マイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Milo
出生名 Rory Ferreira[1]
別名 Scallops Hotel[2]、Black Orpheus[3]
生誕 (1992-02-03) 1992年2月3日(25歳)[4]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ウィスコンシン州[5]
ジャンル ヒップホップ
職業 ラッパー音楽プロデューサー
活動期間 2010年 -
レーベル Hellfyre Club、Ruby Yacht
共同作業者 Open Mike Eagle、Busdriver、Nocando、Nocando、Hemlock Ernst、Nom de Rap、Red Wall
公式サイト miloraps.com

マイロ(Milo、1992年2月3日 - )は、アメリカ合衆国ラッパー音楽プロデューサーである。現在までにBusdriverやOpen Mike Eagleと共演している[6]。別名Scallops Hotelとしても活動中である[7]

経歴[編集]

イリノイ州シカゴで生まれ[8]メイン州ソコーで育った[9]

2011年、ミックステープ『I Wish My Brother Rob Was Here』をリリースする[10]。2012年、『Milo Takes Baths』をリリースする[11]。2013年、『Cavalcade』をリリースする[12]。2014年、アルバム『A Toothpaste Suburb』をリリースする[13]

2015年、Kenny Segalのプロデュースによる『So the Flies Don't Come』をリリースする[14]。同作は、雑誌『ローリング・ストーン』にて「年間ベスト・ラップ・アルバム40」の26位に選ばれ[15]、雑誌『スピン』では「年間ベスト・ヒップホップ・アルバム50」の37位に選ばれた[16]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • A Toothpaste Suburb (2014年)
  • Plain Speaking (2015年)(Scallops Hotel名義)
  • So the Flies Don't Come (2015年)
  • Too Much of Life Is Mood (2016年)(Scallops Hotel名義)

ミックステープ[編集]

  • Greatest Hits Vol. 1 (2010年)(Nicholas J、AD the Architectとの共作、Nom de Rap名義)
  • I Wish My Brother Rob Was Here (2011年)
  • Milo Takes Baths (2012年)
  • Cavalcade (2013年)

EP[編集]

  • Things That Happen at Day (2013年)
  • Things That Happen at Night (2013年)
  • Poplar Grove (or How to Rap with a Hammer) (2013年)(Scallops Hotel名義)
  • Boyle and Piles (2014年)(Safari Alとの共作、Red Wall名義)

シングル[編集]

  • "Concerning the Dream Tigers I Have Seen (for Borges)" (2012年)
  • "This Can't Be the Place (Evil Doer Melody)" (2013年)

脚注[編集]

  1. ^ Bell, Max (2013年7月23日). “Milo Is Ready to Take Over the Art Rap Scene”. LA Weekly. 2013年11月16日閲覧。
  2. ^ Martin, Andrew (2013年11月19日). “Stream Milo’s New EP as Scallops Hotel, ‘Poplar Grove’”. Potholes in My Blog. 2015年9月15日閲覧。
  3. ^ Kestly, Jacob (2014年5月23日). “Milo: Milwaukee's Val Kilmer In Real Genius”. Radio Milwaukee. 2015年9月15日閲覧。
  4. ^ Ferreira, Rory (2013年6月15日). “Press”. Milo. 2014年4月18日閲覧。
  5. ^ Martin, Andrew (2013年7月23日). “How the WWE and Nas Influence Rapper Milo”. MTV Hive. 2013年11月16日閲覧。
  6. ^ Hudson, Alex (2013年10月28日). “Busdriver, Open Mike Eagle & Milo - "All Pastel Everything"”. Exclaim!. 2013年11月16日閲覧。
  7. ^ Gillespie, Blake (2013年11月19日). “Milo Creates Side Project Scallops Hotel”. Impose Magazine. 2014年2月10日閲覧。
  8. ^ Mueller, Matt (2015年3月1日). “Rapper Milo brings his music - and his hopes - back to Milwaukee”. OnMilwaukee.com. 2015年9月19日閲覧。
  9. ^ Bell, Max (2013年7月23日). “Milo Is Ready to Take Over the Art Rap Scene”. LA Weekly. 2015年9月15日閲覧。
  10. ^ Galil, Leor (2011年11月30日). “Cheap Tunes: Milo's I Wish My Brother Rob Was Here”. Forbes. 2013年11月16日閲覧。
  11. ^ Galil, Leor (2012年2月20日). “Cheap Tunes: Milo's 'Milo Takes Baths'”. Forbes. 2013年11月16日閲覧。
  12. ^ Aborisade, Femi (2013年7月19日). “Interview: Milo Speaks On 'Cavalcade,' Hellfyre Club, and Becoming a Road Warrior”. Potholes in My Blog. 2013年11月16日閲覧。
  13. ^ Martin, Andrew (2014年9月23日). “Stream Milo’s New Album ‘A Toothpaste Suburb’ In Its Entirety”. Potholes in My Blog. 2014年10月18日閲覧。
  14. ^ Pearce, Sheldon (2015年10月14日). “milo: so the flies don't come”. Pitchfork Media. 2015年11月1日閲覧。
  15. ^ Lee, Christina (2015年12月23日). “40 Best Rap Albums of 2015 - 26: Milo, 'So The Flies Don't Come'”. Rolling Stone. 2015年12月29日閲覧。
  16. ^ Thompson, Paul (2015年12月16日). “The 50 Best Hip-Hop Albums of 2015 (1/2)”. Spin. 2015年12月29日閲覧。