中村梅太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかむら うめたろう
中村梅太郎
本名 柳川勝好
別名義 中村福呂
マキノ梅太郎
尾上梅太郎
生年月日 (1907-12-30) 1907年12月30日
没年月日 不詳年
出生地 兵庫県神戸市
職業 俳優
活動期間 1912年 - 1930年

中村 梅太郎なかむら うめたろう1907年12月30日 - 没年不詳[1])は、日本の俳優である。本名柳川 勝好やながわ かつよし)で、子役時代は中村 福呂(-ふくろ)、映画界に入ってマキノ 梅太郎(-うめたろう)と名乗るが、マキノ家の人間ではない。一時、尾上 梅太郎おのえ うめたろう)を名乗る。出演した映画はすべてサイレント映画であった。

来歴・人物[編集]

1907年(明治40年)12月30日兵庫県神戸市に生まれる[2]

中村福助に入門[1]1912年(明治45年/大正元年)、4歳のときに「中村福呂」を名乗り、大阪「浪花座」で初舞台を踏む。7歳のときには、中村鴈治郎 (初代)が浅岡を演じた『先代萩』で千松を演じた。18歳のときには、京都「三友劇場」に出演、また市川九団次一座にも参加していた[2]

1927年(昭和2年)4月、19歳のとき、京都マキノ・プロダクション御室撮影所に入社する。牧野省三から「マキノ梅太郎」を命名される。入社第1作は富沢進郎監督、武井龍三主演の『闇をゆく者』で、同作は同年8月5日に公開された[2]。明けて1928年(昭和3年)1月10日公開の『ひよどり草紙 第一篇』では主役を張った。また同年、梅太郎を含め、マキノ家ではないが「マキノ」姓を拝命した5人の若手俳優を「マキノ青年派」と名づけ、牧野は彼らを売り出した。結成第1作『神州天馬侠 第一篇』は同年2月3日に公開され、同年中に全4作が製作された[3]。しかし、同年5月にはマキノを退社、「尾上梅太郎」と改名して日本映画プロダクション連盟に参加してしまう[2]ので、二代目マキノ梅太郎は二川文太郎の弟子・田川通(のちの大河内龍)が襲名、『神州天馬侠』の後半2篇は二代目の出演である[1]

同連盟は早々に瓦解し、翌1929年(昭和4年)4月、21歳のとき、「中村梅太郎」と改名して帝国キネマ演芸に入社した。さっそく5月公開の市川百々之助主演作『里見八犬伝』に出演、明けて1930年(昭和5年)には『地獄絵巻』にも出演した[2]

以降の活動は定かではなく、没年は不詳である[1]。2014年現在も存命中であれば、満106歳の高齢である。

おもなフィルモグラフィ[編集]

マキノ・プロダクション 「マキノ梅太郎」名義
帝国キネマ演芸 「中村梅太郎」名義
  • 里見八犬伝 1929年 監督渡辺新太郎、原作・脚本松平昌之、主演市川百々之助
  • 地獄絵巻 1930年 監督高見貞衛、原作・脚本山内英三、主演実川延松、望月礼子

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d 立命館大学衣笠キャンパスの「マキノ・プロジェクト」サイト内の「管家紅葉 氏談話」の記述を参照。
  2. ^ a b c d e 『日本映画俳優全集・男優編』(キネマ旬報社、1979年)の「中村梅太郎」の項(p.413)を参照。同項執筆は岡部龍。
  3. ^ 『日本映画俳優全集・男優編』(キネマ旬報社、1979年)の「マキノ登六」の項(p.529)を参照。同項執筆は盛内政志。