マインドフィールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マインドフィールズ
TOTOスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル コロムビア・レコード
ソニー・レコード(日本盤)
プロデュース TOTO、エリオット・シャイナー[2]
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 5位(フィンランド[3]
  • 6位(フランス[4]
  • 7位(スウェーデン[5]、ノルウェー[6]
  • 10位(スイス[7]
  • 14位(ドイツ[8]
  • 19位(日本[1]
  • 23位(オランダ[9]
  • 33位(オーストリア[10]
TOTO 年表
TOTO XX
(1998年)
マインドフィールズ
(1999年)
ライヴ・フィールズ
(1999年)
テンプレートを表示

マインドフィールズ』(Mindfields)は、TOTO1999年に発表した10作目のオリジナル・アルバム。

解説[編集]

アルバム『アイソレーション』(1984年)のレコーディング中にバンドを脱退した初代ボーカリストのボビー・キンボールが、本作より復帰した。

「アフター・ユーヴ・ゴーン」では、元オジー・オズボーン・バンドのフィル・スーザンが、ソングライティングとバッキング・ボーカルで参加している。また、元メンバーのジョセフ・ウィリアムズが、メンバーのデヴィッド・ペイチと共作した「マッド・アバウト・ユー」を提供。

収録曲[編集]

  1. アフター・ユーヴ・ゴーン - "After You've Gone" (Steve Lukather, Phil Soussan) - 6:37
  2. ミステリアス・ウェイズ - "Mysterious Ways" (Mark Hudson, S. Lukather, David Paich, Dean Grakal) - 3:40
  3. マインドフィールズ - "Mindfields" (Bobby Kimball, S. Lukather, D. Paich, Simon Phillips, Mike Porcaro) - 6:01
  4. ハイ・プライス・オブ・ヘイト - "High Price of Hate" (S. Lukather, Stan Lynch, D. Paich, S. Phillips, M. Porcaro) - 9:49
  5. セルフィッシュ - "Selfish" (S. Lukather, S. Lynch, D. Paich) - 5:30
  6. ノー・ラヴ - "No Love" (Randy Goodrum, S. Lukather, D. Paich) - 4:35
  7. コート・イン・ザ・バランス - "Caught in the Balance" (S. Lukather, D. Paich, S. Phillips, M. Porcaro, S. Lynch, B. Kimball) - 6:21
  8. ラスト・ラヴ - "Last Love" (S. Lukather, D. Paich) - 4:58
  9. マッド・アバウト・ユー - "Mad About You" (D. Paich, Joseph Williams) - 4:24
  10. ワン・ロード - "One Road" (R. Goodrum, S. Lukather, D. Paich) - 3:45
  11. メラニー - "Melanie" (R. Goodrum, S. Lukather, D. Paich) - 5:19
  12. クルーエル - "Cruel" (Jed Leiber, S. Phillips, B. Kimball, S. Lukather) - 5:57
  13. ベター・ワールド (Parts I, II & III) - "Better World Parts I, II & III" (S. Lukather, D. Paich, S. Phillips) -

ボーナス・トラック[編集]

日本盤・アメリカ盤に収録。

  1. スパニッシュ・ステップス・オブ・ローマ - "Spanish Steps of Rome" (S. Lukather, D. Paich) - 4:29

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン[編集]

脚注[編集]