マクセルフロンティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マクセルフロンティア株式会社
Maxell Frontier Co., Ltd.
Maxell logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
244-0801
神奈川県横浜市戸塚区品濃町549-2 三宅ビル
設立 1975年(昭和50年)6月
業種 電気機器
法人番号 2020001007965 ウィキデータを編集
事業内容 プラスチック金型の設計、製作
代表者 取締役社長 大橋 明
資本金 6,500万円
売上高 120億(2016年度)
純利益 ▲3億7601万8000円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 69億7020万円(2020年03月31日時点)[1]
従業員数 474名(2017年3月末現在)
主要株主 マクセルホールディングス
外部リンク https://www.frontier.maxell.co.jp/
テンプレートを表示

マクセルフロンティア株式会社は、映像情報製品の部品生産、工場のCIM/CADのシステム構築、大画面映像ディスプレイのシステム設計、OA機器の販売からメンテナンスにいたる総合エンジニアリング企業。マクセルホールディングスの子会社。1975年(昭和50年)の設立。

沿革[編集]

  • 1975年6月 誠和商工株式会社を設立
  • 1995年4月 株式会社日立情映テックに社名変更する
  • 1998年 国内向テレビの生産を開始
  • 1999年 光学部品・ディスプレイ・液晶プロジェクターなどの生産を開始
  • 2012年 国内向薄型テレビと液晶プロジェクターの生産を終了
  • 2013年 横浜地区の製造部門を岐阜地区に集約。日立マクセルの子会社となる
  • 2014年 高山事業所(岐阜県高山市)閉鎖
  • 2015年 宮城事業所を設立
  • 2017年 日立マクセルの持株会社制移行に伴い、マクセル情映テック株式会社へ社名変更[2][3]
  • 2020年 マクセルシステムテック株式会社を吸収合併し、マクセルフロンティア株式会社へ社名変更[4]

事業所[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b マクセルフロンティア株式会社 第45期決算公告
  2. ^ 2017年10月1日、「マクセルホールディングス株式会社」へ社名変更 ブランドスローガンおよびブランドステートメントを制定日立マクセル 2017年9月25日
  3. ^ 日立マクセル、10月より「マクセル」として第2の創業日経テクノロジー 2017年9月25日
  4. ^ 連結子会社間の合併及び商号変更に関するお知らせマクセルホールディングス 2019年12月25日