マイルズ・モラレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マイルズ・モラレス
スパイダーマン
出版の情報
出版者マーベル・コミックス
初登場『アルティメット・フォールアウト』第4号(2011年8月)
クリエイターブライアン・マイケル・ベンディス
サラ・ピチェッリ
作中の情報
フルネームマイルズ・ゴンサロ・モラレス
Miles Gonzalo Morales[1][2]
種族後天的に変異した人間
出身地ニューヨークブルックリン(アース1610)
所属チームアベンジャーズ
チャンピオンズ
アルティメッツ[3]
スパイダーアーミー/ウェブ・ウォリアーズ
パートナーピーター・パーカー/スパイダーマン
グウェン・ステイシー/スパイダーウーマン英語版
著名な別名キッド・アラクニッド
キャプテン・ユニバース[4]
能力
  • 超人的な筋力、走力、耐久力、敏捷性、スタミナ、反射神経、運動神経、バランス感覚、持久性
  • 物体表面に貼りつく能力
  • カモフラージュ(不可視能力)
  • ヴェノムストライク/ヴェノムブラスト
  • 危険を予知するスパイダー感覚
  • 手首につけるウェブ・シューターからクモ糸を発射する
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • マイルス・モラレス

マイルズ・ゴンサロ・モラレス[1][2](Miles Gonzalo Morales [məˈræləs] )とはアメリカの出版社マーベル・コミックスの刊行物に登場するキャラクターで、スパイダーマンを名乗るスーパーヒーローの一人。2011年にマーベル編集長アクセル・アロンゾ英語版の下で原作者ブライアン・マイケル・ベンディスと作画家サラ・ピチェッリ英語版によって生み出された。日本語表記はマイルズマイルスが混在している。

マイルズ・モラレスは10代の少年で、黒人の父親とプエルトリコ系の母親の間に生まれたバイレイシャルである。主流のマーベル・ユニバース英語版とは別の並行世界を舞台とする出版ライン「アルティメット・マーベル」における二代目のスパイダーマンにあたる。初登場は『アルティメット・フォールアウト』第4号(2011年8月)で、ストーリー上は初代スパイダーマンことピーター・パーカーが死んだ後のことになる[5]。『アルティメット・コミックス: スパイダーマン』誌の主役を務めていたが、マーベルが2015年にアルティメットラインを打ち切ってからは、同年のリランチイベント「オールニュー・オールディファレント・マーベル」を皮切りに本流のマーベル世界に所属するキャラクターとなった。ディズニーXDのテレビアニメ『アルティメット・スパイダーマン』では主役でこそないがシリーズの途中でメインキャラクターに加えられ[6]アカデミー長編アニメ映画賞を受けた2018年の映画『スパイダーマン: スパイダーバース』では主人公になった。

マイルズ・モラレスへの反応は賛否さまざまで、スパイダーマンの作者の一人スタン・リーなどは有色人種の子供にとってのロールモデルになると評価した。他方ではピーター・パーカーが退場させられたことへの不満もあった。『ガーディアン』、FOXニュース、カルチャーマップ・ヒューストンが報じたところでは、一部のファンはこの決定をマーベルによるポリティカル・コレクトネスのアピールとみなしたり、少数人種のスパイダーマンを登場させるのは新しい読者を惹きつけるための宣伝行為だとみなしたりしたが[7][8][9][10]、アロンゾはその意図を否定している[7]アレクサンドラ・ピートライ英語版は『ワシントン・ポスト』紙でマイルズへの評価はストーリーの良し悪しに基づいて行うよう訴え[11]、同意を集めた。

作中のマイルズは初代スパイダーマンと似た能力を持っている。スパイダーマンの宿敵ノーマン・オズボーンが能力を再現しようとして遺伝子操作で生み出したクモに咬まれたことで身につけたものである。

刊行履歴[編集]

キャラクターデザインを行ったサラ・ピチェッリがマイルズのスケッチを掲げている(2011年、ニューヨーク・コミコン)。

黒人のスパイダーマンというアイデアが初めて俎上に載せられたのは、2008年11月の選挙バラク・オバマアメリカ合衆国大統領となる数ヶ月前のことだった。当時のマーベル編集長アクセル・アロンゾはこう語っている。「『アルティメイタム英語版』の企画を打ち合わせていたとき、アメリカが今まさに最初のアフリカ系アメリカ人の大統領を選出しようとしていることに気づいて、そろそろマーベルのアイコンのどれかを見直してもいいだろうと考えました」この新スパイダーマンはアルティメット・マーベル限定でピーター・パーカーに取って代わることになった。アルティメットは主流のマーベル・ユニバースとは別の世界を舞台とする出版ラインで、21世紀の読者に合わせてマーベルキャラクターを再構築するためのものだった。アルティメット・ピーター・パーカーの世代交代は、アルティメット世界を大幅に再編した2008~2009年の長編ストーリー『アルティメイタム』の一幕として検討されたが、新キャラクターのストーリーが練られていなかったためその初期案は見送られた[7]。編集スタッフは2011年のストーリーライン「デス・オブ・スパイダーマン」でアルティメット世界のピーター・パーカーを死なせると決め、同時にマイルズ・モラレスというキャラクターが作られた[12]。マイルズは初の黒人スパイダーマンだが、ラテン系としては二人目である。半分メキシコ人の血を引くミゲル・オハラは1990年代の『スパイダーマン2099英語版』誌の主人公だった[8]

マイルズ・モラレスは原作者ブライアン・マイケル・ベンディスと作画家サラ・ピチェッリによって生み出された[7][13]。マイルズに対するベンディスのイメージと初登場時の外見は、コメディドラマ『コミ・カレ‼︎』シーズン2第1話「波乱だらけの“人類学”」でスパイダーマン柄のパジャマを着て登場したアフリカ系アメリカ人俳優ドナルド・グローヴァーに大きく影響されている。この演出は映画『アメイジング・スパイダーマン』の主役オーディションにグローバーを起用させようというファン活動がネット上で起きたことを元にしていた。ベンディスはグローヴァーについて「彼はすごく良かった!あのコスチュームを着たグローヴァーを見て「コミックで読んでみたい」と思った。自分がその本のライターで良かったよ」と語っている[12]

マイルズの外見をデザインするにあたって、ピチェッリは自分のいつものアプローチに従った。キャラクターの性格やその背景を踏まえて、着ている服、仕草や表情など、その人物が持つであろう目立つ特徴を考えるのである[14]。黒地に赤いクモの巣パターンと赤いクモの意匠が描かれた新コスチュームもピチェッリのデザインである。ピチェッリはマイルズ・モラレスの新タイトルを描くよう依頼されるまでに『アルティメット・スパイダーマン』を4号描いたことがあった[15]。ピチェッリはペンタブレットCintiq 12wx)で作画しており[13]、今作の絵ではスクリーントーンを多めにした。本人の言葉によると「もっと「ポップ」な感じを出す」のがシリーズに合っていると考えてのことだった[15]

マイルズはニューヨークブルックリンで生まれ育った当初13歳の少年で[16]、アフリカ系の父とプエルトリコ系の母を持つ [17]。アクセル・アロンゾの説明によると、先輩のピーター・パーカーと同じく科学者の素質を持った頭のいいナードである[7]。デビューは2011年8月3日に発売されたミニシリーズ『アルティメット・フォールアウト』第4号で、翌月にリニューアル発刊された『アルティメット・コミックス: スパイダーマン』(ベンディスの原作とピチェッリの作画による)でシリーズの主役になった[12][18][19]

マイルズの作者ブライアン・マイケル・ベンディスが『アルティメット・スパイダーマン』や初登場号『アルティメット・フォールアウト』第4号にサインしている(マンハッタンのミッドタウン・コミックスにて)。

ベンディスは二人の違いを際立たせるため、マイルズがピーター・パーカーとは異なる葛藤や悩みを持っていることを描いてきた。マイルズは叔父アーロンの家でクモに咬まれて超人的な能力を身に着ける。マイルズは叔父を尊敬しているが、父ジェファーソンはアーロンが職業的な犯罪者であることを明かし、付き合いをやめるように言う。ジェファーソンもまた貧しい若者だったころ弟とともに窃盗を犯して投獄されたことがあった。ジェファーソンは年を重ねて更生したが、アーロンは変わらなかったのだという[20]。ベンディスによれば、ここからマイルズは自分のDNAに犯罪傾向が組み込まれていないか英語版疑いを抱き、自分が本当に良い人間なのかどうか、自分の将来がどうなるか自問し始める[21]。やがて叔父への憧れは裏切られ、二人は戦いになる。そのさなか偶然の爆発でアーロンは命を落とすが「お前は俺と同じだ」という言葉を残す。これによってマイルズの悩みは深まる[22]

2012年、マイルズはミニシリーズ『スパイダーメン英語版』の中で主流のマーベル・ユニバースに属するスパイダーマンと出会う[12]。2013年6月にはベンディスの原作による『エイジ・オブ・ウルトロン』第10号のクライマックスに登場した。同作のストーリーは作中でアース616英語版と呼ばれる主流世界を中心に展開されるが、登場人物たちがタイムトラベルを試みたことで時空連続体に大変動が起き、マイルズは主流世界のギャラクタス(惑星を食らう存在)が自分の地球に到来するのを目撃することになる[23]

シリーズ当初に受けたメディアの注目や好意的な批評とは裏腹に『アルティメット・コミックス: スパイダーマン』は専門店市場で大きなヒットにはならなかった。2013年8月までに同作の売上は低落し、アルティメット系列のほかの主力タイトル『アルティメット・コミックス: X-メン英語版』『アルティメット・コミックス: アルティメッツ英語版』もまた主流のマーベル作品であれば打ち切りになるほど売上が悪化した[19]。同年11月、『アルティメット・コミックス: スパイダーマン』は第28号で終刊し、ほかの2作品も同時に終了した。それに代わってミニシリーズ『カタクリズム: アルティメット・スパイダーマン』が刊行された。同作を含むクロスオーバー作品『カタクリズム』では、アルティメット・ユニバースのヒーローがアース616から来襲したギャラクタスと立ち向かう。マイルズは逆に主流のマーベル・ユニバースに送り込まれる[19][24]

『カタクリズム』後は新タイトル『マイルズ・モラレス: アルティメット・スパイダーマン』を与えられた。ライターは再びベンディスが務めた。同作は「アルティメット・マーベル・ナウ」の一環で、マーベルはこの新ポリシーとともにアルティメットの出版ラインを再編した。ミシェル・フィフ原作、アミルカー・ピナ作画による『オールニュー・アルティメッツ』でもマイルズがメンバーとなった[25][26]。これら2タイトルはそれぞれ12号が発行された[27][28]。『マイルズ・モラレス: アルティメット・スパイダーマン』最終第12号のラストは、2015年のクロスオーバー作品『シークレット・ウォーズ』へと直接続くクリフハンガーとなった[28]

アルティメット・マーベルのラインは『シークレット・ウォーズ』をもって廃止された[29]。同作では様々な並行世界が主流のマーベル・ユニバースと統合されていき、アルティメット・ユニバースも同じ運命をたどる[30][31][32]。『シークレット・ウォーズ』以降のマイルズは主流のマーベル・ユニバースに属するキャラクターになり、『オールニュー・オールディファレント・アベンジャーズ』誌でアベンジャーズ入りした[33]。マイルズを主役とする3番目のソロシリーズが2016年2月3日に発刊され、『スパイダーマン』というシンプルなタイトルがつけられた。制作チームにはベンディスとピチェッリが復帰した[17]。ピチェッリは後にニコ・レオンとオスカー・バザルデュアと交代する[34]。作中では、ピーター・パーカーが活動範囲を世界に広げる間、16歳になったマイルズがニューヨークのパトロールを引き継ぎ、スパイダーマンの好敵手たちとのぶつかり合いや、自分の民族性に対する市民の反応、私生活での恋愛などと奮闘する[16]。同誌は第21号に達したところで2000年代に発刊された『アルティメット・スパイダーマン』第1号からの通算号数表示に変わり、次号が第234号となった[34]。2017年11月7日、DCコミックスと独占契約を結んだベンディスが2018年初頭でマーベルを離脱することが発表され[35]、『スパイダーマン』は第240号(2018年5月)で終了した[34][36]

2018年9月13日、サラディン・アフメドとハビエル・ギャロンの原作・作画による4番目のソロシリーズ『マイルズ・モラレス: スパイダーマン』が発表された。第1号はアニメ映画『スパイダーマン: スパイダーバース』の公開と時期を合わせた2018年12月12日に発売された[37][38]

作中の経歴[編集]

初登場[編集]

マイルズ・モラレスは2011年8月発行の『アルティメット・コミックス: フォールアウト』第4号で初めて登場し、ピーター・パーカーの死後間もないうちに街を襲ったカンガルー英語版を撃退した。このときはパーカーのものと似たスパイダーマン・コスチュームを着ていたが、見物人に「悪趣味だ」と言われて別の衣装に変えようとする[39][40]

『アルティメット・コミックス: スパイダーマン』[編集]

2011年9月に発刊された『アルティメット・コミックス: スパイダーマン』の第1話は『フォールアウト』より過去にあたり、マイルズ・モラレスの背景設定と超人的な能力を獲得した経緯が述べられる。マイルズは看護師の母リオ・モラレス[2][41][42]と父ジェファーソン・デイヴィス[41]とともに暮らすグレードスクールの少年である[43]。科学者コンラッド・マーカスa[›]がピーター・パーカーの血からスパイダーマンを生み出す化学物質を再合成し、その物質がプラウラー英語版[44](アーロン・デイビス[43])によって盗み出される。このときマーカスが作ったクモの1匹がプラウラーのダッフルバッグに紛れ込む。数日後、叔父アーロンのアパートを訪れたマイルズはクモに咬まれる[44]。その結果ピーター・パーカーと同種の超人的な能力が発現するが[44]、父親がスーパーヒーローに不信感を持っているため家族には隠し、親友のガンケ・リーにだけ打ち明ける[20][41]

マイルズは普通の人生を望んでおり、特殊な能力を得たことを喜ばず、命がけでスーパーヒーロー活動を行おうとは思わない[45]。そこにはマイルズとパーカーの対比を強めようという作者ベンディスの意図があった[21]。しかしマイルズはスパイダーマンがグリーンゴブリンの手にかかって死ぬのを目撃し、罪悪感の中で自分なら助けられたかもしれないと悟る。スパイダーマンの名を受け継ぐようガンケから勧められ、またグウェン・ステイシーからパーカーがヒーローとなった動機を聞かされたマイルズは、コスチュームを着て犯罪と戦う道を歩もうと決意する[46]

活動を始めてみると、亡きスパイダーマンのコスチュームを着るのは悪趣味だと人々に責められる[39][46]。そればかりか、スパイダーマンを名乗ったことでスパイダーウーマン英語版から詰問され[46]、取り押さえられて素顔のままS.H.I.E.L.D.本部に連行される。そこで待っていたニック・フューリー英語版に叔父アーロンの犯罪行為とのかかわりを問い詰められるが、脱走したスーパーヴィランを制圧するのに協力したことで自由の身になり、赤と黒で新調されたスパイダーマン・コスチュームを与えられる。ガンケはそれを見てマイルズが「公式に」新しいスパイダーマンになったという[43]。アース616版のピーター・パーカーも、2012年の『スパイダーメン』ミニシリースでアルティメット世界を訪れてマイルズの活動を認めてくれる[47]

新しいスパイダーマンの登場がマスコミで報道されると、アーロンはその正体がマイルズであることを察し[48]、自分の下で修業するよう申し出る。しかしその裏で、敵対するメキシコの犯罪主スコーピオンとの抗争にマイルズを利用する。マイルズは道具にされていることに気づき、それ以上の協力を拒否する。二人は激しく衝突する。争いの中でアーロンの武器が誤動作で爆発し[49]、持ち主の命を奪う[22]

続く展開で、マイルズはパーカーの遺族メイ・パーカーや恋人だったグウェン・ステイシーメリー・ジェーン・ワトソンらと知り合う。マイルズの秘密を知った三人はパーカーが遺したウェブシューターを贈る。また超人チーム・アルティメッツのメンバーとも何度も共闘する[3][22]

2013年のストーリー「ヴェノム・ウォー」では、新スパイダーマンの正体がマイルズの父ジェファーソンだという誤情報が報道される[50]。先代のスパイダーマンに恨みを持つヴェノムはジェファーソンを襲って重傷を負わせる。マイルズとヴェノムが病院で対決したとき、看護師として勤務していたリオはスパイダーマンの正体が自分の息子であることを悟る。割って入った警察隊の銃撃によりヴェノムは倒れる。リオも巻き添えで致命傷を負い、父ジェファーソンには秘密を隠し通すよう言い残す[51][52]。マイルズはこの経験によってスパイダーマンの名を捨ててしまう。しかし1年が経ち、付き合い始めたケイティ・ビショップ英語版に過去を話す決心もついたころ、S.H.I.E.L.D.によって強要され[53]心ならずもヒーロー活動を再開する[54][55]

『カタクリズム』[編集]

『カタクリズム』では本家マーベル版のギャラクタスが次元を越えて来襲し、マイルズの地球からエネルギーを奪い尽くそうとする。マイルズは世界の終わりが来たと考えて父に自らの二重生活を告白するが、アーロンとリオを死なせた責任を問われ、父子の縁を切られる[56]。その一方で、ギャラクタスを撃退するための情報を求めてリード・リチャーズとともに主流のマーベル・ユニバースに赴く[19][24][57]

『マイルズ・モラレス: アルティメット・スパイダーマン』[編集]

2番目のソロシリーズ『マイルズ・モラレス: アルティメット・スパイダーマン』で、マイルズは死んだはずのピーター・パーカーと遭遇する。パーカーは自分でもなぜ生きているか分からず、かつての生活に復帰する意思を失っている。二人はスーパーヴィランを倒すために共闘するが、ピーターはマイルズを後継者として認め、家族やメリー・ジェーンと暮らすためにスーパーヒーロー業を引退してしまう[58]

マイルズの前に父ジェファーソンが現れ、若いころのことを打ち明ける。ジェファーソンとアーロンはウィルソン・フィスク英語版の組織に所属する犯罪者の部下であり、ジェファーソンは同時にS.H.I.E.L.D.のスパイでもあった。その後S.H.I.E.L.D.入隊の誘いを断り、リオと結婚してマイルズを設けることになった。マイルズがスパイダーマンであることを知って逃げたのは、このころから引きずっていた未解決の問題を思い起こしたためだったという。ジェファーソンは死んだ妻のことでマイルズを責めるのは止め、縁を切ったことを後悔していると告げる[59]

ケイティ・ビショップとの仲が深まり、マイルズは自分のもう一つの顔を明かす[58]。しかしケイティは家族ぐるみでテロリスト集団ヒドラのスパイだったことが明らかになる[60]

アルティメット・ライン廃止、主流世界との統合[編集]

2015年の『シークレット・ウォーズ』クロスオーバーイベントにおいてアルティメット・マーベル宇宙と主流のアース616宇宙はどちらも破壊された。マイルズはヴィラン結社カバル英語版が建造した脱出船に便乗して世界の崩壊を生き延びる[61]。8年にわたる眠りの後に、並行世界を寄せ集めて作られた惑星バトルワールドで目覚めたマイルズは、アース616版ピーター・パーカーをはじめとする主流マーベル世界の生存者たちと再会する。ヒーローたちは神君を名乗って惑星を支配するドクター・ドゥームと戦う[62]。最終的にアース616宇宙が復元されるとき、物語のキーパーソンだったモレキュールマン英語版はかつて好意を受けたマイルズへの返礼としてモラレス一家を新しい宇宙に移し、死んでいた母親も生き返らせた[63]。後に明らかになるが、このとき叔父アーロンも生き返っており、マイルズのヒーロー活動についての記憶を持ったままアイアンスパイダーというヴィランになる[64]。新しい宇宙に共存することとなったマイルズとピーターはスパイダーマンの名を分かち合うことにする[63]。マイルズは後に2016年のシリーズ『オールニュー・オールディファレント・アベンジャーズ』でアベンジャーズの一員となる[65]

設定再編後のマイルズと家族は当初アルティメット世界の出自を記憶していないが、マイルズはやがて元の世界での経験をリオの「死」に至るまで知らされることになる[66][67]。ジェファーソンはマイルズのヒーロー活動について知っているがリオは気づいておらず[68]、S.H.I.E.L.D.も認識していない[69]。ただしリオは最終的に真実を突き止める[70]。4代目Ms.マーベルことカマラ・カーン[71]、マイルズやガンケの同級生で元X-メンファビオ・メディーナ英語版のようにマイルズの正体を知っているスーパーヒーロー仲間は増えていく[72]。後に10代のヒーローであるボムシェルも友人グループに加わる[73]。マイルズは自分の秘密を知らない同級生のバーバラ・ロドリゲスと付き合い始め、「初めてできた本気のガールフレンド」と呼ぶ[74]。2016〜2017年のクロスオーバー「シビル・ウォーII」では中心人物の一人となる[75][76]。その後マイルズはほかの若手ヒーローと組んでヒーローチームのチャンピオンズ英語版を復活させ、同名の月刊シリーズで活躍する[77]

2019年のストーリーで、ジェファーソンはマイルズが母方の姓を名乗っている理由を語って聞かせる。ジェファーソンは自身の「いい人だったとは言えない」父親から肉体的虐待を受けており、その姓を受け継がせないことでマイルズに「まっさらな人生」を歩んで欲しかったのだという[78]

スーパーパワーと技能[編集]

マイルズ・モラレスはピーター・パーカーと同じく遺伝子操作されたクモに咬まれたことで超人的なパワーが発現した。マイルズの能力は初代スパイダーマンとよく似ており、超人的な筋力と敏捷性、手足を使って壁や天井に張り付く能力[20]、危険が迫ったときに頭がざわついて警告してくれる「スパイダー感覚」を持つ[39][46]。筋力と敏捷性は初代スパイダーマンと近いレベルにあるが、スパイダー感覚はそれほど強くなく、間近に迫った危険を感知できる程度である[21]

マイルズは初代スパイダーマンにない能力を2つ持っている。着ている服ごと周りに溶け込んで実質的に不可視となるカモフラージュ能力と[21][44]、ほとんどどんな対象でも触っただけで麻痺させる「ヴェノムストライク」である[20]。後者は「ヴェノム(毒液英語版)」という名ながら毒物ではなく、手袋越しにでも伝わる指向性エネルギーの一種で[43]、受けてから数秒後に睾丸を蹴られたような衝撃を感じるとされている[21]。マイルズと対象が同時にクモ糸のような伝導体に触れていれば遠距離の敵にも使用できる[79]ハンク・ピムの技術で巨大化された人物でも失神させる力があり[80]、拘束している鎖を破壊したり[81]、プラスチックのレゴブロックなどの非鉄物体を吹き飛ばすためにも使える[20]。全身からエネルギーブラストを爆発的に放射する「メガヴェノムブラスト」という強化版も存在するが、一度使うとしばらくの間目まいに襲われ、再使用には「充電」時間を必要とする[67][81]

マイルズの体は負傷に対する抵抗力も備えている。傭兵タスクマスター英語版との戦いでレンガの壁に衝突して突き抜けたことがあるが、痛みを感じただけで目立った負傷は受けなかった[82]

S.H.I.E.L.D.から与えられたコスチュームを着用している[43]。初期にはメイ・パーカーから贈られたピーター・パーカーのウェブシューターを使用していたが[3]、後にやはりS.H.I.E.L.D.から新しいウェブシューターを与えられた[53]

反響[編集]

これがポリコレのアピールだと言っている人たちは分かっていないんですよ。マイルズ・モラレスは私たちが生きている文化を映し出しているんです。息子のティートは「モラレス」という姓のスパイダーマンが空を突っ切って行くのを見ることになるでしょうし、それを喜ばしく思います。ファンの声を聞く限り、そう思っているのは私だけではありません。
アクセル・アロンゾ[7]

マイルズ・モラレスの登場は『アルティメット・フォールアウト』第4号で正式にデビューする直前の『USAトゥデイ』2011年8月2日号で最初に報じられた[5][18]。この発表は国際的に一般マスコミで取り上げられ、賛否両論を招いた[8]。クリス・ハンティントンは『ニューヨーク・タイムズ』紙でマイルズの誕生に賛辞を送り、エチオピア系の養子ダギムにとって自分と同じような見た目のスーパーヒーローができたと語った[83]。『ガーディアン』とカルチャーマップ・ヒューストンが報じたところでは、一部のファンはこの決定がポリティカル・コレクトネスの一例であり、マイノリティのスパイダーマンを登場させるのは読者を増やすための宣伝行為だとみなしたが[7][8][9][10]、他方では有色人種がスパイダーマンとなるのはマイノリティの読者、特に子供にとって良い見本になるという意見もあった[11]。スパイダーマンのファンの多くは、後継ぎが誰かはさておいてピーター・パーカーが死んだことに失望した[8]。『ワシントン・ポスト』紙は多方面から批判が出たことを受けて「悪いね、ピーター・パーカー。こういう反応が出ることが、黒人のスパイダーマンが必要な理由だ」と題する論説を掲載した。筆者アレクサンドラ・ピートライは、外見や人種性ではなくストーリーの良し悪しでマイルズを評価するべきだと書いた[11]

ラジオパーソナリティで保守系評論家のルー・ドブズ英語版は、テレビで以下のように発言してオリジナルのスパイダーマンがマイルズに取って代わられたことに憤りを見せた。「クイーンズ出身の白人で親を亡くして育ったピーター・パーカーは、この6月に宿敵グリーンゴブリンと戦って殺された。… マーベル・コミックスはこのアイコン的なキャラクターをマイルズ・モラレスと入れ替えるつもりだという。半分ラテン系、半分黒人の少年だ」政治風刺で知られるジョン・スチュワートは司会を務める『ザ・デイリー・ショー』でドブスの批判を笑いの種にするとともに、マイルズがスパイダーマンになるのはアルティメット・ユニバースだけで、オリジナルのピーター・パーカーは複数のタイトルに登場し続けることを指摘した[84][85]。保守系トークショーホストのグレン・ベックはマイルズがバラク・オバマ大統領に似ていると言い、新しいスパイダーマンが作られたきっかけは伝統を変えるべきだというミシェル・オバマの発言だと主張した。ただしベックはマイルズの人種が何だろうと気にしないと述べ、マイルズが主流世界のスパイダーマンではないことも認めている[86]

マーベル編集長アクセル・アロンゾはマイルズがポリティカル・コレクトネスから発想されたことを否定し、「単純な事実として、マーベル・コミックスはこの世界をあらゆる形、サイズ、そして色に至るまで反映します。マイルズ・モラレスのようなキャラクターを待ち望んでいる読者が世の中に大勢いると信じています」と述べた[7]。原作者ベンディスもマイルズの民族性がPR目的で決められたことを否定しており[87]、コミックファンの人種構成が多様である現実を受けたものだと語っている[88]。オリジナルのスパイダーマンを作り出した一人であるスタン・リーはマイルズを肯定し、「この国から、そして世界から人種偏見をなくすために私たち一人ひとりができることをするのは、間違いなく正しいことだよ」と述べている[89]

デイヴィッド・ピポーズはNewsarama英語版でソロシリーズ『アルティメット・コミックス: スパイダーマン』第1号をレビューし、次のように書いた。「ベンディスがマイルズ・モラレスで成し遂げた最大の勝利は、私たちをマイルズに共感させたことだ。私たちはすぐ共感した。マイルズが何を思って行動しているのか表面的にしか分からないうちから彼の目を通して世界を見始めた。ピーター・パーカーのものと似ているが、もっとずっとタフな世界だ。しかしあのパーカー式の罪悪感、つまり、大きな力と大きな責任にくっついてくるニューロティックでほとんどマゾヒスティックな自己犠牲性向は失われずに残っている」[90]ジェシー・シェディーンはIGNへの寄稿で同じ号を以下のように評した。「マイルズはこの本の主人公なのに、まだどこか部外者のように感じられる。ベンディスはマイルズの全体像をはっきり描こうとはしない。考え方、望み、個性的な部分、そんなようなことを。マイルズは本書を通して、チャーター・スクールへの入学や家族間の口論を止めるような試練に直面して消極的な姿を見せてばかりいる」と書いた。さらに「マイルズはより都会的で、人種的に多様で、緊迫感のある風景の中に暮らしている。ストーリー展開が人種間緊張や経済的苦境のような要素に迎合したり、過度に頼っているわけではない。マイルズは単に、ピーターとはほんの少し違った、そしてピーターのものほどスーパーヒーローコミックで深く描かれたことがない子供時代を代表するキャラクターだというだけだ」という意見を述べた[91]。ジェームズ・ハントはCBR.comで第1号を5つ星中4つ半と評価し、主人公にいきなりヒーローコスチュームを着せるのでなく、マイルズという人物と周囲の人々にスポットを当てたことでベンディスを称賛した[92]

レビュー収集サイトのコミックブック・ラウンドアップでは、『アルティメット・コミックス: スパイダーマン』第1号が10点中8.0点(レビュー13件)、最終第200号は8.4点(レビュー14件)、シリーズ全体の平均で8.3点の評価を得た[93]。2つめのソロシリーズ『マイルズ・モラレス: アルティメット・スパイダーマン』は平均8.2点[94]、3つめの『スパイダーマン』は7.6点[34]、4つめの『マイルズ・モラレス: スパイダーマン』は8.4点だった[95]

別のバージョン[編集]

アルティメイタム[編集]

2012年のミニシリーズ『スパイダーメン』において、主流のマーベル・ユニバース(アース616)に所属するピーター・パーカーは一時アルティメット・マーベル・ユニバースを訪れ、マイルズ・モラレスと出会った[96]。その続編である2017年のミニシリーズ『スパイダーメンII』には、アース616本来のマイルズ・モラレスが初めて登場する[97]。このマイルズはすでに成人しており[67][98][99][100]、かつて刑務所にいたころギャングの殺し屋ウィルソン・フィスクの命を救って腹心の友となっていた。刑務所を出てからはフィスクの下で働き、暴力的な手段でニューヨークの犯罪王に成り上がるのを助けた。その後マイルズがバーバラ・サンチェスという女性と恋に落ちると、フィスクはマイルズが裏の世界から足を洗えるように検索できる限りの記録から存在を消し去った[101][102]。数年後にバーバラは亡くなり、悲しみにくれるマイルズはフィスクからバーバラが生きているかもしれない平行宇宙の存在を知る[103]。『シークレット・ウォーズ』で消滅したはずのアルティメット・ユニバースだったが、実はひそかに存続していた。マイルズは恋人と再会するためアルティメット・ユニバースに移り、若いマイルズとは住む世界を交換する形になる[104]

2019年から2020年にかけて描かれたストーリーでは、マイルズはアルティメイタムという犯罪者となっており、ジャイアントマン英語版の巨大化技術を組み込んだコスチュームを獲得し、アルティメット世界のグリーンゴブリンを引き連れて616世界に戻ってくる。アルティメイタムは地域を支配するためフィスクと手を組む[78]。さらに計画の障害となる若いマイルズとアーロン・デイヴィスを捕え、アルティメット・ユニバースに放逐しようとする。二人は仲間とともに[105]、アルティメイタムとゴブリンをアルティメット世界に送り返すことに成功するが、その過程でアーロンが犠牲になる[106]

その他[編集]

2014年の『アルティメットFF英語版』第4号では、擬人化された動物のような生物が住む次元からマイルズ・モラレスのスパイダーハム英語版版であるマイルズ・モラハムズがやって来る。モラハムズは初代スパイダーハムことピーター・ポーカーの死をきっかけにしてヒーローになったという点でマイルズと共通している[107][108][109]

『スパイダーマン』および『スパイダーグウェン英語版』両誌で2017年に展開された ”Sitting in a Tree” のストーリーでは、マイルズはアース8を訪れ、その次元の自分がヒーロー仲間のグウェン・ステイシーと20年前に結婚して[110]子供も二人いることを知る[111]

2017年に『アンビリーバブル・グウェンプール英語版』誌で展開されたストーリーでは、未来世界の邪悪なグウェンプール英語版がすべてのスーパーヒーローの正体を公開したことによりマイルズ・モラレスの妻子が殺害される。未来のマイルズは若いグウェンプールを殺すために時間を遡ってくるが、同時に将来のグウェンプールを連れてきてしまう[112][113][114]

2019年に『スパイダーマン・アニュアル』第3シリーズ第1号に掲載された "A Secret Roar Rages?" では、地球のスーパーヒーローたちの動物版が集まって半神セレスティアル英語版の一人と戦う。集まった中にマイルズ・モラレスが猫になったミャオズ・モラレスがいるが、他のヒーローたちと同じくセレスティアルに殺されたとみられる[115]

2019年のミニシリーズ『スパイダーマン: ライフストーリー』はマーベル・ユニバースのキャラクターが自然に歳を取っていく様子を1962年から描いた作品である。マイルズは2010年代にスパイダーマンとなる。しかし年老いたピーター・パーカーはマイルズの脳にドクター・オクトパスことオットー・オクタビアスの精神が宿っていることを発見する。オクタビアスはマイルズがスパイダーマンになった直後にその体を奪い、代わりに自分の衰え切った体にマイルズの心を閉じ込めたのだった(2012年にマーベル616で起きた「ダイング・ウィッシュ英語版」と同じ展開)。ピーターがオクタビアスを救うために自らの命を捧げると、オクタビアスはマイルズに体に戻すことにする。最後にマイルズはメリー・ジェーン・ワトソンからピーターのオリジナルのスパイダーマンコスチュームを贈られる[116]

ワンショット号『マイルズ・モラレス: ジ・エンド』は文明崩壊後ブルックリンを舞台にしており、老齢のマイルズ・モラレスが「文明の最後の守り手」として主人公を務める[117]。それぞれ別のマーベル・キャラクターが中心となる6号からなる「ジ・エンド」シリーズの1冊で、2020年1月に発売された[118]

別のメディア[編集]

テレビ[編集]

  • Ultimate Spider-Man(2012年)、『アルティメット・スパイダーマン』: マイルズ・モラレスのアニメデビュー作。初登場エピソードではドナルド・グローヴァーが、それ以降はオギー・バンクスが声を当てた。シーズン1ではそれとなく言及されただけだったが、シーズン3に4部構成のエピソード ”The Spider-Verse”(「異次元のスパイダーマン」)で登場した[119][120][121]。再登場したシーズン4では主人公ピーターの世界に流れ着いてウェブ・ウォリアーズのチームに加わり、キッド・アラクニッドという名でレギュラーキャラクターの一人となった[122]
  • Marvel Super Hero Adventures(2017年)、『マーベル おしえて!スパイダーマン』:ザック・ジーヴェルトが声を演じた[123]
  • Spider-Man(2017年)、『マーベル スパイダーマン』: ナジ・ジーターが声を演じた[124][125]。一般人の少年として登場するが、シーズン1のエピソード "Ultimate Spider-Man" で超人的な能力を身に着け、ピーター・パーカーの指導を仰ぐことになる[126]
  • Spidey and His Amazing Friends(2021年): マイルズ・モラレス版のスパイダーマンが登場する。ディズニージュニアから放送予定[127]

映画[編集]

ビデオゲーム[編集]

  • Spider-Man: Edge of Time: プレイヤーキャラクターのピーター・パーカーが着る追加コスチュームの一つにマイルズ・モラレス版スパイダーマンスーツがある[136]
  • Marvel Super Hero Squad Online: マイルズ・モラレス版スパイダーマンがプレイアブル・キャラクターとして登場する。声はアリミ・バラード[137]
  • The Amazing Spider-Man 2『アメイジング・スパイダーマン2』: ピーター・パーカーの追加コスチュームの一つ。
  • Spider-Man Unlimited『スパイダーマン・アンリミテッド』: アンロックすればマイルズ・モラレス版スパイダーマンが使用可能[138]
  • Marvel Avengers Alliance: アンロックすればマイルズ・モラレス版スパイダーマンが使用可能[139]
  • Marvel Future Fight『マーベル・フューチャーファイト』:アンロックすればマイルズ・モラレス版スパイダーマンが使用可能[140]
  • Marvel Puzzle Quest『マーベル・パズルクエスト』: アンロックすればマイルズ・モラレス版スパイダーマンが使用可能[141]
  • Marvel Contest of Champions『Marvel オールスターバトル』: アンロックすればマイルズ・モラレス版スパイダーマンが使用可能[142]
  • Marvel Avengers Alliance 2: アンロックすればマイルズ・モラレス版スパイダーマンが使用可能[143]
  • Lego Marvel's Avengers『LEGO マーベル アベンジャーズ』: アンロックすればマイルズ・モラレス版スパイダーマンが使用可能。DLC「スパイダーマン キャラクターパック」に収録されている[144]
  • Marvel Avengers Academy: アンロックすればマイルズ・モラレス版スパイダーマンが使用可能。声はブランドン・ウィンクラー[145]
  • Marvel Heroes: アンロックすればマイルズ・モラレス版スパイダーマンがチームアップ・キャラクターとして使用可能。声はオギー・バンクス[146]
  • Lego Marvel Super Heroes 2LEGO マーベル スーパー・ヒーローズ 2』: アンロックすればマイルズ・モラレス版スパイダーマンが使用可能[147]
  • Marvel's Spider-ManMarvel's Spider-Man』: マイルズ・モラレスが登場する。声はナジ・ジーター[148]。ゲームの途中でプレイ可能となり、ゲームプレイはステルス重視である[149][150]。DLC拡張キットThe City that Never Sleeps にも登場する。
  • Marvel Ultimate Alliance 3: The Black OrderMARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order』: マイルズ・モラレス版スパイダーマンがプレイアブル・キャラクターとして登場する。声はナジ・ジーター[151]
  • Marvel's Spider-Man: Miles MoralesMarvel's Spider-Man:Miles Morales』: Marvel's Spider-Man の続編。マイルズ・モラレス版スパイダーマンが主人公となる[152][153]

小説[編集]

マイルズが主人公のヤングアダルト小説として、ジェイソン・レナルズ英語版によるMiles Morales: Spider-Man(2017年)[154][155]、スティーヴ・ベーリングによる Spider-Man: Into the Spider-Verse: The Junior Novel(2018年)がある

単行本[編集]

『アルティメット・コミックス: スパイダーマン』(2011–2013)[編集]

題名 収録号 発売日 ISBN
Ultimate Comics: Spider-Man Vol. 1 – Who Is Miles Morales? Ultimate Comics: Fallout #4, Ultimate Comics: Spider-Man #1–5 2012年2月29日 0-7851-5712-3
Ultimate Comics: Spider-Man Vol. 2 – Scorpion Ultimate Comics: Spider-Man #6–10 2012年6月27日 0-7851-5714-X
Ultimate Comics: Spider-Man Vol. 3 – Divided We Fall, United We Stand Ultimate Comics: Spider-Man #11–18 2012年12月12日 0-7851-6175-9
Ultimate Comics: Spider-Man Vol. 4 – Venom War Ultimate Comics: Spider-Man #16.1, #19–22 2013年7月17日 0-7851-6503-7
Ultimate Comics Spider-Man Vol. 5 Ultimate Comics: Spider-Man #23–28 2014年2月14日 978-0785168027
Cataclysm: The Ultimates' Last Stand Cataclysm: Ultimate Spider-Man #1–3, Cataclysm: The Ultimates' Last Stand #1–5, Cataclysm: Ultimate X-Men #1–3, Cataclysm: Ultimates #1–3, Hunger #1–4, Cataclysm #0.1, Survive #1 2014年3月18日 978-0785189190
Miles Morales: Ultimate Spider-Man Ultimate Collection Book 1 Ultimate Fallout #4, Ultimate Comics: Spider-Man #1–12, Spider-Men #1–5 2015年11月8日 978-0785197782
Miles Morales: Ultimate Spider-Man Ultimate Collection Book 2 Ultimate Comics: Spider-Man #13–28, #16.1 2015年10月22日 978-0785197799

『マイルズ・モラレス: アルティメット・スパイダーマン』(2014–2015)[編集]

題名 収録号 発売日
Miles Morales: Ultimate Spider-Man, Volume 1: Revival Miles Morales: Ultimate Spider-Man #1–5, Ultimate Spider-Man #200 2014年11月
Miles Morales: Ultimate Spider-Man, Volume 2: Revelations Miles Morales: Ultimate Spider-Man #6–12 2015年6月
Miles Morales: Ultimate Spider-Man Ultimate Collection Book 3 Cataclysm: Ultimate Comics Spider-Man #1–3, Ultimate Spider-Man #200, Miles Morales: The Ultimate Spider-Man #1–12 2015年12月
Miles Morales: Ultimate Spider-Man Omnibus (Hardcover) Ultimate Comics Spider-Man #1–28, #16.1, Spider-Men #1–5, Cataclysm: Ultimate Spider-Man #1–3, Ultimate Spider-Man #200, Miles Morales: Ultimate Spider-Man #1–12, Material From Ultimate Fallout #4 2018年6月

『スパイダーマン』第2シリーズ(2016–2017)[編集]

題名 収録号 発売日
Spider-Man: Miles Morales, Volume 1 Spider-Man vol.2 #1–5 2016年9月
Spider-Man: Miles Morales, Volume 2 Spider-Man vol.2 #6–11 2017年4月
Spider-Man/Spider-Gwen: Sitting in a Tree Spider-Man vol.2 #12–14, Spider-Gwen (ongoing) #16–18 2017年5月
Spider-Man: Miles Morales, Volume 3 Spider-Man vol.2 #15–21 2017年11月
Spider-Men II Spider-Men II #1–5 2017年12月
Spider-Man: Miles Morales, Volume 4 Spider-Man vol.2 #234–240 2018年7月
Spider-Man: Miles Morales Omnibus (Hardcover) Spider-Man vol.2 #1–21, #234–240, Spider-Gwen (ongoing) #16–18, Spider-Men II #1–5 2020年2月

『マイルズ・モラレス: スパイダーマン』(2018–継続中)[編集]

題名 収録号 発売日
Miles Morales: Spider-Man, Vol. 1: Straight Out of Brooklyn Miles Morales: Spider-Man #1–6 2019年7月
Miles Morales: Spider-Man, Vol. 2: Bring on the Bad Guys Miles Morales: Spider-Man #7–10, Free Comic Book Day 2019 Spider-Man/Venom (Spider-Man story) #1 2020年1月
Absolute Carnage: Miles Morales\Immortal Hulk Absolute Carnage: Miles Morales #1–3, Absolute Carnage: Immortal Hulk #1 2020年1月
Miles Morales Spider-Man, Vol. 3: Family Business Miles Morales: Spider-Man #11–15 2020年7月

日本語版[編集]

題名 収録号 発売日 出版社 ISBN
スパイダーバース The Amazing Spider-Man (vol. 3) #9–15 2016年 ヴィレッジブックス 978-4864912815[156]
エッジ・オブ・スパイダーバース Free Comic Book Day 2014 - Guardians of The Galaxy #1, Amazing Spider-Man #7-8, Superior Spider-Man #32-33, Edge of Spider-Verse #1-5, Spider-man 2099 #5 (2014) 2016年 ヴィレッジブックス 978-4-86491-299-0[157]
ワールド・オブ・スパイダーバース Spider-Verse #1-2, Spider-Verse Team Up #1-3, Spider Woman #1-4, Scarlet Spiders #1-3, Spider-Man 2099 #6-8(2015) 2016年 ヴィレッジブックス 978-4-86491-303-4[158]
シークレット・ウォーズ Secret Wars #0-8 2019年 ヴィレッジブックス 978-4864914482[159]
スパイダーメン Spider-Men #1-5 2018年 小学館集英社プロダクション 978-4796877374[160]
スパイダーメンII Spider-Men II #1-5 2019年 小学館集英社プロダクション 978-4796877541[161]
スパイダーマン:ライフストーリー Spider-Man: Life Story #1-6 2020年 小学館集英社プロダクション 9784796878227[162]
チャンピオンズ: チェンジ・ザ・ワールド Champions (2016) #1-6 2020年 小学館集英社プロダクション 978-4796878272[163]
スパイダーマン: スパイダーバース Spider-Man: Into the Spider-Verse: The Junior Novel 2019年 講談社 978-4065162507[164]

注釈[編集]

^ a: Markus is established as simply "Dr. Markus" in Ultimate Comics: Spider-Man #1 (November 2011), and his given name is established in Ultimate Comics: Spider-Man #22 (June 2013), though his surname is misspelled "Marcus" in that issue. In a private email, Bendis stated that the first spelling is the correct one.

脚注[編集]

  1. ^ a b Salvatore, Brian (December 6, 2018). "Exclusive Preview: 'Miles Morales Spider-Man' #1" Archived 2018-12-09 at the Wayback Machine.. Multiversity Comics. Retrieved December 7, 2018.
  2. ^ a b c Ahmed, Saladin (w), Garrón, Javier (a). Miles Morales: Spider-Man #1 (2018) Marvel Comics (New York).
  3. ^ a b c Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). "Divided We Fall Part Two" Ultimate Comics: Spider-Man #14 (2012年11月), Marvel Comics
  4. ^ Gage, Christos (w), Barberi, Carlo G.; Caselli, Stefano; Molina, Jorge; Vazquez, Joey (p), Caselli, Stefano; Leisten, Jay; Marzan, Jose Jr.; Vazquez, Joey (i). Spider-Geddon #5 (2018). Marvel Comics (New York).
  5. ^ a b Truitt, Brian (2011年8月2日). “Half-black, half-Dominican Spider-Man revealed”. USA Today. オリジナルの2011年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/614OVWKBN?url=http://www.usatoday.com/life/comics/2011-08-01-black-spider-man_n.htm 
  6. ^ Babos, John (August 6, 2011). "Marvel's New Ultimate Spider-Man Miles Morales: A Significant And Safe Leap Forward" Archived 2011-09-01 at the Wayback Machine.. Comics Nexus.
  7. ^ a b c d e f g h Axel Alonso: Reinventing Today's Heroes”. LatinRapper.com (2011年8月8日). 2011年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月17日閲覧。
  8. ^ a b c d e Robinson, Bryan (2011年8月16日). “Remembering the First – and Forgotten – Latino Spider-Man”. Fox News Latino. オリジナルの2011年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/614OyqzPr?url=http://latino.foxnews.com/latino/lifestyle/2011/08/16/remembering-first-and-forgotten-latino-spider-man/ 2011年8月19日閲覧。 
  9. ^ a b Graupman, Michael (2011年8月4日). “Publicity stunt or long overdue? New Spider-Man swaps skin color in latest Marvel comic book”. Culture Map Houston. 2019年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月22日閲覧。
  10. ^ a b Rose, Steve (2018年12月7日). “Move over, Peter Parker – the new Spider-Man ushers in a bold superhero era”. 2019年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月22日閲覧。
  11. ^ a b c Petri, Alexandra (2011年8月3日). “Sorry, Peter Parker. The response to the black Spiderman shows why we need one”. The Washington Post. オリジナルの2011年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/614Q5Z5z2?url=http://www.washingtonpost.com/blogs/compost/post/sorry-peter-parker-the-response-to-the-black-spiderman-shows-why-we-need-one/2011/08/03/gIQAViObsI_blog.html 2011年8月20日閲覧。 
  12. ^ a b c d Truitt, Brian (2011-08-02, 2011). “A TV comedy assured new Spidey's creator”. USA Today. オリジナルの2011年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/614NnHFPG?url=http://www.usatoday.com/life/comics/2011-08-02-new-spider-man-inside_n.htm 2011年8月19日閲覧。 
  13. ^ a b Cavna, Michael (2011年8月16日). “Miles Morales: Check out Sara Pichelli inking the new Ultimate Spider-Man”. The Washington Post. オリジナルの2011年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/61136yjAY?url=http://www.washingtonpost.com/blogs/comic-riffs/post/miles-morales-check-out-sara-pichelli-inking-the-new-ultimate-spider-man/2011/08/16/gIQA90qUJJ_blog.html 2011年8月17日閲覧。 
  14. ^ Weiland, Jonah (October 23, 2013). "CBR TV: Sara Pichelli on Designing Miles Morales & Being a Rising Star" Archived 2017-10-21 at the Wayback Machine.. CBR.com.
  15. ^ a b Richards (2011年8月16日). “Exclusive: Ultimate Spider-Man Interview with Sara Pichelli with Video!”. iFanboy. 2011年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月17日閲覧。
  16. ^ a b Towers, Andrea (February 1, 2016). "See a sneak peek inside Spider-Man #1" Archived 2016-02-08 at the Wayback Machine.. Entertainment Weekly.
  17. ^ a b Sacks, Ethan (June 21, 2015). "EXCLUSIVE: Spider-Man Miles Morales — popular biracial version of the hero — joins main Marvel comics universe this fall" Archived 2015-09-06 at the Wayback Machine.. Daily News (New York).
  18. ^ a b Ching (2011年8月2日). “Identity of the New Ultimate Spider-Man”. Newsarama. 2011年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月18日閲覧。
  19. ^ a b c d Wheeler, Andrew (2013年8月15日). “The Crossover: Should Ultimate Spider-Man Miles Morales Move to the Marvel Universe? (Opinion)”. Comics Alliance. 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月22日閲覧。
  20. ^ a b c d e Bendis, Brian Michael (w), Pichelli, Sara (p,i). Ultimate Comics: Spider-Man #2 (2011年11月), Marvel Comics
  21. ^ a b c d e Richards, Dave (September 30, 2011). "COMMENTARY TRACK: Bendis on "Ultimate Comics Spider-Man" #2" Archived 2017-08-24 at the Wayback Machine.. CBR.com.
  22. ^ a b c Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). "Divided We Fall Part One" Ultimate Comics: Spider-Man #13 (2012年10月), Marvel Comics
  23. ^ Bendis, Brian Michael (w), Pacheco, Carlos (p), Bonet, Roger (i). Age of Ultron #10 (Aug. 2013), Marvel Comics.
  24. ^ a b Johnston, Rich (August 15, 2013). "All Ultimate Titles Cancelled In November And Replaced With Cataclysm... And Miles Morales Is Headed To The Marvel Universe" Archived 2013-11-03 at the Wayback Machine.. Bleeding Cool.
  25. ^ Hughes, Joseph (January 10, 2014). "Marvel To Relaunch The Ultimate Universe With Three New Series From Bendis, Marquez, Fialkov, Fiffe And More" Archived 2014-01-11 at the Wayback Machine.. Comics Alliance.
  26. ^ Siegel, Lucas (January 10, 2014). "Update: More All-New ULTIMATE NOW! Details, Covers Emerge" Archived 2014-01-10 at the Wayback Machine.. Newsarama.
  27. ^ Schedeen, Jesse (April 9, 2015). "Comic Book Reviews for April 8, 2015" Archived 2018-04-18 at the Wayback Machine.. IGN.
  28. ^ a b Schedeen, Jesse (January 14, 2015). "All-New Ultimates #12 Review" Archived 2018-04-18 at the Wayback Machine.. IGN.
  29. ^ Babos, John (2014年11月10日). “Time Runs Out For All-New Marvel Now With 2015's Secret Wars & 13 Redux With Civil War, Infinity Gauntlet, Avengers Vs X-Men, Age of Ultron & More Spoilers For A Multiverse's Reboot Or Convergence?”. Comics Nexus. 2014年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月26日閲覧。
  30. ^ McMillan, Graeme (2014年11月25日). “Marvel Unveils 'Battleworld' Map Ahead of 2015's 'Secret Wars'”. 2015年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月26日閲覧。
  31. ^ Brevoort, Tom (2014年12月26日). “Untitled”. New Brevoort Formspring/Tumblr. 2014年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月26日閲覧。
  32. ^ McMillan (2015年1月28日). “'Ultimate End' Closes a 15-Year Era of Marvel's Comic History”. 2015年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月26日閲覧。
  33. ^ Kamen, Matt (March 6, 2015). "Exclusive: Marvel's first post-Secret Wars titles revealed" Archived 2016-03-25 at the Wayback Machine.. Wired.
  34. ^ a b c d "Spider-Man (2016)" Archived 2018-09-25 at the Wayback Machine.. Comic Book Roundup. Retrieved September 24, 2018.
  35. ^ Carter, Justine (November 7, 2017). "Brian Michael Bendis Heads to DC in Exclusive Deal" Archived 2018-04-05 at the Wayback Machine.. CBR.com
  36. ^ Davison, Joshua (March 20, 2018). "'Falcon' and Miles Morales' 'Spider-Man' Cancelled in June" Archived 2018-07-12 at the Wayback Machine.. Bleeding Cool.
  37. ^ Jones, Alexander; Grunenwald, Joe; Frost, A.J. (2018年12月12日). “The Marvel Rundown: The Thing and Alicia Masters prepare to tie the knot, and a fresh start for MILES MORALES: SPIDER-MAN”. Comics Beat. 2018年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月31日閲覧。
  38. ^ Schedeen (2018年9月13日). “Spider-Man Miles Morales Returns in New Marvel Series” (英語). IGN. 2018年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月25日閲覧。
  39. ^ a b c Schedeen, Jesse (2011年8月3日). “Ultimate Comics: Fallout #4 Review”. IGN. オリジナルの2011年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/614R6Yq0S?url=http://comics.ign.com/articles/118/1186020p1.html 2011年8月20日閲覧。 
  40. ^ “This Week In Geek: Different Shades of Spider-Man”. The Salt Lake Tribune. (2011年8月16日). オリジナルの2011年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/614RK3UVO?url=http://www.nowsaltlake.com/articles/view/1580 2011年8月20日閲覧。 
  41. ^ a b c Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). Ultimate Comics: Spider-Man #8 25 (2012年6月), Marvel Comics
  42. ^ Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p), Ponsor, Justin (i). Ultimate Comics: Spider-Man #18 (2013年2月), Marvel Comics Note: Although Rio's given name was first stated by the editor on the letters page of issue #8, both it and Ganke's surname were first issued in the narrative in issue #18.
  43. ^ a b c d e Bendis, Brian Michael (w), Pichelli, Sara and David Messina (p,i). Ultimate Comics: Spider-Man #5 (2012年2月), Marvel Comics
  44. ^ a b c d Bendis, Brian Michael (w), Pichelli, Sara (p,i). Ultimate Comics: Spider-Man #1 (2011年11月), Marvel Comics
  45. ^ Ultimate Comics: Spider-Man (2011年2月), Marvel Comics
  46. ^ a b c d Ultimate Comics: Spider-Man (2012年1月), Marvel Comics
  47. ^ Bendis, Brian Michael (w), Pichelli, Sara (p,i). "Untitled" Spider-Men #5 (2012年11月), Marvel Comics
  48. ^ Bendis, Brian Michael (w), Samnee, Chris (p,i). Ultimate Comics: Spider-Man #6–7 (March–April 2012), Marvel Comics
  49. ^ Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). Ultimate Comics: Spider-Man #8–12 (June–Sept. 2012), Marvel Comics
  50. ^ Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (a). Ultimate Comics: Spider-Man #16.1. Dec. 2012. Marvel Comics.
  51. ^ Bendis, Brian Michael (w), Pichelli, Sara (p,i). "Venom War" Ultimate Comics: Spider-Man #19–22 (2013-03~06), Marvel Comics
  52. ^ Venom War: How Miles Morales First Encountered the Symbiote”. Comic Book Resources (2019年9月28日). 2021年1月16日閲覧。
  53. ^ a b Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). "One Year Later" Ultimate Comics: Spider-Man #23 (2013年7月), Marvel Comics
  54. ^ Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). "Spider-Man No More" Ultimate Comics: Spider-Man #25 (2013年9月), Marvel Comics
  55. ^ Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). "Spider-Man No More" Ultimate Comics: Spider-Man #28 (2013年12月), Marvel Comics
  56. ^ Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). "Part 3" Cataclysm: Ultimate Spider-Man #3 (2014年3月), Marvel Comics
  57. ^ Bendis, Brian Michael (w), Bagley, Mark (p), Hennessy, Andrew (i). "Cataclysm Part 3" Cataclysm: The Ultimates' Last Stand #3 (2014年3月), Marvel Comics
  58. ^ a b Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). "Untitled" Miles Morales: Ultimate Spider-Man #1–6 (July–Jan. 2015), Marvel Comics
  59. ^ Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). "Untitled" Miles Morales: Ultimate Spider-Man #8–9 (Feb.–March 2015), Marvel Comics
  60. ^ Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). "Untitled" Miles Morales: Ultimate Spider-Man #7 (2015年1月), Marvel Comics
  61. ^ Hickman, Jonathan (w), Ribic, Esad (a). "The End Times", Secret Wars #1 (July 2015). Marvel Comics
  62. ^ Hickman, Jonathan (w), Ribic, Esad (a). "The Eye of Doom", Secret Wars #3 (Aug. 2015). Marvel Comics
  63. ^ a b Hickman, Jonathan (w), Ribic, Esad (a). "Beyond", Secret Wars #9 (Jan. 2016). Marvel Comics
  64. ^ Bendis, Brian Michael (w), Bazaldua, Oscar (a). Spider-Man #234 (Jan. 2018). Marvel Comics.
  65. ^ Waid, Mark (w), Kubert, Adam (a). "All-New, All-Different Avengers Assemble!", All-New, All-Different Avengers #1 (Jan. 2016). Marvel Comics
  66. ^ Hastings, Christopher (w), Strychalski, Irene (a). The Unbelievable Gwenpool #6 (Nov. 2016). Marvel Comics.
  67. ^ a b c Bendis, Brian Michael (w), Pichelli, Sara (a). "Part One". Spider-Men II #1 (Sept. 2017). Marvel Comics.
  68. ^ Bendis, Brian Michael (w), Pichelli, Sara (p), Carlucci, Gaetano; Pichelli, Sara (i). Spider-Man vol. 2, #2 (May 2016). Marvel Comics.
  69. ^ Bendis, Brian Michael (w), Pichelli, Sara (a). Spider-Man vol. 2, #12 (March 2017). Marvel Comics.
  70. ^ Bendis, Brian Michael (w), Kudranski, Szymon (a). Spider-Man vol. 2, #15 (June 2017). Marvel Comics.
  71. ^ Bendis, Brian Michael (w), Pichelli, Sara (p), Carlucci, Gaetano; Pichelli, Sara (i). Spider-Man vol. 2, #3 (June 2016). Marvel Comics.
  72. ^ Bendis, Brian Michael (w); Pichelli, Sara (p); Carlucci, Gaetano; Pichelli, Sara (i). Spider-Man vol. 2, #4–5 (July–Aug. 2016). Marvel Comics.
  73. ^ Bendis, Brian Michael (w), Bazaldua, Oscar (p,i). "Sinister Six Reborn" Spider-Men vol. 2, #235 (2018年2月), Marvel Comics
  74. ^ Bendis, Brian Michael (w), Various (a). Spider-Men II #1, 2, 4 (Sept. 2017 – Jan. 2018); Spider-Man vol. 2, #234 (Jan. 2018). Marvel Comics.
  75. ^ Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). Civil War II #5 (2016年11月), Marvel Comics
  76. ^ Bendis, Brian Michael (w), Various (p,i). Civil War II #8 (2017年2月), Marvel Comics
  77. ^ Waid, Mark (w), Ramos, Humberto (p), Olazaba, Victor (i). Champions vol. 2, #1 (Dec. 2016). Marvel Comics.
  78. ^ a b Ahmed, Saladin (w), Garrón, Javier; Ferreira (p,i). "Celebration" Miles Morales: Spider-Man #10 (2019年11月), Marvel Comics
  79. ^ Bendis, Brian Michael (w), Pichelli, Sara (p,i). "Untitled" Spider-Men #2 (Aug. 2012), Marvel Comics
  80. ^ Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). Ultimate Comics: Spider-Man #18 (2013年3月), Marvel Comics
  81. ^ a b Bendis, Brian Michael (w), Pichelli, Sara (p,i). "Untitled" Spider-Men vol. 2, #5 (2016年6月), Marvel Comics
  82. ^ Bendis, Brian Michael (w), Marquez, David (p,i). Ultimate Comics: Spider-Man #27 (2013年11月), Marvel Comics
  83. ^ Huntington, Chris (June 13, 2013). "A Superhero Who Looks Like My Son" Archived 2014-01-02 at the Wayback Machine.. The New York Times.
  84. ^ MacNicol, Glynnis (2011年8月5日). “Jon Stewart On Why New, Biracial Spiderman Is Lou Dobbs' Worst Nightmare: 'A Latino That Can Climb Walls!'”. Business Insider. 2011年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月22日閲覧。
  85. ^ Stewart, Jon (2011年8月4日). “Culture War Update - The Dividening of America - Lou Dobbs vs. Biracial Spider-Man”. The Daily Show with Jon Stewart. Comedy Central. 2020年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月22日閲覧。
  86. ^ Hudson, Laura (2011年8月4日). “Drudge Report Thinks New Spider-Man 'Could Be Gay,' Glenn Beck (and Colbert) Protest Diversity”. ComicsAlliance. 2012年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月22日閲覧。
  87. ^ Franich, Darren (August 2, 2011). "New Spider-Man is a half-black half-Hispanic teenager" Archived 2018-12-24 at the Wayback Machine.. Entertainment Weekly. Retrieved December 24, 2018.
  88. ^ a b Riesman, Abraham (May 1, 2014). "Comics Legend Brian Michael Bendis on Sexism and Making a Nonwhite Spider-Man" Archived 2014-05-05 at the Wayback Machine.. Vulture.
  89. ^ Sacks, Ethan (2012年4月11日). “Marvel Comics brings together its two special versions of 'Spider-Man' in special summer miniseries event”. 2012年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月11日閲覧。
  90. ^ Pepose (2011年9月14日). “Best Shots Extra: ULTIMATE COMICS SPIDER-MAN #1”. Newsarama. 2014年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月22日閲覧。
  91. ^ Schedeen (2011年9月14日). “Ultimate Comics: Spider-Man #1 Review”. IGN. 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月8日閲覧。
  92. ^ Hunt, James (September 14, 2011). "Ultimate Comics Spider-Man #1" Archived 2018-03-24 at the Wayback Machine.. CBR.com.
  93. ^ "Ultimate Comics Spider-Man Vol. 2" Archived 2014-05-05 at the Wayback Machine.. Comic Book Roundup. Retrieved September 24, 2018.
  94. ^ "Miles Morales: Ultimate Spider-Man" Archived 2015-03-21 at the Wayback Machine.. Comic Book Roundup. Retrieved September 24, 2018.
  95. ^ Miles Morales: Spider-Man Archived 2018-12-30 at the Wayback Machine.. Comic Book Roundup. Retrieved December 30, 2018.
  96. ^ Hunt, James (2012年6月1日). “Spider-Men #1”. CBR.com. 2020年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月27日閲覧。
  97. ^ Schedeen, Jesse (July 12, 2017). "Spider-Men II #1 Review" Archived 2017-07-22 at the Wayback Machine.. IGN.
  98. ^ Johnson, Jim (July 13, 2017). "Spider-Men II #1 Reveals the ‘Other’ Miles Morales, But Who Is He?" Archived 2017-07-17 at the Wayback Machine. CBR.com.
  99. ^ Nolan, Liam (August 16, 2017). "Spider-Men II #2 Review" Archived August 28, 2017, at the Wayback Machine.. AIPT!
  100. ^ Bendis, Brian Michael (w), Pichelli, Sara (a). "Part Two". Spider-Men II #2 (Aug. 2017). Marvel Comics.
  101. ^ Giovannini, Tara. (September 21, 2017). "Comic Book Reviews for September 20, 2017: Page 2 Of 3" Archived 2018-01-04 at the Wayback Machine.. IGN.
  102. ^ Lainez, Kevin (September 24, 2017). "Spider-Men II #3 Review" Archived 2018-01-04 at the Wayback Machine.. Comic Book Revolution.
  103. ^ Couto, Anthony (September 11, 2017). "Kingpin Gives His Condolences in Spider-Men II #4 Preview" Archived 2018-01-04 at the Wayback Machine.. CBR.com.
  104. ^ Glass, Joe (December 27, 2017). "A Major Unexpected Return in Today's Spider-Men II #5" Archived 2017-12-27 at the Wayback Machine.. Bleeding Cool.
  105. ^ Miles Morales: Spider-Man (2020年12月), Marvel Comics
  106. ^ Lealos, Shawn S. (2020年12月7日). “Spider-Man: Miles Morales Finally Reached His Breaking Point”. CBR.com. 2020年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月31日閲覧。
  107. ^ Fialkov, Joshua Hale (w), Araujo, Andre Lima (p,i), Rosenberg, Rachelle (col), Sabino, Joe (let), Moisan, Jon; Shaw, Emily; Sankovitch, Lauren; Paniccia, Mark (ed). "Stuck: Part 1 of 2" Ultimate FF #4 (Sept. 2014), New York: Marvel Comics
  108. ^ Johnston, Rich (2014年7月30日). “Joshua Hale Fialkov’s Final Scene From Ultimate FF Is A Cut Too Far (SPOILERS)”. Bleeding Cool. 2016年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月22日閲覧。
  109. ^ Conley, Nicholas (2016年11月30日). “Spider-Man: 15 Things You Didn't Know About Miles Morales”. Screen Rant. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月22日閲覧。
  110. ^ Bendis, Brian Michael (w); Pichelli, Sara (a). "Sitting in a Tree Part 5", Spider-Man (Vol. 2) #14 (May 2017). Marvel Comics (New York).
  111. ^ Pepose, David (2017年3月28日). “Best Shots Reviews: 'Spider-Gwen' #18, 'Hal Jordan & Green Lantern Corps' #17”. Newsarama. 2018年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  112. ^ Hastings, Christopher (w), Strychalski, Irene (a). The Unbelievable Gwenpool #18 (July 2017). Marvel Comics.
  113. ^ Hastings, Christopher (w), Strychalski, Irene (a). The Unbelievable Gwenpool #19 (Aug. 2017). Marvel Comics.
  114. ^ Hastings, Christopher (w), Strychalski, Irene (a). The Unbelievable Gwenpool #20 (Sept. 2017). Marvel Comics.
  115. ^ Lord, Phil, Miller, Christopher and Latour, Jason (w), Latour, Jason (p,i), Caramagna, Joe (let), Khazem, Danny, Lewis, Devin and Lowe, Nick (ed). "A Secret Roar Rages?" Spider-Man Annual vol. 3, #1 (2019年8月), New York: Marvel Comics
  116. ^ Zdarsky, Chip (w), Bagley, Mark (p), Dell III John (i). "All My Enemies" Spider-Man: Life Story #6 (2019年10月), New York: Marvel Comics
  117. ^ Adams, Tim (2019年10月4日). “Marvel's The End One-Shot Covers Introduce Old Man Miles Morales”. CBR.com. 2019年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月27日閲覧。
  118. ^ Arrant, Chris (2019年10月3日). “Marve's 'The End' Returns For Captain America, Dr. Strange, Miles Moales, Venom, Captain Marvel & Deadpool”. Newsarama. 2019年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月27日閲覧。
  119. ^ Truitt, Brian (2014年8月26日). “Spider-Man 'can be anybody' — and now he's Donald Glover”. USA Today. オリジナルの2014年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140826094856/http://www.usatoday.com/story/life/tv/2014/08/26/donald-glover-ultimate-spider-man-exclusive/14559815/ 2014年8月26日閲覧。 
  120. ^ Sunu, Steve (May 9, 2014). "What is 'Ultimate Spider-Man: Web-Warriors'?" Archived 2017-08-06 at the Wayback Machine. CBR.com.
  121. ^ Melrose, Kevin (August 26, 2014). "Donald Glover Cast as Disney's Ultimate Spider-Man" Archived 2017-08-06 at the Wayback Machine.. CBR.com.
  122. ^ Mendelson, Scott (June 3, 2015). "Disney's 'Avengers' Cartoons Introduce Kids To Marvel's Phase 3 Movie Heroes (And Ms. Marvel)" Archived 2017-08-06 at the Wayback Machine.. Forbes.
  123. ^ Spidey & Miles Aren't Kitten Around! – Marvel Super Hero Adventures – That Drone Cat – Short. Marvel HQ. 10 October 2018. 2018年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月8日閲覧
  124. ^ Rey (2016年12月18日). “Spider-Man 2017 Cartoon Will Feature Venom, Spider-Gwen, and Miles Morales”. Nerdspan. 2018年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月16日閲覧。
  125. ^ Rubin, Rebecca (July 14, 2017). "'Marvel's Spider-Man’ Disney XD Series Rounds Out Cast, Gets Premiere Date" Archived 2017-12-30[Date mismatch] at the Wayback Machine.. Variety.
  126. ^ Trumbore, Dave (September 22, 2017). "'Marvel's Spider-Man': Nadji Jeter on Bringing Miles Morales into the Spotlight" Archived October 21, 2017, at the Wayback Machine.. Collider.
  127. ^ Dihn, Christine (2019年8月24日). “D23 Expo 2019: Marvel Animation Announces First Full-Length Preschool Series 'Marvel's Spidey and His Amazing Friends'”. Marvel Comics. 2019年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月26日閲覧。
  128. ^ Fowler, Matt (2014年4月30日). “Andrew Garfield Talks Miles Morales Taking Over as Spider-Man”. IGN. 2014年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月16日閲覧。
  129. ^ Wigler, Josh (2014年4月28日). “Andrew Garfield On "The Amazing Spider-Man's" 'Ultimate' Potential”. CBR.com. 2017年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月26日閲覧。
  130. ^ Taylor, Drew (2014年4月30日). “Interview: 'Amazing Spider-Man 2' Producers Avi Arad & Matt Tolmach Talk Spin-Off Plans, Crossovers & More”. India Wire. 2017年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月23日閲覧。
  131. ^ Jagernauth (2015年4月13日). “Kevin Feige Says Miles Morales Won't Be In MCU For Now, Says Spider-Man Costume Is Ready”. Indiewire. 2015年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月31日閲覧。
  132. ^ Couto, Anthony (June 26, 2017). "Miles Morales Confirmed to Exist in the Marvel Cinematic Universe" Archived 2017-06-29 at the Wayback Machine.. CBR.com
  133. ^ Siegel, Lucas (September 27, 2017). "Spider-Man: Homecoming deleted scene finally name-checks Miles Morales in MCU" Archived 2017-11-02 at the Wayback Machine.. SyFy Wire.
  134. ^ Paul, Andrew (September 26, 2017). "Spider-Man: Homecoming Deleted Scene Includes Miles Morales Easter Egg" Archived 2017-10-21 at the Wayback Machine.. CBR.com.
  135. ^ Kit, Borys. “Animated Spider-Man Film Finds Its Miles Morales”. 2019年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月22日閲覧。
  136. ^ Reeves, Ben (September 14, 2011). "Spider-Man: Edge of Time Slips Into Ultimate Spidey's Costume" Archived 2011-10-07 at the Wayback Machine.. Game Informer.
  137. ^ Ultimate Comics Spider-Man Enters SHSO”. Marvel.com (2011年9月14日). 2012年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月22日閲覧。
  138. ^ Tylwalk, Nick (2015). "Miles Morales Swings Into Spider-Man Unlimited" Archived 2018-12-09 at the Wayback Machine.. Fansided. Retrieved December 14, 2018.
  139. ^ (Untitled). Marvel Entertainment/Facebook. June 2, 2015. Retrieved December 14, 2018.
  140. ^ Stewart (2015年12月16日). “Big Marvel Future Fight Update Headlined By A Trio Of Spider-Men”. Game Informer. 2018年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月26日閲覧。
  141. ^ Lovett, Jamie (December 17, 2015). "Spider-Man Update Brings Venom And Miles Morales To Marvel Puzzle Quest" Archived 2017-02-08 at the Wayback Machine.. ComicBook.com
  142. ^ Parungo, Nicolo (January 11, 2016). "'Ultimate' Spider-Man Miles Morales has entered 'Marvel Contest of Champions'" Archived 2018-12-09 at the Wayback Machine.. International Business Times. Retrieved December 14, 2018.
  143. ^ Keating, Lauren (March 31, 2016). "Disney Interactive Launches 'Marvel: Avengers Alliance 2,' A Unique Story With Ties To The Marvel Universe" Archived 2018-12-09 at the Wayback Machine.. Tech Times. Retrieved December 14, 2018.
  144. ^ Phillips, Tom (May 24, 2016). "Spider-Man swings free in Lego Marvel's Avengers today" Archived 2019-03-29[Date mismatch] at the Wayback Machine.. Eurogamer. Retrieved December 14, 2018.
  145. ^ Winckler, Brandon [@BWincklerVA] (27 July 2016). "Awesome news! I'll be voicing Ultimate Spider-Man Miles Morales, in Marvel Avengers Academy! I also voice Green Goblin! #games #ios #android" (ツイート). Twitterより2018年2月25日閲覧
  146. ^ Morales, Aaron (August 11, 2016). "Kamala Khan and Miles Morales team up in Marvel Heroes 2016 trailer" Archived 2016-08-14 at the Wayback Machine.. Entertainment Weekly.
  147. ^ Characters”. IGN. 2020--11-01時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月28日閲覧。
  148. ^ Intihar (2017年10月30日). “Marvel's Spider-Man: New Trailer Features Aunt May, MJ & More”. PlayStation Blog. 2019年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月4日閲覧。
  149. ^ Insomniac Games. Spider-Man (2018 video game). (2018-09-07)
  150. ^ Spider-Man: City At War (2019年4月17日)
  151. ^ Dornbush, Jonathan (2019年7月19日). “The Familiar Voices of Marvel Ultimate Alliance 3's Voice Cast”. IGN. 2019年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月24日閲覧。
  152. ^ Dornbush, Jonathan (2020-06-11) (英語), Marvel's Spider-Man Miles Morales Announced for PS5, IGN, オリジナルの2020-06-12時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200612003109/https://www.ign.com/articles/ps5-spider-man-miles-morales-sequel-marvel 2020年6月11日閲覧。 
  153. ^ Gartenberg, Chaim (2020年6月11日). “Spider-Man: Miles Morales is coming to the PS5 this year” (英語). The Verge. 2020年6月11日閲覧。
  154. ^ Johnston, Rich (July 23, 2016). "Jason Reynolds To Write A Miles Morales Spider-Man Young Adult Novel" Archived August 7, 2017, at the Wayback Machine.. Bleeding Cool.
  155. ^ Herviou, Nicole (May 20, 2017). "Check out this exclusive art for the new Spider-Man novel" Archived May 20, 2017, at the Wayback Machine.. Mashable.
  156. ^ スパイダーバース”. ヴィレッジブックス. 2021年1月21日閲覧。
  157. ^ エッジ・オブ・スパイダーバース”. ヴィレッジブックス. 2021年1月21日閲覧。
  158. ^ ワールド・オブ・スパイダーバース”. ヴィレッジブックス. 2021年1月21日閲覧。
  159. ^ シークレット・ウォーズ”. ヴィレッジブックス. 2021年1月21日閲覧。
  160. ^ スパイダーメン”. 小学館集英社プロダクション. 2021年1月21日閲覧。
  161. ^ スパイダーメンⅡ”. 小学館集英社プロダクション. 2021年1月21日閲覧。
  162. ^ スパイダーメン”. 小学館集英社プロダクション. 2021年1月21日閲覧。
  163. ^ チャンピオンズ:チェンジ・ザ・ワールド(仮)”. 小学館集英社プロダクション. 2021年1月21日閲覧。
  164. ^ 『スパイダーマン:スパイダーバース』(スティーブ・ベーリング,上杉 隼人)”. 講談社BOOK倶楽部. 2021年1月21日閲覧。