マコトスパルビエロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マコトスパルビエロ
Makoto Sparviero.jpg
2009年3月8日 阪神競馬場
欧字表記 Makoto Sparviero
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 2004年3月29日
死没 2019年2月5日(15歳没)[1]
登録日 2006年7月12日
抹消日 2013年8月21日
ブライアンズタイム
マコトシュンレイ
母の父 リンドシェーバー
生国 日本の旗 日本北海道様似町
生産 出口繁夫
馬主 眞壁明
調教師 鮫島一歩栗東
競走成績
生涯成績 38戦9勝
中央競馬・28戦6勝)
地方競馬・10戦3勝)
獲得賞金 3億7161万3000円
(中央競馬・2億2646万3000円)
(地方競馬・1億4515万円)
テンプレートを表示

マコトスパルビエロ日本の元競走馬種牡馬。馬名のスパルビエロ (sparviero) はイタリア語で「灰鷹」の意。スルビエロ、スパルエロ、スエロなどの表記はいずれも誤りである。

戦績[編集]

2006年 - 2008年[編集]

2006年に迎えたデビュー戦は芝であったが、このレースで負けて以来すべてダートレースでの出走となっている。

2007年は関越ステークスを1分49秒7のレコードタイムで勝利。2008年はベテルギウスステークスに勝利した。

2009年[編集]

第13回マーキュリーカップ
マコトスパルビエロ(右)

マーキュリーカップで初の重賞勝ちを収めると、続く日本テレビ盃でも勝利し重賞を連勝した。JBCクラシックでは優勝馬であるヴァーミリアンに頭差の2着に入った。

しかし、次のジャパンカップダートでは内枠からの発走となったが先行できず、向正面で捲って先頭を走るエスポワールシチーに並びかけたが、4コーナー手前で離され9着に敗れた。続く名古屋グランプリでは大外枠からの発走で、1コーナー手前でハナに立ち、最後まで先頭を譲らず2着のワンダースピードに半馬身差をつけて快勝、重賞3勝目を手にした。

2010年[編集]

ダイオライト記念から始動、終始3・4番手を追走したが、前を走るフサイチセブンを捉えきれず3着に敗れた。その後、3月28日のマーチステークスに出走、前走まで騎乗していた安藤勝己が高松宮記念ビービーガルダンに騎乗するため後藤浩輝に乗り替わった。道中は5・6番手を追走し直線に入ると、トップハンデを物ともせず同厩舎のナニハトモアレに2馬身半の差をつけて勝利し、中央重賞初勝利、重賞通算4勝目となった。過去最短距離での出走となった5月5日のかしわ記念ではエスポワールシチーサクセスブロッケンに次ぐ3番人気で出走、中団追走も直線で伸びず5着だった。続く5月23日の東海ステークスでは3番手追走も直線で伸びを欠き4着に終わった。6月30日の帝王賞ではフリオーソの7着に敗れた。連覇がかかった7月19日のマーキュリーカップではスタートからハナを奪い逃げるも、2番手につけたカネヒキリに終始マークされる苦しい展開になり、3〜4コーナー中間で失速、5着に敗れた。

2013年[編集]

7月7日のプロキオンステークスで3年ぶりに出走し15着。続くBSN賞5着を最後に、8月21日付けで競走馬登録を抹消された[2]

引退後[編集]

引退後は浦河町イーストスタッドで種牡馬として過ごしていたが、2019年2月5日、放牧中の事故により逝去。15歳没[1]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 人気 倍率 着順 距離 タイム 3F 騎手 勝ち馬 / (2着馬)
2006 9. 2 札幌 2歳新馬 4人 9.2 8着 芝1800m(良) 1:51.7 (37.1) 四位洋文 マイネルビジュー
12. 17 中京 2歳未勝利 3人 8.8 1着 ダ1700m(稍) 1:46.4 (37.5) 鮫島良太 (ワールドハンター)
2007 1. 8 京都 3歳500万下 1人 2.4 11着 ダ1800m(良) 1:56.9 (38.0) 四位洋文 マイネルクルーガー
1. 13 中山 黒竹賞 2人 4.6 1着 ダ1800m(良) 1:56.5 (38.6) 蛯名正義 (アクセルホッパー)
4. 28 京都 端午S OP 5人 10.7 3着 ダ1800m(良) 1:53.3 (37.9) 岩田康誠 ロングプライド
5. 19 中京 昇竜S OP 3人 5.4 7着 ダ1700m(良) 1:46.4 (39.2) 岩田康誠 ヒシカツリーダー
6. 9 東京 ブリリアントS OP 9人 24.8 8着 ダ2100m(良) 2:11.5 (37.5) 千葉直人 オリンピアナイト
7. 1 福島 猪苗代特別 OP 3人 5.7 1着 ダ1700m(良) 1:44.9 (38.1) 柴山雄一 (フサイチウィザード)
7. 22 新潟 関越S OP 5人 11.8 1着 ダ1800m(稍) R1:49.7 (37.4) 北村宏司 (ドンクール)
9. 17 札幌 エルムS JpnIII 5人 4.8 2着 ダ1700m(稍) 1:43.9 (35.6) 安藤勝己 メイショウトウコン
2008 1. 27 京都 平安S GIII 5人 4.8 3着 ダ1800m(稍) 1:51.0 (37.1) 安藤勝己 クワイエットデイ
2. 11 佐賀 佐賀記念 JpnIII 1人 1.6 3着 ダ2000m(良) 2:07.8 (-----) 川野幸治 チャンストウライ
3. 5 船橋 ダイオライト記念 JpnII 4人 6.2 4着 ダ2400m(良) 2:35.9 (39.9) 安藤勝己 フリオーソ
3. 30 中山 マーチS GIII 6人 16.2 2着 ダ1800m(良) 1:51.7 (37.9) 北村宏司 ナナヨーヒマワリ
7. 27 新潟 関越S OP 1人 1.5 5着 ダ1800m(稍) 1:51.6 (36.1) 内田博幸 メイショウシャフト
8. 10 小倉 KBC杯 OP 2人 3.9 3着 ダ1700m(良) 1:43.7 (36.8) 吉田隼人 スマートファルコン
9. 13 札幌 エルムS JpnIII 4人 9.0 5着 ダ1700m(良) 1:43.7 (37.4) 安藤勝己 フェラーリピサ
11. 24 京都 トパーズS OP 5人 13.4 9着 ダ1800m(稍) 1:51.6 (37.9) 安藤勝己 エスポワールシチー
12. 24 京都 ベテルギウスS OP 6人 15.6 1着 ダ2000m(良) 2:04.6 (36.5) 安藤勝己 (ダークメッセージ)
2009 1. 25 京都 平安S GIII 5人 10.0 3着 ダ1800m(稍) 1:50.9 (36.3) 安藤勝己 ワンダースピード
3. 8 阪神 仁川S OP 1人 3.8 3着 ダ2000m(良) 2:05.7 (36.4) M.デムーロ エスケーカントリー
3. 29 中山 マーチS GIII 3人 3.8 10着 ダ1800m(良) 1:52.9 (37.4) 蛯名正義 エスポワールシチー
4. 26 京都 アンタレスS GIII 7人 17.3 4着 ダ1800m(重) 1:48.1 (36.4) 福永祐一 ウォータクティクス
5. 24 中京 東海S GII 8人 21.2 4着 ダ2300m(良) 2:24.2 (37.5) 安部幸夫 ワンダースピード
6. 13 東京 ブリリアントS OP 3人 4.7 2着 ダ2100m(良) 2:10.2 (35.7) 安藤勝己 マチカネニホンバレ
7. 20 盛岡 マーキュリーC JpnIII 2人 4.4 1着 ダ2000m(重) 2:04.0 (-----) 安藤勝己 (スマートファルコン)
9. 23 船橋 日本テレビ盃 JpnII 2人 2.3 1着 ダ1800m(不) 1:50.9 (38.1) 安藤勝己 (フェラーリピサ)
11. 3 名古屋 JBCクラシック JpnI 2人 4.6 2着 ダ1900m(良) 2:02.2 (37.1) 安藤勝己 ヴァーミリアン
12. 6 阪神 ジャパンカップダート GI 6人 20.2 9着 ダ1800m(良) 1:51.1 (38.1) 安藤勝己 エスポワールシチー
12. 23 名古屋 名古屋グランプリ JpnII 1人 1.9 1着 ダ2500m(良) 2:44.2 (36.9) 安藤勝己 (ワンダースピード)
2010 3. 10 船橋 ダイオライト記念 JpnII 3人 5.6 3着 ダ2400m(不) 2:32.0 (38.2) 安藤勝己 フサイチセブン
3. 28 中山 マーチS GIII 4人 6.3 1着 ダ1800m(稍) 1:51.7 (37.6) 後藤浩輝 (ナニハトモアレ)
5. 5 船橋 かしわ記念 JpnI 3人 12.7 5着 ダ1600m(良) 1:38.5 (37.0) 安藤勝己 エスポワールシチー
5. 23 京都 東海S GII 5人 10.8 4着 ダ1900m(不) 1:56.1 (36.4) 秋山真一郎 シルクメビウス
6. 30 大井 帝王賞 JpnI 6人 18.3 7着 ダ2000m(稍) 2:05.1 (39.5) 安藤勝己 フリオーソ
7. 19 盛岡 マーキュリーC JpnIII 3人 5.9 5着 ダ2000m(良) 2:07.5 (40.8) 安藤勝己 カネヒキリ
2013 7. 7 中京 プロキオンS GIII 15人 217.7 15着 ダ1400m(良) 1:23.3 (35.8) 松山弘平 アドマイヤロイヤル
7. 27 新潟 BSN賞 OP 10人 68.4 5着 ダ1800m(稍) 1:52.2 (38.8) 北村宏司 トウショウフリーク
  • 1 タイム欄のRはレコード勝ちを示す。

血統表[編集]

マコトスパルビエロ血統ロベルト系 / アウトブリード (血統表の出典)

ブライアンズタイム
1985 黒鹿毛
父の父
Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarele
父の母
Kelley's Day
1979 鹿毛
Graustark Ribot
Flower Bowl
Golden Trail Hasty Road
Sunny Vale

マコトシュンレイ
1996 芦毛
リンドシェーバー
1988 鹿毛
Alydar Raise a Native
Sweet Tooth
ベーシイド Cool Moon
Polondra
母の母
サファイヤジョオー
1990 芦毛
ベリファ Lyphard
Belga
ワールドサファイヤ サーペンフロ
トビノボリ F-No.7-c


注釈[編集]

  1. ^ a b 週刊競馬ブック 2019年3月2日・3日号 p107「日高通信365」掲載の記事による。2019年2月27日閲覧
  2. ^ マコトスパルビエロ号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2013年8月21日). 2013年8月21日閲覧。