マイケル・レッドグレイヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・レッドグレイヴ
Michael Redgrave
Michael Redgrave
1978年
本名 Sir Michael Scudamore Redgrave
生年月日 (1908-03-20) 1908年3月20日
没年月日 (1985-03-21) 1985年3月21日(77歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランドブリストル
国籍 イギリスの旗 イギリス
配偶者 レイチェル・ケンプソン (1935-)
著名な家族 ロイ・レッドグレイヴ (父)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (娘)
コリン・レッドグレイヴ (息子)
リン・レッドグレイヴ (娘)

マイケル・レッドグレイヴMichael Redgrave, 本名: Sir Michael Scudamore Redgrave, CBE, 1908年3月20日 - 1985年3月21日)は、イギリスブリストル出身の俳優

来歴[編集]

ロイ・レッドグレイヴサイレント映画のスター、母マーガレット・スクーダモアも女優である。ケンブリッジ大学モードリン・カレッジで学んだ後、短期間教師として働いてから俳優となる。イギリスの舞台・映画で成功した後にハリウッドに移る。1947年の『Mourning Becomes Electra』でアカデミー主演男優賞にノミネートされた。1956年にはトニー賞にもノミネートされている。1959年サーの称号を授与されてもいる。

私生活[編集]

1935年に女優のレイチェル・ケンプソンと結婚し、3人の子供(ヴァネッサコリンリン)をもうけ、3人とも俳優になった。

1996年、コリンが書いた "Michael Redgrave: My Father" を元に同名のドキュメンタリー作品がBBCにて制作された。それによると、マイケルは両性愛者であったという。相手にはノエル・カワードがいた[1]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1936 間諜最後の日
The Secret Agent
- デビュー作品、クレジットなし[2]
1938 バルカン超特急
The Lady Vanishes
ギルバート
1945 夢の中の恐怖
Dead of Night
マックスウェル
1946 捕われた心
The Captive Heart
1947 卑怯者
The Man Within
リチャード
扉の陰の秘密
Secret Beyond the Door...
1951 The Browning Version アンドリュー・クロッカ=ハリス カンヌ国際映画祭 男優賞 受賞
1955 暁の出撃
The Dam Busters
1955 秘められた過去
Mr. Arkadin
美わしのロザリンダ
Oh... Rosalinda!!
エイゼンシュタイン
1956 1984
1984
オコナー
1957 非情の時
Time Without Pity
デヴィッド・グラハム
ハッピー・ロード
The Happy Road
メドワース
1958 静かなアメリカ人
The Quiet American
トーマス・ファウラー
1959 地獄で握手しろ
Shake Hands with the Devil
将軍
メリー・ディア号の難破
The Wreck of the Mary Deare
1961 回転
The Innocents
叔父
1962 長距離ランナーの孤独
The Loneliness of the Long Distance Runner
少年院長
1965 若き日のキャシディ
Young Cassidy
ウィリアム・バトラー・イェイツ

The Hill
軍医
テレマークの要塞
The Heroes of Telemark
ヒュッテ
1967 25時
La vingt-cinquième heure
弁護士
情報局K
Assignment K
ハリス
1968 アルプスの少女ハイジ
Heidi
アルムおんじ
1969 素晴らしき戦争
Oh! What a Lovely War
ヘンリー・ウィルソン
空軍大戦略
Battle of Britain
チップス先生さようなら
Goodbye, Mr. Chips
校長
さすらいの旅路
David Copperfield
ダン テレビ映画
1970 さよならジェミニ
Goodbye Gemini
ジェームズ・ハリントン=スミス

The Go-Between
レオ・コルストン
1971 ニコライとアレクサンドラ
Nicholas and Alexandra
ニコライ・サゾノフ

出典[編集]

  1. ^ 「成田陽子の忘れられないスター 第152回 リン・レッドグレーヴ」『キネマ旬報』2010年6月下旬号、p.103
  2. ^ Secret Agent (1936) - Trivia - IMDb