マサチューセッツ (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
USS Massachusetts BB-59.jpg
艦歴
発注 1938年12月15日
起工 1939年7月20日
進水 1941年9月23日
就役 1942年5月12日
退役 1947年3月27日
その後 博物館船として公開
性能諸元
排水量 基準:35,000トン、満載:44,374トン
全長 207.36m
全幅 32.95m
吃水 10.35m
機関 蒸気タービン4機4軸 130,000 馬力(97 MW)
最大速 27ノット
乗員 士官:115名 兵員:1,678名
兵装 45口径40.6cm砲:9門
38口径12.7cm砲:20門
56口径40mm対空砲:24門
70口径20mm対空砲:35門

マサチューセッツUSS Massachusetts, BB-59)は、アメリカ海軍戦艦サウスダコタ級戦艦の3番艦。艦名はアメリカ合衆国6番目の州に因む。その名を持つ艦としては7隻目にあたる。

艦歴[編集]

マサチューセッツは1939年7月20日にマサチューセッツ州クインシーベスレヘム・スチール社で起工した。1941年9月23日にフランシス・ラヴァリング・アダムズ(チャールズ・フランシス・アダムズ3世の夫人)によって命名、進水し、ボストンで1942年5月12日に初代艦長フランシス・E・M・ホィッティング大佐の指揮下就役した。

就役後の整調訓練が完了するとマサチューセッツは10月24日にメイン州カスコ湾を出港、4日後に北アフリカ侵攻作戦参加のため西部方面任務群と合流しH・ケント・ヒューイット提督の旗艦となった。しかし、11月8日にカサブランカ沖合でフランス海軍の戦艦ジャン・バールの砲撃を受けることになった。これに対するマサチューセッツも07:40に反撃を行い、ヨーロッパの枢軸勢力に対して砲撃を行った初のアメリカ軍艦艇となった。数分後にジャン・バールは沈黙状態となり、続いてマサチューセッツはフランスの駆逐艦に対して砲撃を開始し二隻を撃沈した。マサチューセッツはさらに沿岸砲台に向けて砲撃を行い弾薬庫を破壊した。フランス軍との停戦が成立するとマサチューセッツは11月12日に帰国の途につき、太平洋戦線へ向かう準備を行った。

マサチューセッツは1943年3月4日ニューカレドニアヌーメアに到着した。11月19日から21日ギルバート諸島マキンタラワ、アベママを攻撃した空母群と行動した。12月8日にナウルを、1944年1月30日にクェゼリンをそれぞれ砲撃、2月1日に上陸を支援した。4月22日、ホーランディア侵攻に参加し5月1日ポナペ島を砲撃、その後ピュージェット・サウンドでオーバーホールした。

釜石市を砲撃するマサチューセッツ、1945年7月14日。

マサチューセッツは8月1日に真珠湾を出港し、10月6日にマーシャル諸島を出撃してレイテ島上陸作戦の支援に向かいレイテ沖海戦に参加するも、12月17日にミンドロ島を侵攻支援中に台風に遭遇した。マサチューセッツは12月30日から1945年1月23日の間は台湾を攻撃、リンガエン湾上陸支援を行った第38任務部隊に所属していた。マサチューセッツはその後沖縄戦に参加し、6月10日に南大東島にて砲撃を実施した。

マサチューセッツは1945年7月1日にレイテ湾を出航し、第3艦隊の日本本土に対する最終攻撃に合流した。東京空襲に向かう空母部隊の護衛を行った後の7月14日に釜石釜石艦砲射撃)を、日本で二番目の規模の製鉄所を破壊した2週間後に浜松を艦砲射撃し石油コンビナートを破壊した。8月9日にも再び釜石を砲撃し、ここでの砲撃は第二次世界大戦最後の16インチ砲の発射であった。

大戦後[編集]

第二次大戦が終わり、マサチューセッツは9月1日にピュージェット・サウンド海軍工廠にオーバーホールのため向かった。作業が完了すると1946年1月28日にカリフォルニア沖に向けて出航、その後サンフランシスコからハンプトン・ローズに向かい、4月22日に到着した。マサチューセッツは1947年3月27日に退役し、バージニア州ノーフォークの大西洋艦隊予備役艦隊入りした。その後、1962年6月1日に除籍された。

「ビッグ・マミー(Big Mamie)」ことマサチューセッツは1965年6月8日、マサチューセッツ記念委員会の管理に移されスクラップの運命から救われた。1965年8月14日にマサチューセッツ州フォール・リバーにあるバトルシップ・コーヴに係留され、第二次世界大戦に自らの命を捧げた人々の記念碑として現在も公開されている。

1980年代にレーガン政権が「600隻海軍」構想の下アイオワ級戦艦4隻を再就役させた際、アメリカ海軍はマサチューセッツの設備及び部品を用いてアイオワ級を補修した。1998年にマサチューセッツはオーバーホールのためボストン湾の3番乾ドックに牽引され、翌年フォール・リバーに戻された。

マサチューセッツは第二次世界大戦の戦功により11個の従軍星章を受章した。