マガール級揚陸艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マガール級揚陸艦
INS Magar (L20) at Anchorage.JPG
基本情報
艦種 揚陸艦
建造所 ガーデン・リーチ造船所
運用者  インド海軍
就役期間 1987年- 現在
前級 クンビラ級(en)
次級 シャーダル級
要目
満載排水量 5,665トン
全長 120.0 メートル (393.7 ft)
最大幅 17.5メートル (57 ft)
吃水 4.0メートル (13.1 ft)
主機 ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 8,560馬力
速力 15 ノット (28km/h)
航続距離 3,000海里以上 (14kt巡航時)
乗員 個艦要員: 136名
上陸部隊: 500名
兵装
搭載機 シーキング対潜ヘリコプター×1機
レーダー BEL 1245型 航法用
電子戦
対抗手段
BEL アジャンタ電波探知装置
テンプレートを表示

マガール級揚陸艦英語: Magar-class amphibious warfare vessel)は、インド海軍が運用する揚陸艦の艦級。

設計・能力[編集]

本級はイギリス海軍補助艦隊が運用していたラウンドテーブル型支援揚陸艦を基にして設計・建造された[1][2]。 1個中隊主力戦車装甲兵員輸送車8両を収容することができる。

基になったラウンドテーブル型と同じく、艦尾楼甲板と上部車両甲板上にヘリコプター甲板がそれぞれ1個ずつ設けられており、中型のヘリコプターであれば着艦が可能である。

同型艦[編集]

# 艦名 建造所 就役 母港
L20 マガール
INS Magar
ガーデン・リーチ造船所英語版 1987年
7月18日
コーチ
L23 ガリアル
INS Gharial
1997年
2月14日
ヴィシャーカパトナム

脚注[編集]

  1. ^ Magar”. www.deagel.com. 2017年5月13日閲覧。
  2. ^ “Report: Indian Amphibious Warship Runs Aground - USNI News” (英語). USNI News. (2014年2月3日). https://news.usni.org/2014/02/03/indian-amphibious-warship-runs-aground 2017年5月13日閲覧。 

関連項目[編集]