マグノリア・ブロッサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マグノリア・ブロッサムMgnolia Blossam)は、ジンをベースとするカクテルであり、ショートドリンク(ショートカクテル)に分類される。正式名称は、マグノリア・ブロッサム・カクテルだが、通常、マグノリア・ブロッサムと省略するので、本稿でも、以降、マグノリア・ブロッサムと記述する。カクテル名は、泰山木(たいさんぼく)などのモクレン属を指す。1959年よりも前には存在していたカクテルである[1]。 なお、後述の通り、マグノリアとだけ言うと、全く別なカクテルになってしまうため、マグノリア・ブロッサムのことを省略して、マグノリアなどと言ってはならない。

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

ドライ・ジン、レモン・ジュース、生クリーム、グレナディン・シロップをシェークして、カクテル・グラス(容量75〜90ml程度)に注げば完成である。なお、レモン・ジュースは、その場でレモンを絞ったものを使用するのがベストであるが、市販のジュースを用いても良い。

この節の参考文献[編集]

  • 片方 善治 『洋酒入門』 p.128 社会思想社 1959年12月15日発行
  • 今井 清 『たのしむカクテル』 梧桐書院 1988年1月改訂版 ISBN 4-340-01204-1
  • 稲 保幸 『カクテル・レシピ1000』 日東書院 2005年7月10日発行 ISBN 4-528-01412-2
  • 社団法人日本バーテンダー協会編著 『ザ・カクテルブック』発行:株式会社柴田書店 1991年12月10日初版 ISBN 4-388-05666-9

類似名のカクテル[編集]

マグノリアという名称のカクテルも存在する。気を付けなければならないのは、先述のマグノリア・ブロッサムとは全く性格の異なるカクテルである点だ。こちらは、ショートドリンクではなく、ロングドリンク(ロングカクテル)なのである。 なお、どちらも冷たいタイプのカクテルである点は共通している。

レシピ[編集]

作り方[編集]

ブランデー、卵黄、キュラソーをシェークして、タンブラー(容量240ml程度)に注ぎ、シャンパンでグラスを満たせば完成である。

この節の参考文献[編集]

  • 浜田 晶吾 『すぐできるカクテル505種』 有紀書房 1991年6月20日発行 ISBN 4-638-00531-4
  • 堀井 浩一 『つくる・飲む・楽しむ カクテール』 文研出版 1986年4月5日発行 ISBN 4-580-90230-0

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 片方 善治 『洋酒入門』 p.128 社会思想社 1959年12月15日発行