マイケル・バー=ゾウハー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マイケル・バー=ゾウハー(Michael Bar-Zohar 1938年1月30日 - )はスパイ小説で知られるイスラエルの作家、ノンフィクション作家、歴史家、政治家である。

プロフィール[編集]

ブルガリアで生まれ、ナチスの迫害を恐れた家族と共にイスラエルに移住。ヘブライ大学で学び、パリ大学で博士号取得。イスラエルで新聞社の特派員となり1967年にはイスラエル国防相の報道官を務めた。1973年の第三次・第四次中東戦争に従軍し、その後はハイファ大学で教え、イスラエルの国会議員なども務めた。

1973年に『過去からの狙撃者』でデビュー、多数のスパイ小説を書くが、1993年の『影の兄弟』を最後に、以後15年、小説を発表しなかった。代わりに、ミュンヘン・オリンピックにおけるテロを扱った『ミュンヘン―オリンピック・テロ事件の黒幕を追え』など、ノンフィクションを書いた。

邦訳[編集]

  • 『過去からの狙撃者』村社伸訳 ハヤカワ文庫 1978
  • 『二度死んだ男』田村義進訳 ハヤカワ文庫 1978
  • 『エニグマ奇襲指令』田村義進訳 ハヤカワ文庫 1980
  • 『パンドラ抹殺文書』広瀬順弘訳 ハヤカワ文庫 1981、のち新版
  • 『ファントム謀略ルート』広瀬順弘訳 ハヤカワ文庫 1982
  • 『復讐のダブル・クロス』広瀬順弘訳 ハヤカワ文庫 1983
  • 『ダッハウから来たスパイ』水木光訳 ハヤカワ文庫 1986
  • 『真冬に来たスパイ』広瀬順弘訳 ハヤカワ文庫 1986
  • 『無名戦士の神話』広瀬順弘訳 ハヤカワ文庫 1988
  • 『復讐者たち』広瀬順弘訳 ハヤカワ文庫 1989、のち新版
  • 『悪魔のスパイ』広瀬順弘訳 早川書房 1991、のち文庫
  • 『影の兄弟』(上下) 広瀬順弘訳 早川書房 1995、のち文庫
  • 『ベルリン・コンスピラシー』横山啓明訳 ハヤカワ文庫 2010

共著[編集]

  • 『ミュンヘン オリンピック・テロ事件の黒幕を追え』アイタン・ハーバー共著 横山啓明訳 ハヤカワ文庫 2006
  • 『モサド・ファイル イスラエル最強スパイ列伝』ニシム・ミシャル共著 上野元美訳 早川書房 2013、のち文庫
  • 『秘録イスラエル特殊部隊 中東戦記1948-2014』ニシム・ミシャル共著 上野元美訳 早川書房 2018

関連項目[編集]