マキシム・ガウチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マキシム・ガウチ、イタリア語名はマッシモ・ガウシ(Maxim Gauci、 Massimo Gauci、1774年2月11日 - 1854年11月3日)はマルタ生まれで、イギリスで働いた版画家である。多くの植物学書の図版[1]や、肖像画を製作した。

略歴[編集]

マルタ島のバレッタで生まれた。マルタ在住の画家、Michele Busuttilに学んだ後、当時、マルタを治めていた、マルタ騎士団のグランドマスターの推薦でローマのアカデミア・ディ・サン・ルカで学んだ。[2]

1908年に、パリに移り、結婚した。エジプトや中東で過ごした後、ロンドンで移り、工房を開き、視力が衰えるまでイギリスで働いた[3][2]

植物学書の図版としては、ナサニエル・ウォーリッチの著作、"Plantae Asiaticae Rariores"やジェームズ・ベイトマンの "Orchidaceae of Mexico and Guatemala"などで高い評価を得た。ジョン・フォーブス・ロイルの "Himalayan Mountains"、"flora of Cashmere"の図版も製作した。[4]

ナショナル・ポートレート・ギャラリーに収められている多くの肖像画も製作した。

息子のウィリアム・ガウチ(William Gauci)は風景版画を多く製作した版画家で、ポール・ガウチ(Paul Gauci)も父親の工房を引き継ぎ、版画家として働いた。[1]

作品[編集]

植物画・博物画[編集]

肖像画[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Raymond Lister (1984). Prints and printmaking: a dictionary and handbook of the art in nineteenth-century Britain. Methuen. p. 200. ISBN 978-0-413-40130-4. 
  2. ^ a b Schiavone, Michael J. (2009). Dictionary of Maltese Biographies Vol. II G-Z. Pietà: Pubblikazzjonijiet Indipendenza. p. 917. ISBN 9789993291329. 
  3. ^ Explication des ouvrages de peinture, sculpture, architecture, gravure, et lithographie des artistes vivants exposés au Grand palais des Champs-Élysées. (1808). p. 36. https://books.google.com/books?id=3apFAQAAMAAJ&pg=PA36+. 
  4. ^ Grosvenor Prints