.com (2020年12月27日). 2020年12月30日閲覧。
  33. ^ 今季得点王&MVPのオルンガ、カタール1部アル・ドゥハイルへ移籍か…現地紙が報道”. サッカーキング. サッカーキング (2020年12月28日). 2021年1月13日閲覧。
  34. ^ “[https://twitter.com/DuhailSC/status/1349006598090448896 قائمة #الدحيل أمام السد الاسبوع 14]”. Twitter (2021年1月13日). 2021年1月13日閲覧。
  35. ^ オルンガ選手 アル・ドゥハイルSCに移籍, , 柏レイソル, (2021年1月13日), https://reysol.co.jp/news/topteam/033827.html 2021年1月13日閲覧。 
  36. ^ グループ敗退で得点王も!? 6戦9発、ACLでもやっぱり別格だったオルンガ”. フットボールチャンネル. フットボールチャンネル (2021年5月1日). 2021年5月30日閲覧。
  37. ^ Vincent Opiyo (2015年4月1日). “Seychelles vs Kenya; Nine earn senior team debuts”. Futaa.com. 2015年11月1日閲覧。
  38. ^ TU-K Student Causing Ripples in 2015 CECAFA Challenge”. Technical University of Kenya. 2015年11月1日閲覧。
  39. ^ Olunga, the Footballing Engineer”. Technical University of Kenya. 2015年11月1日閲覧。
  40. ^ FIFA.com. “FIFA World Cup 2022™ - News - Kashiwa's King Olunga eyes history with Kenya - FIFA.com” (英語). www.fifa.com. 2020年8月21日閲覧。
  41. ^ Olunga, Michael”. National Football Teams. 2017年2月9日閲覧。

関連項目[編集]