マグニテュード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マグニテュード
欧字表記 Magnitude
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1975年3月16日
死没 2004年3月4日(29歳没)
Mill Reef
Altesse Royale
母の父 セントクレスピン
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 F.R.Hue-Williams
競走成績
生涯成績 6戦0勝
テンプレートを表示

マグニテュード (Magnitude) はアイルランド産まれの競走馬

概要[編集]

父が大種牡馬ミルリーフ (Mill Reef) 、母がイギリスの1000ギニーオークスを制したアルテッスロワイヤル (Altesse Royale) という良血馬である。現役時代は6戦未勝利だったが、血統の良さを評価されて日本種牡馬となり、4頭のGI級競走優勝馬を輩出する成功を収めた。

代表産駒であるミホノブルボンは、種付料が高額で牧場事情から手出しできなかったミルジョージの代替として同じミルリーフを父に持つ本馬を選び誕生したという逸話で知られる(代替種牡馬の項を参照)[1]。また、それまでのエルプスコガネタイフウといった産駒が短距離戦に特化した結果を残していたことから、ミホノブルボンが東京優駿(日本ダービー)や菊花賞といった中・長距離戦に勝てるのかどうかといった議論が沸き起こったこともある(結果として東京優駿は優勝、菊花賞は2着。詳しくは同馬の項参照)。

2004年3月4日死亡。墓は晩年を過ごした吉田牧場にある。

代表産駒[編集]

母の父としての主な産駒[編集]

血統表[編集]

マグニテュード血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミルリーフ系
[§ 2]

Mill Reef
1968 鹿毛
父の父
Never Bend
1960 鹿毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Lalun Djeddah
Be Faithful
父の母
Milan Mill
1962 鹿毛
Princequillo Prince Rose
Cosquilla
Virginia Water Count Fleet
Red Ray

Altesse Royale
1968 栗毛
*セントクレスピン
St. Crespin
1956 栗毛
Aureole Hyperion
Angelola
Neocracy Nearco
Harina
母の母
Bieu Azur
1959 栗毛
Crepello Donatello
Crepuscule
Blue Prelude Blue Peter
*キーボード F-No.1-w
母系(F-No.) 1号族(FN:1-w) [§ 3]
5代内の近親交配 Nearco 4×4=12.50%、Donatello 5×4=9.38%、Hyperion 5×4=9.38%、Blenheim 5×5=6.25%、Pharos(Fairway)5×5.5=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ [2]
  2. ^ [3]
  3. ^ [2]
  4. ^ [2][3]


4代母キーボードは日本でPreciptic持込馬マサタカラカブトヤマ記念ダイヤモンドステークスオールカマー有馬記念3着)を産んでいる。なお、キーボードを日本に輸入したのは本馬の母父セントクレスピンの日本での代表産駒タイテエムを生産した出口留雄である。

脚注[編集]

  1. ^ 鍛えて強くなった二冠馬 ミホノブルボンと坂路”. 優駿Official web site. 中央競馬ピーアール・センター. 2019年9月6日閲覧。
  2. ^ a b c マグニテユード(IRE) 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月6日閲覧。
  3. ^ a b マグニテュードの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月6日閲覧。