マイケル・ジャクソン 愛と哀しみの真実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

マイケル・ジャクソン 愛と哀しみの真実(マイケル・ジャクソン あいとかなしみのしんじつ)は、2009年12月16日日本テレビ系列で19:56 - 21:54(JST)に放送された、マイケル・ジャクソンドキュメンタリー番組。

概要[編集]

2009年6月25日、マイケルは突然の死を遂げてしまう。日本テレビでは追悼番組としてこの番組を制作することになり、マイケル・ジャクソンの1993年の性的虐待疑惑とその疑惑についての裁判(後のマイケル・ジャクソン裁判)を中心に、当時の関連人物とのインタビューを交えながら、当時の出来事を再現VTRで紹介するというものだった。
エンディングでは、マイケルの代表曲である『スリラー』のPV映像が流された。

出演者[編集]

  • マイケル・ジャクソン:カーロ・ライリー(吹き替え:白鳥哲

インタビュアー[編集]

関連項目[編集]