マイネルネオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイネルネオス
Meiner-neos.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2003年3月30日(16歳)
登録日 2005年10月13日
抹消日 2014年10月10日
ステイゴールド
マイネプリテンダー
母の父 Zabeel
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 ビッグレッドファーム
馬主 サラブレッドクラブ・ラフィアン
調教師 稲葉隆一美浦
田中剛(美浦)
競走成績
生涯成績 50戦8勝(障害競走:24戦4勝)
獲得賞金 2億3370万1000円
テンプレートを表示

マイネルネオス日本競走馬。おもな勝ち鞍は2011年中山グランドジャンプ。馬名は冠名+ギリシャ語で新しい。

戦績[編集]

平地時代[編集]

2005年12月10日中山デビュー(3着)。2006年1月23日の中山の3歳未勝利戦で3戦目で初勝利を挙げたが、その後勝利が無く、障害競走を2戦するも未勝利に終わる。ふたたび平地競走に戻り、2007年3月31日福島の4歳以上500万下で約1年ぶりに2勝目。続く福島での長距離戦の奥の細道特別で3勝目。6月のやはり福島の信夫山特別で4勝目を飾った。しかし準オープンに昇級してからは10戦して最高でも3着止まりで勝利をあげることが出来ず、2009年2月28日阪神の御堂筋ステークス(8着)を最後に平地に見切りをつける。

障害馬時代[編集]

2009年4月4日の中山の障害未勝利戦で障害入り(1番人気2着)。その後2戦連続で1番人気も2着惜敗となる。11月15日東京の障害未勝利戦で障害入り4戦目で初勝利となる。その後は2度落馬するも障害入りしてから障害オープンで2勝する。そして2011年7月2日の中山グランドジャンプで逃げるメジロラフィキが最後の直線上の障害で躓き落馬(第3頚椎骨折で即死)。直後にいたメルシーエイタイムをマイネルネオスが差しきり、重賞初制覇がJ・GIのビックタイトルとなった。鞍上の柴田大知にとっても初のGIタイトルを獲得し、レース後のインタビューでは涙を流した。5ヶ月休養後、12月3日イルミネーションジャンプステークスではディアマジェスティの5着に終わった。12月24日中山大障害では後方待機からポジションを上げ、2周目3コーナーで先頭に並んだが最後の直線で伸びあぐねて4着に敗れた。2012年初戦の春麗ジャンプステークスではスタートで立ち遅れ、63キロの酷量が響いたのか見せ場なく10着に終わった。

2012年2月29日をもって稲葉隆一調教師が定年、厩舎が解散となったため3月1日より田中剛厩舎へ転厩となった。厩舎には2011年中山大障害勝ちのマジェスティバイオが所属しており、2011年のJ・GI優勝馬が同じ厩舎に所属することになった。その後屈腱炎を発症、全治9ヶ月以上と診断された。2012年末の中山大障害に復帰するも13着に敗れた。

2013年の東京の春麗ジャンプステークス、阪神スプリングジャンプ、中山グランドジャンプ、イルミネーションジャンプステークスも精彩を欠いてそれぞれ6着、9着、12着、14着に敗れた。

2014年10月10日付けで競走馬登録を抹消、神奈川県横浜市中区根岸競馬記念公苑にて乗馬となり[1]、11月16日に根岸競馬記念公苑ポニーセンターでお披露目会が開かれた[2]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F/平均1F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2005 12. 10 中山 新馬 15 37.5 (9人) 3着 梶晃啓 55 芝1600m(良) 1:37.8 (35.2) 0.3 ウインミッション
12. 25 中山 未勝利 18 44.4 (10人) 3着 梶晃啓 55 芝2000m(良) 2:02.9 (36.1) 0.2 トウショウシロッコ
2006 1. 23 中山 未勝利 16 3.4 (1人) 1着 梶晃啓 56 芝2000m(良) 2:05.2 (35.9) 0.0 (マイネルスバル)
2. 19 東京 500万下 11 55.5 (8人) 7着 梶晃啓 56 芝1800m(良) 1:49.5 (35.6) 1.1 トップオブツヨシ
4. 2 福島 ひめさゆり賞 10 8.0 (5人) 2着 大西直宏 56 芝1800m(良) 1:48.9 (36.5) 0.2 マグマノーベル
4. 22 東京 新緑賞 11 13.9 (7人) 11着 田中勝春 56 芝2300m(良) 2:25.5 (36.1) 2.1 ユキノアサカゼ
5. 14 東京 500万下 13 95.9 (11人) 12着 的場勇人 53 芝1600m(稍) 1:36.8 (36.0) 1.9 サイレントプライド
9. 17 中山 500万下 15 34.6 (11人) 15着 大西直宏 54 芝1800m(良) 1:53.5 (38.7) 4.7 ドラゴンキャプテン
10. 23 盛岡 オキザリス賞 14 13.0 (6人) 9着 佐藤聖也 56 芝1700m(良) 1:48.1 (37.0) 1.1 マイネルホルス
12. 24 中京 500万下 16 107.6 (13人) 4着 黛弘人 53 芝2000m(良) 2:00.3 (36.1) 0.6 ジョウノエリザベス
2007 7. 14 中山 障害未勝利 14 10.0 (5人) 7着 宗像徹 59 障2880m(良) 3:20.2 (13.9) 3.5 ユウターアクセス
3. 10 中山 障害未勝利 14 25.5 (7人) 2着 伊藤直人 59 障2880m(良) 3:13.5 (13.4) 0.1 グランドシャワー
3. 31 福島 500万下 16 9.3 (5人) 1着 津村明秀 56 芝2600m(良) 2:41.2 (35.4) -0.4 (ニホンピロビャクヤ)
4. 22 福島 奥の細道特別 OP 15 8.8 (4人) 1着 津村明秀 54 芝2600m(稍) 2:41.5 (36.4) -0.6 (バブルサウンド)
5. 27 東京 目黒記念 GII 18 31.9 (10人) 12着 津村明秀 51 芝2500m(良) 2:32.8 (35.2) 1.4 ポップロック
6. 23 福島 信夫山特別 9 2.1 (1人) 1着 石橋脩 56 芝2600m(良) 2:39.5 (36.2) -0.2 (エキサイトラン)
2008 3. 16 中山 サンシャインS 16 50.2 (12人) 6着 津村明秀 55 芝2500m(良) 2:34.4 (36.6) 1.3 ホクトスルタン
4. 13 中山 湾岸S 16 16.3 (8人) 3着 津村明秀 57 芝2200m(重) 2:17.5 (37.7) 0.2 トレオウオブキング
5. 18 京都 烏丸S 17 10.6 (7人) 12着 津村明秀 55 芝2400m(良) 2:26.1 (34.9) 1.1 エアジパング
6. 15 東京 ジューンS OP 15 69.4 (12人) 5着 津村明秀 57 芝2400m(良) 2:26.8 (35.5) 0.9 ジャガーメイル
7. 5 福島 阿武隈S 16 19.1 (6人) 7着 津村明秀 57 芝2000m(良) 1:58.7 (34.7) 0.6 ブレーヴハート
8. 9 函館 みなみ北海道S OP 12 10.9 (5人) 4着 藤岡佑介 54 芝2600m(良) 2:44.0 (36.0) 0.8 ミレニアムウイング
9. 7 札幌 札幌日経OP OP 12 14.3 (4人) 8着 秋山真一郎 55 芝2600m(良) 2:43.4 (36.2) 1.4 ビエンナーレ
12. 14 中山 美浦S 16 102.4 (15人) 11着 津村明秀 57 芝2200m(稍) 2:17.4 (37.6) 0.6 ドットコム
2009 2. 1 京都 松籟S 12 29.8 (9人) 6着 幸英明 55 芝2400m(稍) 2:28.8 (36.1) 0.6 ハギノジョイフル
2. 28 阪神 御堂筋S 13 98.7 (11人) 8着 幸英明 57 芝2400m(良) 2:30.0 (35.8) 1.8 アーネストリー
4. 4 中山 障害未勝利 14 3.3 (1人) 2着 宗像徹 60 障2880m(良) 3:15.1 (13.5) 0.6 スタルカ
5. 2 東京 障害未勝利 14 1.8 (1人) 2着 宗像徹 60 障3000m(良) 3:22.7 (13.5) 1.5 セイウンエポック
5. 30 東京 障害未勝利 14 1.8 (1人) 2着 宗像徹 60 障3000m(不) 3:28.0 (13.9) 0.0 ニューヨーカー
11. 15 東京 障害未勝利 13 3.3 (2人) 1着 宗像徹 60 障3000m(稍) 3:24.5 (13.6) 0.0 (ボナパルト)
12. 5 中山 イルミネーションJS OP 16 8.7 (5人) 中止 宗像徹 60 障3570m(稍) ムーンレスナイト
12. 26 中山 中山大障害 JGI 14 34.1 (8人) 6着 宗像徹 63 障4100m(良) 4:43.5 (13.8) 1.8 キングジョイ
2010 2. 6 東京 春麗ジャンプS OP 14 4.9 (3人) 中止 宗像徹 60 障3300m(良) ハッピーヘイロー
3. 7 中山 障害OP 11 7.2 (3人) 4着 山本康志 60 障3200m(重) 3:42.1 (13.9) 2.1 トーセンジョーカー
4. 11 中山 障害OP 14 4.2 (1人) 1着 五十嵐雄祐 60 障3200m(良) 3:37.0 (13.6) -0.6 (セイウンエポック)
8. 21 新潟 新潟ジャンプS JGIII 14 22.4 (8人) 5着 柴田大知 59 障3250m(良) 3:32.7 (13.1) 0.7 コウエイトライ
9. 26 中山 障害OP 14 3.8 (1人) 3着 柴田大知 61 障3210m(稍) 3:36.1 (13.5) 0.4 タマモグレアー
10. 16 東京 東京ハイジャンプ JGII 14 12.7 (5人) 7着 五十嵐雄祐 60 障3300m(良) 3:40.0 (13.3) 0.9 イコールパートナー
12. 4 中山 イルミネーションJS OP 12 6.7 (2人) 2着 柴田大知 60 障3570m(良) 4:00.2 (13.5) 1.3 ランヘランバ
12. 25 中山 中山大障害 JGI 12 16.3 (5人) 3着 柴田大知 63 障4100m(良) 4:46.8 (14.0) 0.7 バシケーン
2011 2. 5 東京 春麗ジャンプS OP 14 10.0 (3人) 2着 柴田大知 60 障3300m(良) 3:39.0 (13.3) 1.0 ランヘランバ
3. 6 中山 障害OP 14 2.3 (1人) 1着 柴田大知 61 障3200m(良) 3:33.5 (13.3) -0.2 (デアモント)
7. 2 中山 中山グランドジャンプ JGI 12 4.4 (2人) 1着 柴田大知 63.5 障4260m(良) 4:51.6 (13.7) -0.2 メルシーエイタイム
12. 3 中山 イルミネーションJS OP 10 3.7 (2人) 5着 柴田大知 63 障3570m(不) 4:15.3 (14.3) 5.3 ディアマジェスティ
12. 24 中山 中山大障害 JGI 10 3.4 (2人) 4着 柴田大知 63 障4100m(良) 4:45.0 (13.9) 0.8 マジェスティバイオ
2012 2. 4 東京 春麗ジャンプS OP 14 7.8 (4人) 10着 柴田大知 63 障3100m(良) 3:31.9 (13.7) 2.8 ディアマジェスティ
12. 22 中山 中山大障害 JGI 15 64.4 (10人) 13着 浜野谷憲尚 63 障4100m(稍) 4:55.2 (14.4) 6.4 マーベラスカイザー
2013 2. 2 東京 春麗ジャンプS OP 14 51.6 (10人) 6着 浜野谷憲尚 63 障3100m(良) 3:26.6 (13.3) 1.1 セイエイ
3. 9 阪神 阪神スプリングJ JGII 12 76.0 (10人) 9着 浜野谷憲尚 62 障3900m(良) 4:28.1 (13.7) 6.0 シゲルジュウヤク
4. 13 中山 中山GJ JGI 16 131.4 (14人) 12着 浜野谷憲尚 63 障4250m(良) 4:56.6 (14.0) 6.1 ブラックステアマウンテン

血統表[編集]

マイネルネオス血統サンデーサイレンス系ヘイルトゥリーズン系) / Northern Dancer 6.25% 5x5) (血統表の出典)

ステイゴールド 1994
黒鹿毛 北海道白老町
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
ゴールデンサッシュ 1988
栗毛 北海道白老町
*ディクタス
Dictus
Sanctus
Dronic
ダイナサッシュ *ノーザンテースト
*ロイヤルサッシュ

*マイネプリテンダー1995
黒鹿毛 ニュージーランド
Zabeel 1986
鹿毛 ニュージーランド
Sir Tristram Sir Ivor
Isolt
Lady Giselle Nureyev
Valderna
母の母
Giladah 1986
黒鹿毛 アイルランド
Mill Reef Never Bend
Milan Mill
Nouvelle Star Luskin Star
Bonne Nouvelle F-No.6-b

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マイネルネオス号が競走馬登録抹消” (日本語). 日本中央競馬会 (2014年10月10日). 2014年10月10日閲覧。
  2. ^ マイネルネオス号お披露目会(11月16日)” (英語). 馬の博物館 ポニーセンター. 公益財団法人 馬事文化財団. 2014年12月1日閲覧。