マイケル・ガーデナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・ガーデナー
Michael Gardener
Michael gardener.jpg
引退
ポジション(現役時) G
身長(現役時) 183cm  (6 ft 0 in)
体重(現役時) 78kg (172 lb)
基本情報
ラテン文字 Michael Gardener
英語 Michael Gardener
誕生日 (1981-08-27) 1981年8月27日(36歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州
ドラフト  

マイケル・ガーデナーMichael Gardener1981年8月27日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身のプロバスケットボール選手である。ポジションはガード。183cm、78kg。スピードのあるドリブルを武器に得点、アシストを量産する。

来歴[編集]

テキサス農工大学、サウスイーストルイジアナ大学から2005年にニュージーランドNBLのカンタベリー・ラムズに入団。

2007年、bjリーグの新規参入球団であるライジング福岡に移籍。

1シーズン目でのプレイオフ進出に貢献するとともにサークルKサンクス 週間MVP・月間MVPも獲得。

2008年、浜松・東三河フェニックスへ移籍。1試合平均6.52本でアシスト王を獲得、得点もリーグ3位の1試合平均25.52点を記録し、ベスト5にも選出された。チームはイースタンカンファレンス1位でプレイオフに進出したが、カンファレンスファイナルで敗れてシーズン3位。

2009年、高松ファイブアローズへ移籍。1試合平均7本のアシストで、2シーズン連続でアシスト王を獲得。2011年、秋田ノーザンハピネッツと契約。秋田では中心選手として2年目のチームの躍進を支えたが、12月11日の宮崎戦で肋骨を骨折、12月19日に契約解除となった。

エピソード[編集]

  • 浜松・東三河在籍時にトリプルダブルを2度達成している。
  • 2009年11月28日の大阪戦で残り1秒から決勝の3ポイントシュートを決めた。この活躍などで高松ファイブアローズブースターが選ぶ11月の月間MVPを受賞した。[1]

記録[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
bjリーグ 2007-08 福岡 42 31.8 .404 .313 .607 4.9 4.9 2.1 0.0 2.5 18.4
bjリーグ 2008-09 浜松 52 52 32.5 .411 .344 .730 5.4 6.5 2.3 0.1 3.8 25.5
bjリーグ 2009-10 高松 44 42 36.7 .369 .290 .669 5.6 7.0 1.7 0.1 4.6 21.3
bjリーグ 2011-12 秋田 16 16 31 .459 .308 .736 5.8 5.6 1.7 0 4.1 19.4
  • bjリーグ
    • ベスト5(2008-09)
    • 得点3位(2008-09)
    • アシスト1位(2008-09、2009-10)
    • スティール2位(2007-08、2008-09)
    • 月間MVP(2008年4月、2009年1月)
    • 週間MVP(2007年11月17・18日、2008年4月20日、2008年12月20・21日)
bjリーグ1試合最多アシスト 
bjリーグ1試合最多3ポイントシュート成功数 

脚注[編集]

関連項目[編集]