マイミーオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

MyMio(マイミーオ)とは、ブラザー工業が製造しブラザー販売が販売する、家庭用のインクジェットプリンター複合機)のブランドである。

概要[編集]

他社のインクジェット複合機に比べて高さ寸法を抑えたコンパクトな本体を特徴とする。以前は「デジタル多機能機」「薄型デジタル複合機」という独自のカテゴリーの商品として位置づけられていたが、現在は「薄型インクジェット複合機」としている。

2003年2月に初代 (MFC-100/150CL)が登場[1]。このときの本体の高さは13cmと十分に薄型・コンパクトであったが、その翌年には背面給紙から前面2段トレイ給紙としたことで本体背面がフラットになり、同時にダウンサイジングが行われた。

2010年9月発表のラインナップまでは、インクジェットプリンターではあるもののファクス搭載機種(MFC型番)をメインストリームに据え、家庭用卓上G3ファクスからの買い換えを狙った商品展開を行ってきた。2011年・2012年モデルのラインナップではファクス非搭載(DCP型番)の製品を前面に押し出し、従来から踏襲するコンパクトな本体サイズに加え、最大の開発テーマ「必要十分な高画質とコストメリットの両立」「市場内3位の地位の確立」をアピールする。

大手カメラ・家電量販店の売場構成において、以前は家庭用ファクス売場に置かれているケースが圧倒的多数であったが、近年では他社製品と同じくプリンター・複合プリンター売場に置かれていることが殆どであり、これはインクジェットプリンター業界におけるブラザーブランドの浸透度が高まっていることの表れであろう。

なお、MyMioというネーミングは "My Multi-information Organizer" という製品コンセプトに由来するともいわれる。

製品ラインナップ[編集]

2012年モデル《PRIVIOブランド》[編集]

2012年8月23日発表の新ラインナップではブランド名を刷新。「『ふつう』が、変わるぞ。」をテーマに、家庭/SOHO向け製品からいわゆるビジネスインクジェット製品まで全13タイプ20モデルを揃えた。待機時消費電力を極限まで抑制する「グリーンスタンバイ」、35ミリ幅ヘッド採用による高速印刷、横向き紙送り機構の採用によるダウンサイジング、A3サイズ対応手差しトレイによる多彩なペーパーハンドリングを実現[2]。ブランド名 "PRIVIO" は、"Print" と "Innovation" からの造語。

BASICシリーズ[編集]

MFC-J960DN-B/DWN-B, J960DN-W/DWN-W
BASICシリーズ最高峰モデル。ファクス・電話機能に加え、ディスクレーベル印刷、自動両面印刷、ネットワーク機能(有線/無線LAN)やADF(原稿自動送り装置、最大15枚)を搭載。本体の受話器は置台ごと取り外せる(とれちゃう受話機)。子機が付属している(DN=1台、DWN=2台)。SuperG3 FAXモデム有り。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。本体カラー:ブラック(-B)、ホワイト(-W)。
MFC-J860DN/DWN
MFC-J960DN/DWNから有線LAN・ADF・本体受話器を省き、無線ファクス機能を追加したモデル。子機付属(DN=1台、DWN=2台)。インターフェイス:無線LAN、USB。本体カラー:ホワイト。クラウド接続非対応。
MFC-J840N
MFC-J825Nの後継モデル。MFC-J960DN/DWNから通話機能を省いたモデル。外付け電話機を接続可能。SuperG3 FAXモデム有り。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。本体カラー:ブラック。
MFC-J810DN/DWN
MFC-J860DN/DWNからディスクレーベル印刷・自動両面印刷を省いたモデル。子機付属(D=1台、DW=2台)。インターフェイス:無線LAN、USB。本体カラー:ホワイト。クラウド接続非対応。
MFC-J710D/DW
MFC-J810DN/DWNから無線LANと無線ファクスを省き、手差しトレイを追加したモデル。子機付属(D=1台、DW=2台)。インターフェイス:USB。本体カラー:ホワイト。クラウド接続非対応。
DCP-J940N-B/-W
MFC-J840Nからファクスを省いたモデル。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。本体カラー:ブラック(-B)、ホワイト(-W)。
DCP-J740N
DCP-J725Nの後継モデル。MFC-J840Nからファクス・有線LAN・ディスクレーベル印刷機能を省き、手差しトレイを追加したモデル。インターフェイス:無線LAN、USB。本体カラー:ブラック。クラウド接続非対応。
DCP-J540N
DCP-J525Nの後継モデル。DCP-J740Nからダイレクトプリント機能・自動両面印刷・ADFを省いたモデル。インターフェイス:無線LAN、USB。本体カラー:ブラック。クラウド接続非対応。

NEOシリーズ[編集]

MFC-J4510N
ADF(最高20枚)とファクス、手差しトレイ(A3まで)を搭載。ディスクレーベル印刷機能と受話器は付かない。
DCP-J4210N
MFC-J4510Nから、ADFとファクスを省いたモデル。

WORKSシリーズ(旧・JUSTIO A3カラー複合機シリーズ)[編集]

MFC-J6910CDW - JUSTIO PRO
MFC-J6710CDW
MFC-J5910CDW

2011年モデル[編集]

2011年9月6日発表のラインナップでは「その実力、予想外。」のキャッチコピーを掲げ、7タイプ12モデルを取り揃える。うち5タイプ7モデルに無線LAN通信機能を搭載、高まる印刷環境の無線化のニーズに応える。無線ファクスを搭載する「マイミーオ フリー」は今回2タイプ2モデル用意されている。2010年発表分までの無線LAN対応モデルの外装キャビネットにあしらわれてきた“WIRELESS”のロゴ印刷(DCP-750CN等、一部機種ではバッジ)が、この代から“WiFi”表記に変更された。

MFC-J705D/DW, DCP-J525Nを除く全モデルにタッチパネル付3.3型TFT液晶ディスプレイを搭載する[3]

iPhoneiPod touchiPad、また、Android搭載の携帯電話/スマートフォンからの無線プリントとスキャンデータ取り込みに対応し、スマートフォンやタブレット端末との高い親和性を確保している[4]。“innobella”ブランドのブラザー純正サプライ品を組み合わせて使用することで、写真プリントの耐光50年・アルバム保存100年を実現している(一定条件下での加速試験結果に基づく)。

製本された資料のコピー時に便利な、影消し・傾き補正・中スジ除去が行える「ブックコピー機能」は、引き続き全モデルに搭載する。

DCP-J525Nを除く全モデルでメモリーカードからのダイレクト写真印刷が可能。なお、コンパクトフラッシュのスロットと赤外線デバイスを搭載するモデルはラインナップから消滅した。

FAX付きインクジェット複合機の全モデルでカラーファクスの送受信が行える[5]

基本的なカタログスペックは以下の通り。なお「マイミーオ フリー」に関しては、2008年10月~11月に発表された旧世代機種から変わっていない(後述の旧世代機種の内容と同等)。

プリンター 解像度:最大6000dpi×1200dpi、インク色:4色(染料C, M, Y+顔料BK)、LC12インク
コピー解像度:1200dpi×1200dpi
スキャナ CIS方式、解像度:1200dpi×2400dpi [6](ソフトウェア補完により最大19200dpi×19200dpi)

FAX付きインクジェット複合機(MFC型番)[編集]

MFC-J955DN/DWN
FAX・電話機能に加え、ディスクレーベル印刷と自動両面印刷, ネットワーク機能(有線/無線LAN)やADF(原稿自動送り装置)を搭載。本体の受話器は台ごと取り外せる(とれちゃう受話機)。子機が付属している(DN=1台、DWN=2台)。SuperG3 FAXモデム有り。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。本体カラー:ブラック。
MFC-J855DN/DWN (マイミーオ フリー)
MFC-J955DN/DWNからディスクレーベル印刷・自動両面印刷・有線LAN・ADF・本体受話器を省き、無線ファクス機能を追加したモデル。子機付属(DN=1台、DWN=2台)。インターフェイス:無線LAN、USB。本体カラー:ホワイト。
MFC-J805D/DW (マイミーオ フリー)
MFC-J955DN/DWNからディスクレーベル印刷・自動両面印刷・ネットワーク機能・ADF・本体受話器を省き、無線ファクス機能を追加したモデル。子機付属(D=1台、DW=2台)。インターフェイス:USB。本体カラー:ホワイト。
MFC-J705D/DW
MFC-J955DN/DWNからディスクレーベル印刷・自動両面印刷・ネットワーク機能・ADFを省き、ディスプレイを1.9型STN液晶ディスプレイに変更したモデル。子機付属(D=1台、DW=2台)。インターフェイス:USB。本体カラー:ホワイト。
MFC-J825N
MFC-J955DN/DWNから通話機能を省き、スキャナ性能を向上させたモデル。外付け電話機を接続可能。SuperG3 FAXモデム有り。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。本体カラー:ブラック。

インクジェット複合機(DCP型番)[編集]

DCP-J925N
MFC-J825NからFAX機能を省略したモデル。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。本体カラー:ブラック。
DCP-J725N
発表当時は、製品カタログ上に近日追加発売予定の旨表記があったが、結局当機種は流通限定モデルとしての販売にとどまり、基本的にカメラ・家電量販店等の店頭には置かれていない。ウェブサイト上の製品情報ページにも流通限定の旨表記されておりカタログモデルとして扱われていない。
DCP-J525N
MFC-J825NからFAX機能、有線LAN、ADFを省略し、スキャナ解像度を1200dpi×2400dpiに変更、ディスプレイを1.9型STN液晶ディスプレイに変更したモデル。PictBridgeには非対応。前面USBポート非搭載。インターフェイス:無線LAN、USB。本体カラー:ブラック。2011年度グッドデザイン賞受賞商品。

2010年モデル[編集]

2010年8月31日発表の新ラインナップでは「ツナガル系の、進化形。」をテーマに掲げ全7モデルを取り揃える。うち5モデルに無線LAN通信機能を搭載し、印刷環境の無線化のニーズに応える。業界で初めて、電話・ファクス通信機能を子機充電台一体型の通信ボックスに集約し、本体から分離させた「無線ファクス」を実用化した[7]。無線ファクスを搭載する2モデルには新たに「マイミーオ フリー」のサブネームが与えられている。

最上位モデルのMFC-J950DN/DWNでは5型TFT液晶ディスプレイを、その他の全モデルは3.3型TFT液晶ディスプレイを装備。従来STN液晶ディスプレイを搭載していたモデルにくらべ発色と応答速度が改善されている。また、コードレス子機付属モデルはタッチパネルを装備している。

iPhoneiPod touchiPad、また、Android搭載の携帯電話/スマートフォンからの無線プリントとスキャンデータ取り込みに対応し、スマートフォンやタブレット端末との高い親和性を確保している[8]。“innobella”ブランドのブラザー純正サプライ品を組み合わせて使用することで、写真プリントの耐光50年・アルバム保存100年を実現している(一定条件下での加速試験結果に基づく)。

製本された資料のコピー時に便利な、影消し・傾き補正・中スジ除去が行える「ブックコピー機能」は、引き続き全モデルに搭載する。

全モデルでメモリーカードからのダイレクト写真印刷(PictBridge)が可能であるが、コンパクトフラッシュのスロットを搭載するのは最上位モデルのMFC-J950DN/DWNのみとなる。

基本的なカタログスペックは以下の通りで、2008年10月~11月に発表された旧世代機種から変わっていない。

プリンター 解像度:最大6000dpi×1200dpi、インク色:4色(染料C, M, Y+顔料BK)、LC11インク
コピー解像度:1200dpi×600dpi
スキャナ CIS方式、解像度:1200dpi×2400dpi (ソフトウェア補完により最大19200dpi×19200dpi)

FAX付きインクジェット複合機(MFC型番)[編集]

MFC-J950DN/DWN
FAX・電話機能に加え、ネットワーク機能(有線/無線LAN)やADF(原稿自動送り装置)、赤外線デバイス (IrSimple対応)、タッチパネル付き5インチTFT液晶ディスプレイを搭載している。本体の受話器は台ごと取り外せる(とれちゃう受話機)。子機が付属している(DN=1台、DWN=2台)。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。本体カラー:ブラック。
MFC-J850DN/DWN
MFC-J950DN/DWNから有線LANとADF、赤外線デバイス、本体受話器を省き、無線ファクス機能を追加、ディスプレイをタッチパネル付き3.3インチTFT液晶に変更したモデル。子機付属(DN=1台、DWN=2台)。インターフェイス:無線LAN、USB。本体カラー:ホワイト。
MFC-J800D/DW
MFC-J950DN/DWNからネットワーク機能とADF、赤外線デバイス、本体受話器を省き、無線ファクス機能を追加、ディスプレイをタッチパネル付き3.3インチTFT液晶に変更したモデル。子機付属(D=1台、DW=2台)。インターフェイス:USB。本体カラー:ホワイト。
MFC-J700D/DW
MFC-J950DN/DWNからネットワーク機能とADF、赤外線デバイスを省き、ディスプレイをタッチパネル付き3.3インチTFT液晶に変更したモデル。子機付属(D=1台、DW=2台)。PictBridgeには非対応。前面USBポート非搭載。インターフェイス:USB。本体カラー:ホワイト。
MFC-J615N
MFC-J950DN/DWNから通話機能と赤外線デバイスを省き、ディスプレイをタッチパネルなし3.3インチTFT液晶に変更したモデル。外付け電話機に対応する。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。本体カラー:ブラック。

インクジェット複合機(DCP型番)[編集]

DCP-J715N
MFC-J615NからFAX機能を省略したモデル。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。本体カラー:ブラック。
DCP-J515N
MFC-J615NからFAX機能、有線LAN、ADFを省略したモデル。PictBridgeには非対応。前面USBポート非搭載。インターフェイス:無線LAN、USB。本体カラー:ブラック。


2009年モデル[編集]

2009年9月3日発表のラインナップは「ツナガル・ツカエル・コンパクト」をテーマとして全7モデルが揃っている。うち4モデルに無線LANを搭載し、印刷環境の無線化による利便性をアピールしている。

上位モデルにはタッチパネル付き5インチTFT液晶ディスプレイを装備し、利便性と高級感を高めた。

またこの代からシャンパン系の本体カラーが廃止され、無線LAN搭載モデルはブラック系、無線LAN非搭載モデルはホワイト系に分けられた。

“innobella”ブランドのブラザー純正サプライ品を組み合わせて使用することで、写真プリントの耐光50年・アルバム保存100年を実現している(一定条件下での加速試験結果に基づく)。

ブックコピー機能を全モデルに搭載し、使い勝手が向上。


FAX付きインクジェット複合機(MFC型番)[編集]

MFC-935CDN/CDWN
FAX・電話機能に加え、ネットワーク機能(有線/無線LAN)やADF(原稿自動送り装置)、タッチパネル付き5インチTFT液晶ディスプレイを搭載している。本体の受話器は台ごと取り外せる(とれちゃう受話機)。子機が付属している(CDN=1台、CDWN=2台)。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。
MFC-735CD/CDW
MFC-935CDN/CDWNからネットワーク機能とADFを省いたモデル。子機付属(CD=1台、CDW=2台)。インターフェイス:有線LAN、USB。
MFC-695CDN/CDWN
MFC-935CDN/CDWNからADFを省き、ディスプレイをタッチパネルなし3.3インチ液晶に変更したモデル。子機付属(CDN=1台、CDWN=2台)。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。
MFC-675CD/CDW
MFC-935CDN/CDWNからネットワーク機能とADFを省き、ディスプレイをタッチパネルなし3.3インチ液晶に変更したモデル。子機付属(CD=1台、CDW=2台)。このモデルのみダイレクト写真印刷ができない(PictBridge非対応、前面USBポート非搭載)。インターフェイス:有線LAN、USB。
MFC-495CN
MFC-935CDN/CDWNから通話機能を省き、ディスプレイをタッチパネルなし3.3インチ液晶に変更したモデル。外付け電話機に対応する。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。

インクジェット複合機(DCP型番)[編集]

DCP-595CN
MFC-495CNからFAX機能を省略したモデル。インターフェイス:有線/無線LAN、USB。2009年度グッドデザイン賞受賞商品。
DCP-390CN
MFC-495CNからFAX・通話機能、無線LAN、ADFを省略したモデル。インターフェイス:有線LAN、USB。2009年度グッドデザイン賞受賞商品。

マイミーオ×らき☆すた「まいみ~お応援ぷろじぇくと」[編集]

らき☆すた』とのコラボレーション企画。2008年9月4日、同社の創業100周年記念として東京国際フォーラムで開かれた「Brother World JAPAN 2008」より行われた。その後、秋葉原エンタまつりやコミックマーケットといったイベントに参加、『らき☆すた』の連載誌であるコンプティークでも紹介ページが連載されたほか、2009年1月には鷲宮神社でもイベントを行い、2009年3月末をもって一連のプロジェクトが終了した。

出展しているマシンはいずれもDCP-385Cの天板(スキャナのカバー)にキャラクターが描かれている。

同社では「個性あふれる創作活動に日々励む皆様への応援作戦」としており、「豊富なプリンターラインアップで、皆様の大切な1枚1枚の作品を世に送り出すための、最高のパートナーになることができると確信している」としている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同年度のグッドデザイン賞を授与されている
  2. ^ おもにNEOシリーズの機能。
  3. ^ MFC-J705D/DW, DCP-J525Nはタッチパネル付1.9型STN液晶ディスプレイを搭載。
  4. ^ iTunes Store内のApp Store, またはGoogle Play内のストアにて無償提供されている専用アプリケーション「Brother iPrint&Scan」を入手する必要がある。
  5. ^ 相手装置がITU-T.30E規格に準拠している場合。
  6. ^ ただし MFC-J825N, DCP-J925N は 2400dpi×2400dpi。
  7. ^ 通信ボックス~本体間のデータ送受信には無線LANを用いている
  8. ^ iTunes Store内のApp Store, またはGoogle Play内のストアにて無償提供されている専用アプリケーション「Brother iPrint&Scan」を入手する必要がある。

関連項目[編集]