マクネリー・トーレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はトーレス第二姓(母方の)はベリオです。
マクネリー・トーレス Football pictogram.svg
IndDV-AN (7) - копия.jpg
名前
本名 マクネリー・トーレス・ベリオ
Macnelly Torres Berrío
ラテン文字 Macnelly TORRES
基本情報
国籍  コロンビア
生年月日 (1984-11-01) 1984年11月1日(34歳)
出身地 バランキージャ
身長 172cm
選手情報
在籍チーム パラグアイの旗 クラブ・リベルタ
ポジション MF
背番号 8
ユース
1994-2001 コロンビアの旗 ジュニオール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2005 コロンビアの旗 ジュニオール 79 (11)
2005-2008 コロンビアの旗 ククタ 94 (11)
2008-2011 チリの旗 コロコロ 81 (15)
2011-2013 コロンビアの旗 アトレティコ・ナシオナル 79 (13)
2011 メキシコの旗 サン・ルイス (loan) 16 (1)
2013-2014 サウジアラビアの旗 アル・シャバブ 22 (1)
2015 コロンビアの旗 ジュニオール 19 (2)
2015-2018 コロンビアの旗 アトレティコ・ナシオナル 91 (14)
2018 コロンビアの旗 デポルティーボ・カリ 13 (1)
2019- パラグアイの旗 クラブ・リベルタ
代表歴2
2003 コロンビアの旗 コロンビア U-20 5 (0)
2007- コロンビアの旗 コロンビア 48 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年2月4日現在。
2. 2017年3月23日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マクネリー・トーレス・ベリオ(Macnelly Torres Berrío, 1984年11月1日 - )は、コロンビアバランキージャ出身のサッカー選手アトレティコ・ナシオナル所属。コロンビア代表である。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

アトレティコ・ジュニオールの下部組織出身であり、2002年にトップチームデビューした。2004年にはフィナリサシオン(後期リーグ)で優勝し、プロとしての初タイトルを獲得した。マクネリーはジュニオールの黄金世代のひとりであり、マルティン・アルスアガ、オマール・セバスティアン・ペレス(ボカ・ジュニアーズからデビュー)などがいる。2005年にはククタ・デポルティーボFCに移籍し、2007年にはコパ・リベルタドーレスに出場した。

2008年、チリ・プリメーラ・ディビシオン(1部)のCSDコロコロボカ・ジュニアーズからヘスス・ダトロを獲得しようとしたが、失敗に終わった。そこでコロコロはマクネリーにターゲットを切り替え、2月7日に記者会見でお披露目された。移籍金は240万USドルとされ、チリのクラブが支払った移籍金の最高金額を更新した。それまでの最高金額は、CFウニベルシダ・カトリカCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロからネストル・ゴロシートを獲得した際の120万USドルだった。6月まではククタに在籍してコパ・リベルタドーレスを戦い、フロントとの問題が原因で退団したジョバンニ・エルナンデスと入れ替わるようにコロコロに加入した。2011年にはアトレティコ・ナシオナルに移籍し、同年にはメキシコのサン・ルイスFCレンタル移籍した。2012年にはエル・パイス紙による南米年間ベストイレブンの候補に「攻撃的ミッドフィールダー」としてノミネートされた[1]。2013年にはサウジアラビアのアル・シャバブ・リヤドに移籍し、AFCチャンピオンズリーグに出場したが、準々決勝で日本の柏レイソルに敗れた。

代表[編集]

2003年にはU-20コロンビア代表としてFIFAワールドユース選手権に出場し、準決勝に進出した。2007年6月28日、コパ・アメリカパラグアイ戦でコロンビアA代表デビューした。2014 FIFAワールドカップ・南米予選では9試合に出場し、3月22日のボリビア戦 (5-0) で得点した。

代表での得点

スコア欄と結果欄はコロンビアの得点を左側に記している。

タイトル[編集]

アトレティコ・ジュニオール
ククタ・デポルティーボ
  • カテゴリア・プリメーラA (1) : 2006-II
コロコロ
アトレティコ・ナシオナル
アル・シャバブ・リヤド
  • キング・カップ : 2014

脚注[編集]