マコン=ロシェTGV駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
マコン=ロシェTGV駅
Gare de Mâcon-Loché-TGV
クルーゾTGV (60.2km)
所在地 フランスの旗 フランス マコン
管理者 RFF
フランス国鉄(運営者)
所属路線 LGV南東線
駅構造 地上駅
ホーム 2線+通過線2線
開業年月日 1981年9月27日
テンプレートを表示

マコン=ロシェTGV駅 (フランス語: Gare de Mâcon-Loché-TGV) はフランスマコンにあるLGV南東線鉄道駅である。駅は近隣の町ロシェから数km離れており、マコンとロシェ双方の地名から駅名は構成されている。

駅構造[編集]

駅は4線で構成されており両側にプラットホーム2線、真ん中に通過線2線があるシンプルな構造となっている。在来線とは路線バスで連絡が図られている。

歴史[編集]

マコン=ロシェTGV駅は1981年9月27日に初のTGV専用の高速新線となるLGV南東線の開通に合わせて開業した。1992年9月14日に270km/hで走行中の列車が脱線を起こしTGVでは初となる事故が発生している。死者はいなかったが、脱線時にはね上げた軌道上の砕石によってホーム上で他のTGVを待っていた旅客が負傷している。