マウゴジャータ・グリンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マウゴジャータ・グリンカ
Małgorzata Glinka
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Małgorzata Glinka-Mogentale 03 - FIVB World Championship European Qualification Women Łódź January 2014.jpg
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1978-09-30) 1978年9月30日(40歳)
出身地 ワルシャワ
ラテン文字 Małgorzata Glinka
身長 191cm
体重 84kg
選手情報
所属 ポーランドの旗 PTPS chemik Police
ポジション WS
スパイク 320cm
ブロック 303cm
 
獲得メダル
Flag of Poland.svg ポーランド
欧州選手権
2003 アンカラ
2005 ザグレブ
テンプレートを表示

マウゴジャータ・グリンカ=モゲンターレ(Małgorzata Glinka-Mogentale, 1978年9月30日 - )は、ポーランドの女子バレーボール選手。ワルシャワ出身。

来歴[編集]

12歳からバレーを始める。父親はカー・メカニック、母親は学校の教師で、4歳年上の姉はスイス航空のキャビンアテンダントを務めている。1998年に日本・ポーランド対抗で来日し、センタープレーヤーとして活躍。ウイングスパイカー転向後は191cmの長身を生かし、高さだけでなくセンターとの絡みでの時間差、そして強烈なバックアタックを兼ね備えている。

2003年欧州選手権でポーランド初優勝の立役者となった。同年、日本で行われたワールドカップでは188のスパイク得点を含む213得点を挙げ、MVPとベストスコアラーに輝いた。2005年欧州選手権で大会2連覇を達成。2006年のワールドグランプリから一時代表を外れていたが、2007年にマルコ・ボニッタ監督が代表チームに呼び寄せ、同年の欧州選手権から復帰する。2007年ワールドカップ2008年北京オリンピック2010年世界選手権ではチームの大黒柱として活躍した。

2005-2006シーズンに所属していたフランスリーグRCカンヌでは、日本のリベロ・佐野優子とチームメイトだった。2008-2009シーズンよりトルコリーグワクフバンクへ移籍。2012-13シーズンから加入した木村沙織とはチームメイトだった。同シーズンでトルコリーグ、トルコカップ、欧州チャンピオンズリーグで3冠を果たす原動力となった。

2013-14シーズンからポーランドリーグの PTPS chemik Policeへ移籍した。

球歴[編集]

受賞歴[編集]

所属クラブ[編集]