マイネルマックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイネルマックス
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1994年4月13日
死没 2008年8月25日(14歳没)
ブライアンズタイム
サクセスウーマン
母の父 ハイセイコー
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 サンコウ牧場
馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
調教師 中村均栗東
厩務員 村上忠正
競走成績
生涯成績 40戦6勝(うち地方競馬1戦0勝)
獲得賞金 2億7639万円
(うち地方競馬360万円)
テンプレートを表示

マイネルマックス日本競走馬種牡馬1996年JRA賞最優秀3歳牡馬ラフィアンターフマンクラブにおける募集価格は3500万円(35万×100口)。1995年の2歳市場で2150万で購買されている。

戦績[編集]

馬齢は当時の年齢表記に合わせ、旧年齢表記とする。

3歳[編集]

1996年の8月にデビュー。初戦の新馬戦こそ3着に敗れるもののその後折り返しの新馬戦を快勝した後、函館3歳ステークス京成杯3歳ステークスと重賞を連勝。続く朝日杯3歳ステークスには「ノーザンテースト最後の大物」と騒がれた2戦2勝のクリスザブレイヴが出走してきて話題となった。レースは前半800Mが45秒2の超ハイペースとなり逃げたアサカホマレが早々と失速、替わって4コーナーで抜け出したオープニングテーマが粘り通す中、ゴール前で差し切り勝利。4連勝を飾るとともに鞍上の佐藤哲三騎手、馬主のサラブレッドクラブ・ラフィアンにとって初のGI制覇となった。この勝利が決め手となり、同年のJRA賞最優秀3歳牡馬(旧称。現・JRA賞最優秀2歳牡馬)に輝いた。ただし、朝日杯のタイムは翌週の500万条件のひいらぎ賞より遅く、'96JRAクラシフィケーションでは、54.5kgと高い評価を得られなかった[1]

4歳[編集]

1997年スプリングステークスからの始動が予定されていたが、熱発のために同競走及び皐月賞を回避。状態が戻らないまま臨んだNHKマイルカップでは13着と大敗し、次走の東京優駿(日本ダービー)も15着。

秋は距離適性を考慮し短距離路線を歩むがスワンステークスは8着、マイルチャンピオンシップで6着と掲示板を外し有馬記念に挑戦するも、先頭から8秒4離される大敗を喫する。

5歳[編集]

1998年は重賞を6戦するが、結果を出せないでいた。12月13日のポートアイランドステークスで2年ぶりに連対。しかし、クリスマスステークスでは4着。

6歳[編集]

1999年はニューイヤーステークス3着、東京新聞杯8着の後、高松宮記念を取り消すなど8ヶ月の休養を余儀なくされる。セントウルステークスで復帰し、4着。続くスワンステークスとCBC賞は大敗したが、ポートアイランドステークスで2年連続の2着に入ると続くクリスマスステークスで3年ぶりの勝利を挙げる。

7歳[編集]

2000年。ニューイヤーステークスを大敗すると東京新聞杯13着、阪急杯6着、高松宮記念7着と敗戦。しかし続くマイラーズカップではキョウエイマーチが前半800M45秒6で飛ばす中、中団から抜け出してタイキブライドルの追撃を退け4年ぶりの重賞勝利を飾った。だが、安田記念では15着。その後も函館スプリントステークス11着、京成杯オータムハンデ6着、スプリンターズステークス9着と結果を出せない。スワンステークスでは見せ場を作り3着に入るがマイルチャンピオンシップは6着に止まり、連闘で笠松競馬場で行われた全日本サラブレッドカップに出走するが4着に終わる。

8歳[編集]

3戦するも大敗続きで、プロキオンステークスの12着を最後に現役を引退。

種牡馬成績[編集]

引退後はビッグレッドファームで種牡馬となったが人気は出ず、2007年に種牡馬生活から退いた。代表産駒は佐賀競馬場で7勝を挙げているマイネルマキシマム。種牡馬引退後は功労馬として同牧場で繋養されていたが2008年8月25日肝硬変のため死亡[2]

主な勝鞍[編集]

  • 1996年
    • 朝日杯3歳ステークス (GI)
    • 京成杯3歳ステークス (GII)
    • 函館3歳ステークス (GIII)
  • 2000年
    • マイラーズカップ (GII)

血統表[編集]

マイネルマックス血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系
[§ 2]

*ブライアンズタイム
Brian's Time
1985 黒鹿毛
父の父
Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
父の母
Kelley's Day
1977 鹿毛
Graustark Ribot
Flower Bowl
Golden Trail Hasty Road
Sunny Vale

サクセスウーマン
1986 青毛
ハイセイコー
1970 鹿毛
*チャイナロック Rockefella
May Wong
ハイユウ *カリム
*ダルモーガン
母の母
ヤマノセーハ
1980 栗毛
*ダンディルート Luthier
Dentrelic
*トリーソング Buisson Ardent
Welsh Crest
母系(F-No.) トリーソング(GB)系(FN:9-h) [§ 3]
5代内の近親交配 なし [§ 4]
出典
  1. ^ [3]
  2. ^ [4]
  3. ^ [3]
  4. ^ [3]

脚注[編集]

  1. ^ 『優駿』1997年2月号、日本中央競馬会、26頁
  2. ^ SANSPO.COM (2008年8月26日). “朝日杯3歳Sを制したマイネルマックス死亡” (日本語). 2008年8月30日閲覧。
  3. ^ a b c 血統情報:5代血統表|マイネルマックス”. JBISサーチ. 公益財団法人日本軽種馬協会. 2017年8月8日閲覧。
  4. ^ マイネルマックスの血統表 | 競走馬データ”. netkeiba.com. 2017年8月8日閲覧。