マザーエンタープライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社マザーエンタープライズ
Mother Enterprise Inc.
種類 株式会社
略称 マザー
本社所在地 日本の旗 日本
153-0051
東京都目黒区上目黒1-3-2-2F
設立 1982年(昭和57年)3月4日
業種 芸能プロダクション
代表者 代表取締役 佐藤庄平
会長 福田信
資本金 1000万円
外部リンク http://www.mother-ent.com/
テンプレートを表示

株式会社マザーエンタープライズは、日本芸能事務所

概要[編集]

  • 1982年、福田信、佐藤庄平、大友康平らによって設立された。
  • かつてはマザー&チルドレンというレコード会社を持っていた。当時の所属アーティストは様々な権利の関係上、レコード等の発売に関して大手のレコード会社の言いなりにならざるを得ない状況があり、マネジメント事務所やアーティストの考えが反映されづらくなっていた。それに対し「正直者がバカを見ないレコード会社を作ろう」との考えの下で発足。楽曲権利の管理をマザー関連会社で行うことにより、当時の他社アルバムよりも安い価格設定をし、事務所やアーティストだけでなく、購入者のメリットもあるとしていた。当初は日本コロムビアが販売を請け負っていたがその後、ワーナー・ミュージック・グループ傘下となり、発売元がMMG→イーストウエスト・ジャパン→ワーナーミュージック・ジャパンと変遷した。ただし、RED WARRIORSのCDリリースはマザー&チルドレンではなく、日本コロムビアである。

エピソード[編集]

  • 1980年代後半に、「MotherPapper」というタイトルの情報紙を発行し、所属アーティストのライブ会場などで配付していた。
  • 尾崎豊が「マザー&チルドレン」所属時に発表した音源は、シングル核 (CORE)』『太陽の破片』とアルバム街路樹』である。また、事務所離脱時には関係がかなりこじれ、尾崎がROAD & SKY移籍後に発表した曲『RED SHOES STORY』(アルバム『誕生』収録)においてマザーエンタープライズを皮肉っている。
  • 元所属アーティストであったHOUND DOGとの関係も移籍をめぐり一時悪化したが、大友康平を除く5名とは既に和解している。大友は自身とマザーとのこじれた関係性に対して「マザー・エンタープライズは実質的に福田信会長のワンマン会社。そのワンマン体制に対する不安、マネジメントに対する不安が独立を決意させた」「福田会長に振り回されたとき、独立しようと悩んでいた尾崎豊さんの気持ちが分かりました[1]とコメントしている。

役員[編集]

所属アーティスト[編集]

その他のアーティスト[編集]

過去の所属アーティスト[編集]

関連会社[編集]

  • (株)喝采
  • (株)グランドマザー・ミュージックビジョン
  • (株)morph
  • (株)ベイブリッジスタジオ中目黒

脚注[編集]