マウンテン・ア・ゴーゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マウンテン・ア・ゴーゴー
キャプテンストライダムシングル
初出アルバム『ブッコロリー
B面 森はサンデー
おばけナイターのテーマ -SHINJUKU JAM LIVE-
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
J-POP
レーベル 風待レコード
作詞・作曲 永友聖也
プロデュース キャプテンストライダム
キャプテンストライダム シングル 年表
マウンテン・ア・ゴーゴー
2003年
マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー
2004年
テンプレートを表示

マウンテン・ア・ゴーゴー」は、キャプテンストライダムのファーストシングル。2003年9月25日発売。

解説[編集]

松本隆主宰のレーベル「風待レコード」第一号として発売。2003年8月8日に店舗限定で発売、その後上記の発売日に全国へ流通された。

発売の前年の冬、表題曲は松本隆の選曲ですでにラジオでオンエアされていた。当初、メンバーは永友の家で鍋をつつきながら番組が始まるのを待っていたが、番組開始時間が迫るとともに次第に無言となっていき、最終的に正座してオンエアを聴いていたという[1]

レコーディングの2日前、ドラムス担当の菊住が乗用車を運転中に原付バイクに追突される。翌日痺れが残っていたため病院に行くと、ドクターストップがかかった。それでも「デビュー曲に参加できないのはまずい」と、レコーディングは首にコルセットを巻いて行ったという[2]

収録曲[編集]

全作詞・作曲:永友聖也 編曲:キャプテンストライダム

  1. マウンテン・ア・ゴーゴー
    通称「元祖マウンテン・ア・ゴーゴー」。永友がダイオキシン分析業務をしていた時代に出来た楽曲[3]。仮タイトルは「浅草テクノポリス」[4][5]
    自主制作盤『ノーテンフラワー』のリード曲としても収録されていて、風待レコードとの出逢いのきっかけとなった楽曲。
    歌詞に元広島カープの外国人選手ランスが登場する[6]。なお、このランスが登場する件は仮詞として入れていたもの[5]
    後に発売される「マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー」は歌詞違いで、アレンジはほとんど同じである。
  2. 森はサンデー
    歌詞は『ゲゲゲの鬼太郎』のエピソードのひとつ「さら小僧」から取ったもの[5]
    収録曲の中で唯一『ベストロリー』に収録されていない楽曲。
  3. おばけナイターのテーマ -SHINJUKU JAM LIVE-
    現在では恒例となっているバンド主催のイベント「おばけナイター」のテーマソング[4]
    本曲はスタジオ録音されておらず、ライブ音源しか存在しない。

収録アルバム[編集]

マウンテン・ア・ゴーゴー

森はサンデー

おばけナイターのテーマ -SHINJUKU JAM LIVE-

ライブ映像作品[編集]

マウンテン・ア・ゴーゴー

森はサンデー

おばけナイターのテーマ

脚注[編集]

[ヘルプ]