マキシミリアーノ・リケーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マキシミリアーノ・リケーゼ
Maximiliano Richeze
Cycling (road) pictogram.svg
Maximiliano Richeze.jpg
個人情報
本名 Ariel Maximiliano Richeze
アリエル・マキシミリアーノ・リケーゼ
生年月日 (1983-03-07) 1983年3月7日(36歳)
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
身長 175cm
体重 68kg
チーム情報
所属 クイックステップ・フロアーズ
分野 ロード
役割 選手
特徴 スプリンター
プロ所属チーム
2006–2009

2011-2012

2013-2015
2016-
Ceramica Panaria - Navigare
CSF Group - Navigare
ダンジェロ&アンテヌッチ・NIPPO
チームNIPPO
ランプレ・メリダ
エティックス・クイックステップ
クイックステップ・フロアーズ
グランツール最高成績
主要レース勝利
ツール・ド・スイス
 ポイント賞(2016)
 区間優勝
ジロ・デ・イタリア 区間通算2勝
ツアー・オブ・ターキー 区間優勝
最終更新日
2018年10月10日

マキシミリアーノ・リケーゼ(Maximiliano Richeze、1983年3月7日 - )は、アルゼンチントゥクマン州出身の自転車競技ロードレース)選手。同じくロード選手のマウロ・アベル・リケーゼとは兄弟。

経歴[編集]

2006年、プロに転向。ツール・ド・ランカウイでプロ初勝利を挙げる。

2007年のジロ・デ・イタリアではアレサンドロ・ペタッキのドーピング検査による降格により、記録上は2勝となる。

2011年、ダンジェロ&アンテヌッチ・NIPPOに移籍。ツール・ド・北海道など、日本のレースを含む幾多のレースで多くの勝利を挙げる[1]

2013年、ランプレ・メリダに移籍。

2016年、エティックス・クイックステップに移籍。ツール・ド・スイス第4ステージにて、2007年以来のワールドツアーでの勝利を挙げる[2]

主な戦績[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2011年[編集]

  • ツール・ド・熊野 区間優勝(プロローグ・個人タイムトライアル)
  • ツール・ド・スロバキー 区間優勝(第1,6,7ステージ)

2012年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

マキシミリアーノ・リケーゼのプロフィール - ProCyclingStats