マクシム・オレシキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マクシム・オレシキン(オレシュキン)
Максим Станиславович Орешкин
Maksim Oreshkin.jpg
マクシム・オレシキン
生年月日 (1982-07-21) 1982年7月21日(36歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
出身校 高等経済学校ロシア語版(高級経済学校、高等経済学院)
前職 銀行エコノミスト、銀行役員、財務官僚
現職 ロシア連邦経済開発大臣
称号 経済学修士エコノミスト

内閣 ドミートリー・メドヴェージェフ内閣
在任期間 2016年11月30日 -

ロシアの旗 ロシア連邦財務次官
在任期間 2015年3月3日 - 2016年11月30日

ロシアの旗 ロシア連邦財務省長期戦略計画局長
在任期間 2013年9月12日 - 2015年3月3日
テンプレートを表示

マクシム・スタニスラヴォヴィチ・オレシキンオレシュキンロシア語: Максим Станиславович Орешкин、ラテン文字表記の例:Maksim Stanislavovich Oreshkin, 1982年7月21日 - )は、ロシア企業家官僚政治家2016年11月30日から、ロシア連邦経済開発大臣(経済発展大臣)[1][2]モスクワ出身。

経歴[編集]

2002年高等経済学校ロシア語版(高級経済学校、高等経済学院)を卒業し、2004年同学校の経済学修士課程を修了した[3][4]

2002年4月から2006年6月まで、ロシア連邦中央銀行に勤務し、チーフエコノミストなどを務めた後、2006年6月から2010年7月まで、ロスバンクロシア語版で上級役員、取締役、業務執行役員を歴任した。2010年7月から2012年6月まで、クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンクロシア・CIS(独立国家共同体)方面調査部長。

2013年9月12日ロシア連邦財務省長期戦略計画局長に任命される。2015年3月3日、財務次官に就任する。

2016年11月30日から、ロシア連邦経済開発大臣(経済発展大臣)[5]

英語に堪能[6]

脚注[編集]

  1. ^ (ロシア語) Максим Орешкин назначен Министром экономического развития(マクシム・オレシキンを経済開発相に任命)”. ロシア大統領府(大統領令) (2016年11月30日). 2017年1月19日閲覧。
  2. ^ (日本語) 最年少大臣:プーチン大統領、新経済発展相を任命”. スプートニク (2016年11月30日). 2017年1月15日閲覧。
  3. ^ Выпускник ВШЭ Максим Орешкин назначен министром экономического развития(高等経済学校卒業生マクシム・オレシキン経済開発相に任命)”. 2016年11月30日閲覧。
  4. ^ Министерство экономического развития Российской Федерации(ロシア連邦経済開発相)”. 2016年11月30日閲覧。
  5. ^ Новое развитие: что известно о главе Минэкономразвития Орешкине
  6. ^ Руководство”. ロシア連邦財務省. 2016年11月30日閲覧。
先代:
エフゲニー・エリン(代行)
ロシア経済開発相
2016年 -
次代:
(現職)