マイケル・ヒックマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・ヒックマン Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Michale Hickman
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1946-10-02) 1946年10月2日(70歳)
出身地 サリー州エルステッド英語版
選手情報
ポジション FW/MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1966-1968 イングランドの旗 ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC 15 (0)
1968-1974 イングランドの旗 グリムズビー・タウンFC 254 (48)
1974-1976 イングランドの旗 ブラックバーン・ローヴァーズFC 26 (8)
1975-1977 イングランドの旗 トーキー・ユナイテッドFC 17 (1)
監督歴
1978-1982 イングランドの旗 トーキーU・ユース・サテライトコーチ
1982-1983 オーストラリアの旗 マルコーニ・スタリオンズFC英語版アシスタント
1983-1987 オーストラリアの旗 シドニー・シティーSC英語版アシスタント
1987-1988 オーストラリアの旗 シドニー・オリンピックFC英語版アシスタント
1988-1992 オーストラリアの旗 シドニー・オリンピックFC監督
1992 オーストラリアの旗 シドニー・ユナイテッドFC英語版監督
1990-1993 オーストラリアの旗 オーストラリアアシスタント
1993-1994 イングランドの旗 レディングFCフィットネス
1994-1995 イングランドの旗 レスター・シティフィットネス
1995-1998 イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズフィットネス
1999-2000 日本の旗 サンフレッチェ広島コーチ
2001-2002 オーストラリアの旗 ノーザン・スピリットFC英語版監督
1. 国内リーグ戦に限る。2008年3月13日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マイケル・フレデリック・トーマス・ヒックマン(Michale Fredrik Thomas Hickman、1946年10月2日 - )はイングランド出身の元サッカー選手、サッカー指導者[1]

一般的には、「Mike Hickman(マイク・ヒックマン)」か「Mick Hickman(ミック・ヒックマン)」として知られている。公式的な資料ではマイク/ミック両方共に使われており[2][3] 定まっていないこと、両方ともマイケルの愛称であること、Jリーグ登録時の名前がマイケル・ヒックマン表記であるため検証可能性の観点、以上3つのことから本表題ではマイケル表記とする。

来歴[編集]

サリー州エルステッド英語版生まれ[4]

1966年フットボールリーグ3部のブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCに入団するも[1]、1968年4部のグリムズビー・タウンFCに移籍する[4]。このチームに長く在籍し主力としてリーグ戦通算250試合以上出場[4]、1972年に4部優勝し翌1972-73シーズンから3部でプレーする。

1974年3部のブラックバーン・ローヴァーズFCに移籍し[1][4]、同シーズン3部優勝、翌1975-76シーズンは2部でプレーした。

1975年4部のトーキー・ユナイテッドFCへ移籍し、1977年を持って現役引退した[4]。引退後は同チームのアカデミーで指導経験を積んだ[1]

1982年オーストラリアに渡りNSLのチームで指導し、1983年からエディ・トムソン監督率いるシドニー・シティーSC英語版でアシスタントコーチに就任した[1]。ここで数々のタイトルを取り、オーストラリアでは評価されたコンビとなった[5]

1987年にはトムソンが転籍したシドニー・オリンピックFC英語版に引きぬかれる形でアシスタントコーチに就任しトムソンを支え[1]、翌1988年から監督に昇格し4シーズン指揮した[2]。1989-90シーズンにはリーグ優勝を飾る。

1992年にはライバルチームであるシドニー・クロアチア(現シドニー・ユナイテッドFC英語版)監督に就任したもののごく短期間で辞任している[3]

また1990年、トムソンがサッカーオーストラリア代表監督に就任したことに伴い、ヒックマンもクラブチーム監督と兼務する形でそのアシスタントコーチに就任している[1]

その後はイングランドに戻り、複数のクラブでフィットネス(フィジカル)コーチとして活躍する[1]

1999年、退任したトム・セルマーニの後任としてサンフレッチェ広島ヘッドコーチに就任し再びトムソンを支え[1]、2000年末トムソン退任に伴いヒックマンも退任した。

2001年、グラハム・アーノルドの後任としてノーザン・スピリットFC英語版監督に就任し1シーズン指揮した[6]

2012年現在、ケレム・ブルト英語版などを顧客に持つ代理人として活躍している[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i サンフレッチェ広島公式
  2. ^ a b History - Sydney Olympic FC Players of all Time”. シドニー・オリンピックFC公式. 2012年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月9日閲覧。
  3. ^ a b Club History”. シドニー・ユナイテッドFC公式. 2013年7月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e Post War English & Scottish Football League A - Z Player's Database
  5. ^ Special Feature: Olympic's Dynamic Duo”. Football NSW. 2013年7月9日閲覧。
  6. ^ McKinna takes over from Hickman at Spirit”. The Age (2002年7月3日). 2013年7月9日閲覧。
  7. ^ Bulut set for Turkish delight”. スペシャル・ブロードキャスティング・サービス (2012年1月6日). 2013年7月9日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]