マグナムTA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マグナムTA
プロフィール
リングネーム マグナムTA
テリー・アレン
本名 テリー・ウェイン・アレン
ニックネーム 炸裂弾[1]
アメリカン・ハート・スロブ[2]
身長 186cm[1]
体重 114kg[1]
誕生日 (1959-06-11) 1959年6月11日(59歳)[3]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州の旗 バージニア州
タイドウォーター[2]
スポーツ歴 レスリング[4]
デビュー 1980年[1][2]
引退 1986年[2]
テンプレートを表示

マグナムTAMagnum T.A.)のリングネームで知られるテリー・アレンTerry Wayne Allen1959年6月11日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー[3]バージニア州タイドウォーター出身[2]

1980年代中盤のNWAミッドアトランティック地区において、"American Heart Throb" のニックネームを持つベビーフェイスの新星として活躍。次期NWA世界ヘビー級王者の有力候補といわれ[1]、当時WWFとの興行戦争を繰り広げていたNWAの切り札とされていたが、1986年10月に交通事故に見舞われ、キャリア途中での引退を余儀なくされた[4]

来歴[編集]

バージニア州ノーフォークのオールド・ドミニオン大学にてレスリングの選手として活動後[4]1980年にデビュー(プロ転向にあたっては、ルー・テーズからスカウトがあったともされる)[1]。本名のテリー・アレン名義で太平洋岸北西部のパシフィック・ノースウエスト・レスリングやテキサス州サンアントニオのサウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリングなどを転戦し、ジン・キニスキースタン・スタージャックなどの元世界王者とも対戦してキャリアを積んだ[5]

1982年より、エディ・グラハムが主宰していたフロリダCWFに参戦。前座試合やTVテーピング番組のジョバーを経て、スコット・マギータッグチームを組み、1983年1月18日にドン・ケント&ジョニー・ヘファーナンファビュラス・カンガルーズからNWAグローバル・タッグ王座を奪取する[6]。以降もミッドナイト・ライダーことダスティ・ローデスブラッド・アームストロングをパートナーに、カンガルーズやボビー・ダンカン&アンジェロ・モスカなどのチームと同タッグ王座を争った[6]。なお、フロリダでは海外修行時代の大仁田厚渕正信谷津嘉章とも対戦している[7][8]

その後、ビル・ワットが主宰していたミッドサウス地区のMSWAに進出して、当時CBSで放送されていたテレビドラマ『マグナムPI』(Magnum, P.I.)主演のトム・セレックに風貌が似ていたことから、テリー・アレンのイニシャルを冠したマグナムTAリングネームを変更。このネーミングは、アンドレ・ザ・ジャイアントによるものだという[3]。以降、1983年7月13日にジム・ドゥガンと組んでテッド・デビアス&ミスター・オリンピアからミッドサウス・タッグ王座を奪取[9]。シングルでは同年10月12日にブッチ・リード、翌1984年5月13日にミスター・レスリング2号をそれぞれ破り、MSWAのフラッグシップ・タイトルだった北米ヘビー級王座を2回獲得[10]。テキサス州ダラスWCCWのリングにも上がり、ミッシング・リンクアーニー・ラッドキラー・カーンらと対戦した[11]

1984年末にジム・クロケット・プロモーションズと契約し、ジム・クロケット・ジュニア主宰のNWAミッドアトランティック地区(MACW)に参戦。フロリダ時代から彼の才能に目をかけていたダスティ・ローデスのプッシュを受け、カリーム・モハメッドスーパー・デストロイヤーロン・バスブラック・バートなどのヒール勢を相手に勝利を重ね、ハーリー・レイスからも反則勝ちを収めた[12]1985年3月23日には、当時ヒールのポジションにいたワフー・マクダニエルスチール・ケージ・マッチで破り、USヘビー級王座を獲得[13]。その後、7月21日にタリー・ブランチャードに破れて王座を失うも、11月28日開催の『スターケード』でのブランチャードとのアイ・クイット・マッチを制し、タイトル奪還に成功した[14]

1986年もMACWのスター選手として活躍し、リック・フレアーが保持していたNWA世界ヘビー級王座にも度々挑戦[15]。4月19日に開催されたタッグチーム・トーナメント "Crockett Cup" にはロニー・ガービンと組んで出場、バズ・ソイヤー&リック・スタイナー、アメリカ遠征中だったジャイアント馬場&タイガーマスクなどのチームを破って勝ち進み、決勝でロード・ウォリアーズに敗退するも準優勝の戦績を残した[16]。同年はMACWのトップ・ヒールだったニキタ・コロフと抗争を繰り広げ、US王座を巡る両者の7番勝負はMACWのドル箱カードとなったが、1986年10月14日、ジム・ガービンとの試合を終えての会場からの帰路、雨天でのポルシェ運転中にスリップ事故を起こし、椎骨損傷の重傷を負いレスラー生命を断たれた[4]

一時は再歩行も不可能とされたが、1987年にMACWのコメンテーターやインタビュアーとして松葉杖をつきながら現場復帰を果たし、ベビーフェイスに転向した旧敵ニキタ・コロフとダスティ・ローデスのタッグチーム、スーパーパワーズのマネージャーも担当した[3][4]1988年11月のテッド・ターナーのMACW買収後も、1990年代初頭までブッカーとしてWCWに在籍していた[4]

以降、1995年スモーキー・マウンテン・レスリングへの登場を最後にプロレス業界から離れていたが、2005年にミッドアトランティック・エリアのインディー団体に姿を見せ、11月19日に行われたリユニオン・イベント "Tribute to Starrcade" では、ダスティ・ローデス対タリー・ブランチャードのレジェンド・マッチにおいてローデスのセコンド役を務めた[3]2007年6月24日に開催されたWWEPPVWWEヴェンジェンス "ナイト・オブ・チャンピオンズ"』では、MVP対リック・フレアーのUS王座戦の試合前、元チャンピオンとして観客に紹介された[17][18]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『THE WRESTLER BEST 1000』P248(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d e Magnum TA”. Cagematch.net. 2015年10月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e Magnum TA”. Online World of Wrestling. 2015年10月19日閲覧。
  4. ^ a b c d e f The sad ending of Magnum T.A.”. SLAM! Sports (October 2, 2001). 2015年10月19日閲覧。
  5. ^ The CW USA matches fought by Magnum TA in 1981”. Wrestlingdata.com. 2015年10月19日閲覧。
  6. ^ a b c NWA Global Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年10月19日閲覧。
  7. ^ The CWF matches fought by Magnum TA in 1982”. Wrestlingdata.com. 2015年10月19日閲覧。
  8. ^ The CWF matches fought by Magnum TA in 1983”. Wrestlingdata.com. 2015年10月19日閲覧。
  9. ^ a b Mid-South Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年10月19日閲覧。
  10. ^ a b Mid-South North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年10月19日閲覧。
  11. ^ The WCCW matches fought by Magnum TA in 1984”. Wrestlingdata.com. 2015年10月19日閲覧。
  12. ^ The WCW matches fought by Magnum TA in 1985”. Wrestlingdata.com. 2015年10月19日閲覧。
  13. ^ a b NWA United States Heavyweight Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2015年10月19日閲覧。
  14. ^ NWA Starrcade 1985”. Cagematch.net. 2015年10月19日閲覧。
  15. ^ The WCW matches fought by Magnum TA in 1986”. Wrestlingdata.com. 2015年10月19日閲覧。
  16. ^ NWA Jim Crockett Sr. Memorial Cup 1986”. Cagematch.net. 2015年10月19日閲覧。
  17. ^ WWE PPV Wrestling Results”. Online World of Wrestling. 2015年10月19日閲覧。
  18. ^ Legends smile with a vengeance as they pass the torch”. WWE.com (June 25, 2007). 2015年10月19日閲覧。