マイレージ、マイライフ オリジナル・サウンドトラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マイレージ、マイライフ オリジナル・サウンドトラック
多数のアーティストサウンドトラック
リリース
レーベル ワーナー・ミュージック
プロデュース ロルフ・ケント
テンプレートを表示

マイレージ、マイライフ オリジナル・サウンドトラック』(Up in the Air: Music from the Motion Picture)は、2009年のコメディドラマ映画『マイレージ、マイライフ』の公式サウンドトラックである。アルバムは2009年11月9日に発売された。CD版は14トラック、ビニル版は12トラック構成であり、「Bust a Move」と「Milwaukee: To the Wedding with a Plus 1」が含まれていない[1]

スコアはロルフ・ケントが作曲し、ハリウッド・スタジオ・シンフォニー英語版で収録され、トニー・ブロンダルが指揮した[2]

背景[編集]

マイレージ、マイライフ』の監督のジェイソン・ライトマンはサウンドトラックを映画のキャラクターのように見ていると述べている。彼は「私は非常に早い段階から音楽を考え始めている。脚本を書いている間に一致するiTunesライブラリをまとめている。その結果、旅の本質と人間のつながりの暖かさを語る歌が集まる」と語った[3]

「ビー・ユアセルフ」と「アップ・イン・ジ・エア」はアカデミー歌曲賞の審査資格を得られなかった。スミスの曲の一部は以前に書いたものの一部として存在し、またレリックはライトマンに会うより前に曲を書いていた[4]

CDトラックリスト[編集]

マイレージ、マイライフ オリジナル・サウンドトラック
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「ディス・ランド・イズ・ユア・ランド」(シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップ・キングス 英語版)  
2.「セキュリティ・バレット」(ロルフ・ケント)  
3.「ゴーイン・ホーム」(ダン・オーバック 英語版)  
4.「テイクン・アット・オール」(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)  
5.「エンジェル・イン・ザ・スノウ」(エリオット・スミス)  
6.「ヘルプ・ユアセルフ」(サッド・ブラッド・スミス)  
7.「ジェノバ」(チャールズ・アトラス)  
8.「ロスト・イン・デトロイト」(ロルフ・ケント)  
9.「サンキュー・ロード」(ロイ・ブキャナン)  
10.「ビー・ユアセルフ」(グラハム・ナッシュ)  
11.「ザ・スノウ・ビフォア・アス」(チャールズ・アトラス)  
12.「アップ・イン・ジ・エア」(ケヴィン・レリック)  
13.Bust a Move(ヤング・MC英語版)  
14.「Milwaukee: To the Wedding with a Plus 1[1](ロルフ・ケント)  
合計時間:

Amazon配信トラックリスト[編集]

マイレージ、マイライフ オリジナル・サウンドトラック
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「ディス・ランド・イズ・ユア・ランド」(シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップ・キングス 英語版)  
2.「セキュリティ・バレット」(ロルフ・ケント)  
3.「ゴーイン・ホーム」(ダン・オーバック 英語版)  
4.「テイクン・アット・オール」(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)  
5.「エンジェル・イン・ザ・スノウ」(エリオット・スミス)  
6.「ヘルプ・ユアセルフ」(サッド・ブラッド・スミス)  
7.「ジェノバ」(チャールズ・アトラス)  
8.「ロスト・イン・デトロイト」(ロルフ・ケント)  
9.「サンキュー・ロード」(ロイ・ブキャナン)  
10.「ビー・ユアセルフ」(グラハム・ナッシュ)  
11.「ザ・スノウ・ビフォア・アス」(チャールズ・アトラス)  
12.「アップ・イン・ジ・エア」(ケヴィン・レリック)  
13.タイム・アフター・タイム(アナ・ケンドリック)  
合計時間:

ビニルトラックリスト[編集]

A面
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「ディス・ランド・イズ・ユア・ランド」(シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップ・キングス 英語版)  
2.「セキュリティ・バレット」(ロルフ・ケント)  
3.「ゴーイン・ホーム」(ダン・オーバック 英語版)  
4.「テイクン・アット・オール」(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)  
5.「エンジェル・イン・ザ・スノウ」(エリオット・スミス)  
6.「ヘルプ・ユアセルフ」(サッド・ブラッド・スミス)  
B面
#タイトル作詞作曲・編曲時間
7.「ジェノバ」(チャールズ・アトラス)  
8.「ロスト・イン・デトロイト」(ロルフ・ケント)  
9.「サンキュー・ロード」(ロイ・ブキャナン)  
10.「ビー・ユアセルフ」(グラハム・ナッシュ)  
11.「ザ・スノウ・ビフォア・アス」(チャールズ・アトラス)  
12.「アップ・イン・ジ・エア」(ケヴィン・レリック)  

参考文献[編集]